中川龍のブログ

Tarot & Hint



ダメ男に引っかかる女性のメカニズム

スポンサードリンク

先日、Twitterでなんとなく呟いたらとってもリツイート&ファボられたので、ちょっとまとめてみる。

まず僕がつぶやいたツイートはこれ。

 

 

女はなぜダメ男に魅かれるのか?  日本レンアイ文学のすすめ(1): 1 (カドカワ・ミニッツブック)

 

 

ダメ男に引っかかる女性

って、いますよね。

とっても可愛いのに、モテるのに、何故かいつも『嘘つき男』とか『暴力男』とか『ヒモ男』ばっかり引っかかる女性。

僕はもともと水商売の世界にいたんだけど、あの業界はとくにそういう子が多かった。

 

で、こういう女性たちはみんな口を揃えてこう言うんですよ。

「私、男運がないんだよねぇ……><」

って。

 

でもそれは違うと思うの。

どこが違うって、

それは「運の問題じゃねえよってところ。

 

f:id:noabooon:20140503192832j:plain

 

ダメ男に引っかかる女性は、自分自身もダメ女なのよね。

冷静に考えてみよう。

そもそもまともな感覚の人なら

『嘘ばっかつく男』

『暴力をふるう男』

『金をせびってくる男』

なんて、その時点で恋愛対象にならんでしょ?(´・_・`)

少なくとも、僕はならない。

 

僕は男なので『暴力女』は引っかかったことないけど

『嘘の多い女』や

『やたらプレゼントねだる女』とかは、それなりに遭遇したことある。

で、そういう女は、その時点で恋愛対象になりません。

あーこいつ信用できんわーと思ったら、その時点でサヨナラバイバイです。

 

だってさ、恋愛ってそもそも

『信頼できる相手』とか

『心が許せる相手』とするものじゃん?

そういう相手と一緒にいることで、

  • 心をリフレッシュさせたり
  • 心の支えを得たり

みたいな効果を求めて、するものじゃん?

だから、『信用できない人』なんて、その時点で恋愛対象じゃなくなるわけですよ。

 

でも、ダメ男に引っかかる系女子はそこが違う。

彼女らは、『信頼関係よりも、何か他のことを求めている。

つまり彼女ら自身が、『信頼関係』という要素を『軽視しているわけです。

 だから、ダメ男しか寄ってこないわけ。

 

では彼女らが代わりに満たしている感情は何か?

それは人によって違う。

単純に『顔』や『経済力』の場合もあるし、『刺激・ドキドキ感』なんて人もいる。

あと、『自分と同じタイプの心の傷』って人もいるね。

でもまぁなんにせよ、結果的に彼女らは『信頼関係』を軽視している。

そこが良くないわけさ。

 

f:id:noabooon:20140503192916j:plain

 

では彼女らが『信頼関係』を軽視するのは何故か?

これの答えは簡単。

彼女ら自身の、育った環境に問題がある。

 

例えば僕の知り合いにKちゃんという女子がいます。

いま20才くらいだったかな?

暴力&異常束縛男と付き合い続けて15ヶ月。

 

何かあればすぐに殴られるし、そのとき必ず『お前が悪い』と言われる。

彼は、KちゃんのTwitterやlineのアイコンを、常に『彼氏とのプリクラにしろと命じる。

彼女の友人達に、彼氏がいることを周知させておかないと、浮気されるのが不安なんだそうです。

 

そんなヘッポコ男ですが、Kちゃんはまだその彼のことが好きと言う。

彼が『悪い人間』であることや、彼が自分に求めて来ていることの多くが理不尽であることは理解しているらしい。

それでも、『自分が我慢すればいつか変わってくれるんじゃないかと期待してしまうんだそうです。

 

そんな彼女に、僕はある日聞きました。

なんでそんな男が恋愛対象になるん?」

 

すると彼女はこう答えます。

「……もう付き合いも長いし、家族みたいな感覚だから、いまさら失うのが考えられないのかもなぁ」

 

僕は即座にツッコミます。

「え、家族は理不尽な暴力とかふるわないでしょ?」

 

すると彼女はこう答えます。

「そんなこと言ったら、私の家族は成り立たないよぉ」

 

……そう、彼女はとっても家庭環境が悪い。

父親はいなくて、母親はヒステリーで感情的で自分勝手でワガママで暴力をふるう。

ずっとそんな環境で育ってる彼女にとっては、「暴力をふるう」という行為に対して感じることが、もう普通の人とは違っちゃってるわけです。

感覚が麻痺しちゃってるわけ。

 

Kちゃんの場合は、その感覚のズレがまだ「自分自身の恋愛に対してしか発揮されていなかったので、僕は彼女と友人関係を続けることが出来ていた

だけど人によっては、これが他人に向く人もいる。

 

水商売していた時代、ホストに貢ぐ系女子は99%『性格悪い女しかいなかった。

新人をいじめたり、

人のものを盗んだり、

金を借りて返さなかったり、

男を移動手段や貢がせる存在として利用したり、

程度の差はあれど、とにかく『悪事』や『不誠実な行為』に抵抗の無い人ばかりだった。

 

でもそんな彼女達も、生い立ちを聞いているとかなり複雑な環境で育っている人が多い。

親から虐待を受けたり、

親から金づるとして利用されたり、

ずっと理不尽な扱いを受けて来ている。

 

こういう環境で育った人は、

Kちゃんのように、『一生我慢し続ける人』になるか、

彼女らのように、『今度は自分が悪事をしてやる番だ』ってなるか、

どちらかになることが多いみたいね。

 

つまりまとめるとこういうこと。

  1. ダメ男に引っかかる系の女性は、育った環境の悪さから『悪事に対する嫌悪感』という基本的な感覚が欠如している。
  2. だから『恋人と信頼関係を育む』という、ごく当たり前な行為が理解できない。(体験として知らない)
  3. だから、『信頼関係』を軽視した恋愛をしようとする。
  4. 結果、ダメ男にいつまでも引っかかり続けるというわけ。

 

f:id:noabooon:20140503193041j:plain

 

彼女達を目覚めさせる方法

では、こういう女性達の目を覚まさせるにはどうしたらいいか?

これが難しい。

スーパー難しい。

言葉でいくら伝えても、大抵は通じない。

だって、彼女らにとっては『まともじゃない人間』と接触している時間のほうが長いので、たまにちょいちょい出てくる『まともな意見』を言われても、あんまり記憶に残らないんですよ。

そんな彼女らの目を覚まさせるには、まずは環境から変えないといけない。

 

家がおかしいなら、家を出して一人暮らしをさせる。

できれば仕事も、まっとうなホワイト企業で、しっかり人の助けや暖かみを感じられるような環境にしてあげたいねー。

 

そういう『環境の変化』を与えない限り、だいたい気付いてくれない。

少なくとも僕は、コレ以外の方法で更生した例をほとんど見たことがない。

 

たまーに、幸運的に良い友人や恋人に恵まれて、そこから変わる人もいるけどね。

でもそれは本当に数少ないラッキーなケースだし、なかなか期待できるものでもない。

 

悲しい話だけれども、彼女ら自身が変わらなければ、永遠に状況は変わらないんですよ。

いつまでも、同じような男とばかり付き合うんですよ。

 

これに対して、他人である我々が行えることなんて、

ただ待ち続けることだけだ。

彼女らが『変わりたい』と思う日が来ることを待ち続け、その日がきたなら、出来うる限りの手助けをしてあげる。

それだけ。

なんとも気の長い話だし、面倒くさい話なんだけれども、それしか出来ない。

だからコレに関しては僕はいつも、十年単位で物事を考えるようにしてます。

そうやって待ち続けていれば、いつか運が良ければ、彼女らも気が変わってくれる日もあるからねー。

そこにかけることしか出来ないのさ。

悲しいけど、ね。