タロットカードのシャッフルの仕方

スポンサードリンク

タロット占いは、ランダムにカードを引いて、その出たカードによって啓示を受ける占いです。

ですので、シャッフルは超大事です。

てきとうなシャッフルしてると、カードがよく混ざらないので、しっかりしたランダム性を維持できません。

 

というわけで、今日は僕のおすすめのカードシャッフル方法をご紹介します。

 

トランプマンの超不思議カードマジック―基本テクニックから驚きの大ワザまで!

トランプマンの超不思議カードマジック―基本テクニックから驚きの大ワザまで!

 

 

 

僕がよく使うのは、以下3種類の方法です( `・ω・´)

  1. ディールシャッフル
  2. ローリングシャッフル
  3. ヒンズーシャッフル

 

ディールシャッフル

シャッフル (カード) - Wikipedia

テーブル上のいくつかの場所に順番に1枚ずつカードを配っていく。

全てのカードを配り終えたらテーブルの上にできたいくつかのパケットを重ねて1つにまとめる。

っていうシャッフル方法です( `・ω・´)

 

 

 

僕はこの方法で、タロットカードを4〜6くらいの山に分けて、そのうちの半分をそのまま、もう半分を上下逆転させて山に戻すってやり方でやってます。

 

良い点

  • カードがめちゃくちゃよく混ざる。おそらくあらゆるカードシャッフル法の中で、最もしっかりランダム性を保てる。

 

悪い点

  • 時間がかかる…

 

・ローリングシャッフル

名前の通りです。

カードを裏向きのままテーブルにおいて、それをぶわあぁとかき混ぜます(゚Д゚)!

 

イメージ画像

f:id:noabooon:20150217190359p:plain

 

良い点

  • カードの上下方向(正位置・逆位置)のランダム性を高くとれる。
  • さくっとできる

 

悪い点

  • カードの並び順自体は、実は思ったほどしっかり混ざってない。
  • テーブルが広くないとできない。

 

ヒンズーシャッフル

これはいちばん有名なやつですね( ´ ω `)

 

シャッフル (カード) - Wikipedia

主に東洋で行われるシャッフルで、日本人が最もよく使う混ぜ方である。

方法は花札の切り方に似ており、右手に持ったデックの上の部分を前方に動かして右手から左手に移し取る。続いて右手に残ったパケットの上の部分を左手のパケットの上に移し取る。これを繰り返し最終的には全てのカードを左手に移す。

カードがある程度まとまって移動するので必ずしもカードがよく混ざるとはかぎらないのが欠点である。

 

 

良い点

  • 手軽にできる

 

悪い点

  • カードの上下方向は変わらない。
  • 実はそんなにカードが混ざらない

  

大彗星ショッカーの使い分け方

僕の場合は、以上3つの方法を

気分と場所に応じて使い分けてます( `・ω・´)

喫茶店なんかだとローリングは難しいので、ディール&ヒンズー。

家でやる場合は、ローリング&ヒンズーって感じかなぁ。

 

他にもファローシャッフルってやり方もあるけど、これはカードを傷つけそうなので、僕はあんまりやらないかなぁ…

 

 

以上、タロットカードのシャッフル方法!!

の解説でした( `・ω・´)!!