中川龍のブログ

Tarot & Hint



鏡リュウジ著「はじめてのタロット」を買ってみた( `・ω・´)!!

スポンサードリンク

こんにつわ。

大彗星ショッカーです。

突然ですが、鏡リュウジ氏の「はじめてのタロット」って本を買ってみたよー!

これ!!

 

 

 

僕は過去にこの記事とかで、「占いの勉強したかったら本なんか買うより実戦したほうが速いよ!」って書いてましたが、そんな僕でもたまには本を買いたいときもある。

なんていうかね、ほら、いつも自分の中の発想だけで全てを解決していると、時には限界がくるのよ。

時には、自分以外の誰かの感性に触れたいときもあるのよ。

 

そういうときはやっぱり、本を読むのがいいね!!

 

というわけで、なんとなく初心に戻れそうなタイトルだったので鏡リュウジ氏の「はじめてのタロット」を買ってみました。

開封してびっくり、ミニサイズのタロットカードがついてました。

 

f:id:noabooon:20140928214312j:plain

 

これは愚者さん。

絵がとってもかわいいです。

 

 

 

タバコの箱と並べてみました。

 

f:id:noabooon:20140928214341j:plain

 

うん、とってもミニサイズですね。

これなら女性の手でも扱いやすいと思います。

 

僕が普段使ってるライダー版タロットは、ちょっと大きいんだよな……。

シャッフルするときに手からこぼれそうになるよぉぉ……

 

The Rider Tarot Deck

The Rider Tarot Deck

 

 

 

 

カードを並べてみました。

 

f:id:noabooon:20140928214305j:plain

 

どの絵もとってもかわいいです。

大アルカナ22枚しか無いのが残念。

僕は78枚ぜんぶ使いたい派だからなぁ。

 

でも、はじめての人にはこれでも充分だと思います。

そうじゃなくても、大アルカナ22枚しか使わない派の人なら、充分にこれで実戦できると思います。

サイズがチョーいい感じだし。

 

 

 

あ、それで肝心の「本の内容」ですが!笑

いかにも鏡リュウジ氏らしい、最も重要な「本質の部分」だけがよく説明されている。

この人の書籍は他にも何冊か読んだことがあるけど、なんていうかいつも「無駄が無い」印象。

 

タロットの解説本って、著者によっては「本質から発想を広げた結果」である「枝葉の部分?」みたいなところにフォーカスが当たり過ぎてて、本質がおざなりになってしまってる本がたまにあるんだけど、この本にはそういう部分が一切無い。

あくまでも最重要な本質の部分だけが、しっかりとわかりやすく説明されている。

すごい。

僕もこんなふうに説明できるようになりたいなぁ。

 

はじめての方にはもちろんオススメできるし、既に職業占い師としてやってる人にも「初心に立ち返れる」良い本だなー、って思ったよーーー!!

 

以下Twitterの皆さんの評判です!!

 

あ、最後は本人だった笑

 

ってなわけで本当におすすめの一冊なので、気になる人は買ってみてね!!

 

  

関連する記事 

タロット占いの独学・勉強に役立つ書籍4選 - 中川龍のタロット占い