中川龍のブログ

Tarot & Hint



アホと喧嘩しても時間の無駄。対人関係のストレスは「相手を支配したい」願望から生まれている。

スポンサードリンク

中身は読んでないけど「タイトルだけ読んで共感した」ので紹介してみるシリーズ(゚Д゚)!!←

今回はこちらの書籍!!

 

頭に来てもアホとは戦うな!  人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法

頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法

 

 

うーん!

これめっちゃわかるねー!!

 

昔から「金持ちケンカせず」と言うけれども、

本当に争いってのは不毛な場合がほとんど

基本的には、相手にしないのが一番だと思うんだ。

 

 

Amazon紹介文

仕事に人間関係のストレスはつきものだ。

ぶつかり合いや、言い合いといった直接的な諍いだけでなく、

暗黙の敵意などを感じることもある。

「アイツさえいなければ……」そう思ったこともあるだろう。

しかし、こうした人間関係の怒りや悩みは、仕事で成果を出すためには全くの無駄。

これ、とてもわかる。

そう、対人関係のストレスっていうのは往々にして「あいつを支配したい」という願望から生まれているのだ。

 

理不尽なやつに対して、「謝らせたい」。

意見が異なる相手に対して、「あなたのほうが正しかったと認めさせたい」。

 

具体的な内容はケースによって変わるかもしれないが、根っこにあるのは同じ。

「相手を支配したい」という願望。

 

しかし現実には、よっぽど範馬勇次郎のような最強の男でもない限り、あらゆる他人を「支配する」なんて不可能なこと。

そんな実現不可能な欲求をいつまでも抱いているから、ストレスがたまるというわけ。

 

フィギュアーツZERO 範馬 勇次郎

フィギュアーツZERO 範馬 勇次郎

 

 

だったらそんな欲望は捨て去ってしまおう!!

しょせん、他人は他人なのだ。

全てがあなたの思い通りにはならない。

それが現実だし、そうじゃないことに怒りを抱いても始まらない。

だったらそんな欲求は捨ててしまったほうが、相手にとっても面倒臭くないだろうし、あなたにとっても心が苦しくなくなるはずだ。

 

僕も一時期炎上ブロガーしていた時代は、色んな言及に対していちいち反論していたけど、いつの頃からかやめちゃった。

そんなことしても、あまりに時間の無駄だと悟ったのだ。

 

はてな界隈には、ひたすら手斧を投げ合っている人らが多いけれども、そうやって手斧を投げ合って何か良いことあったか?

お互いに「あーやっぱりこいつとはわかりあえねえな」となって、不完全燃焼なまま終わるのがほとんどだろう。

そんなことにいちいち人生のリソースを割いてる暇があるなら、腕立て伏せでもしてた方がよっぽどまだマシだと思う。

 

ちなみにこの本の著者さんは

ブログでかなり自信たっぷりに自著を紹介している。

私は、この本の内容にはかなりの自信を持っている。

それは私自身が「アホと戦う最低のアホだった」からである。

アホと戦うアホさと、虚しさと無駄さを心でも身体でも実感している身なのだ。

大げさに言えば、私の人生における二大バイブルである「孫子の兵法」と「君主論」を現代日本社会対応版に焼き直したものとの自負も多少もある。

頭に来てもアホとは戦うな! : アゴラ - ライブドアブログ

 

ほほー。

孫子か。

 

戦わずして勝つのが理想。

勝ちを求める限りは負けがつきまとう。

勝ち負けにこだわらないことによって、はじめて真の勝利が得られる。

【名言】現代ビジネスにも有効!孫子の兵法まとめ【金言】 - NAVER まとめ

 

孫子でググったらこんなの見つけた。

なるほどこういうロジックの書籍なのかな?

ちょっと気になるなぁ。

たまにはちゃんと買ってレビュー書こうかなぁ。

 

頭に来てもアホとは戦うな!  人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法

頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法