中川龍のブログ

Tarot & Hint



そもそもタロット占いって何なのだろう?

スポンサードリンク

ふと、究極的な問いに辿り着いた。

そもそも、タロット占いって何なのだろう?

 

未来予知?と言われると、少し違う気がする。

占いごときで、そこまでたいしたことは出来ない。

そんなことが出来るなら、今頃、株でもやってウハウハしている。

 

じゃあただの心理カウンセリングか?と言われると、それも違う気がする。

それだけでは説明できないような、不可思議なカードの出方に遭遇したことは何度もある。

 

僕はタロット屋でありながら、これに対する明確な答えががなかなか出せなかった。

でも先日やっと、その答えが出た。

 

思考ツールとしてのタロット

思考ツールとしてのタロット

 

 

 

タロット占いとは、啓示を受ける行為なのだ

僕は特定の信仰する神様はいないので、あえて神様とは言わない。

ただ、神様的な何か?そうね、タロット様でもなんでもいいんだけど、そういう何かから「啓示」「助言」「アドバイス」を受ける行為。

それがタロット占いなのだと思った。

 

だから、タロット占いで最もメジャーと思われるヘキサグラムスプレッドでは、未来の詳細な流れまでは示してもらえない。

ヘキサグラムスプレッドでは、「未来」というポジションに一枚のカードを引くが、それだけだ。

ざっくりとした未来を予想することは出来るが、細かいことは何もわからない。

 

その後、「あなたの潜在意識」「外部から受けている影響」「問題点」を経て、最後に「総合結論(今のあなたに必要な助言)」を示す。

このヘキサグラムスプレッドを考えた誰かさんは、未来そのものを示すことよりも、助言に重点を置いていたことがわかる。

 

タロットで未来はわからない

こう言ってしまうと身も蓋も無いのだけれど、冷静に考えれば当たり前のことだ。

そもそも未来なんてものは、これからの自分次第でどうとでも変わってしまうもの。

「今のままならおそらくこうなるだろう」という、ぼんやりとした予測はできるが、それ以上のことは出来ない。

それは神様的な何かの力をもってしても出来ない。

だからタロット占いをするときは、「未来」そのものを聞いてしまうのは良くないのだ。

 

先日、以下の記事でも同じ事を書いたけれども

ヘキサグラムスプレッドで「未来」と「結論」をどう解釈するかわからなくて困ってる人へ!! - 大彗星ショッカーのタロット占い( `・ω・´)

 

タロット占いをするときは、

「未来はどうなりますか?」と聞くのではなく

「良い未来にするためにこれから私はどうするべきですか?」と聞くべきなのだ。

これはとても重要なことなのに、意外とどのタロット解説書にもしっかりとは書いていない。

変なのー。

 

この答えに辿り着いてから、占うことが今までよりさらに楽しくなった!!

「今回の占いでは、タロットからいったいどんなアドバイスが出てくるのかな?」

そういうタロットカードを引くときのワクワク感みたいなものが、これまで以上に強くなった。

このワクワク感があるからこそ、楽しいと思えるからこそ、僕は今この仕事をしているんだろうなぁ。

占いって、不思議。

本当におもしろい。

 

さぁ今日もお仕事がんばろーっと!!

おしまい!!

とくに落ちは無い!!!!!!