中川龍のブログ

Tarot & Hint



DV暴力男・モラハラ暴言男にひっかからないようにするためにすべきこと

スポンサードリンク

DV!

ドメスティックヴァイオレンス!

夫婦間暴力!

恋人間暴力!

そこまでいかなくてもモラハラ!

暴言が多い男!

 

最近、そういう男にばかりひっかかるという女性から相談を受けたので、そのとき話したことをまとめてみます。 

傷ついたあなたへ―わたしがわたしを大切にするということ DVトラウマからの回復ワークブック

傷ついたあなたへ―わたしがわたしを大切にするということ DVトラウマからの回復ワークブック

 

 

 

暴力男にひっかからなくなるためには、どうすればいいか?

その答えの前に、まず暴力を振るう人と、振るわれてしまう人の心理について説明します。

 

暴力を振るう男は「劣等感」がめちゃくちゃ強い

まず暴力を振るう側の心理です。

彼らは、めちゃくちゃ劣等感が強いです。

彼らは内心ではいつも、「自分て本当は何もできないザコなんじゃないか」という不安に怯えています。

だから、暴力を振るいます。

 

暴力を振るうことで、

「俺がこんなにぼこぼこにしても、この女は俺に反撃一つできやしないぜ!」

「俺って強い子じゃね? 最強じゃね? やったぜ!」

という感覚になってます。

ようするに、弱いものいじめすることで「自分は最強だー!」だと思い込もうとしてる、すごく情けない人なのです。

 

余談ですが、例えば「学校ではいじめられっこだけどゲームの世界でだけは俺最強だぜ!」とか言ってる人がいたら、痛いやつだと思いますよね?

しかし暴力男がやってることは、これと同じです。

 

彼らは

「恋人の前でだけは俺最強!!」

という気分に浸りたいんです。

そのために暴力を振るうのです。

 

「暴力男」というと、一見すごく「男っぽい人」なイメージが湧きますが、実際には彼らは誰よりも女々しいのです。

本当に男らしい人は自分より強いものに戦いを挑むもんですが、暴力男は「自分より弱いもの」にしか暴力を振るいません。

 

暴力を振るわれる女も「劣等感」がめちゃくちゃ強い

続いて、暴力を振るわれる側の心理です。

暴力を振るわれる女性も、「劣等感」がめちゃくちゃ強い人が多いです。

 

彼女らは

  1. 劣等感が強いから、人に親切にされたり大切にされたりすると「違和感」が湧きます。
  2. 「私なんかが大切にしてもらえる価値があるわけないのに、そんな私を大切にしようとしてくれるなんて、こいつはおかしい!あやしい!騙そうとしてるに違いない>< 恐い><」みたいなことを考えます。

 

こういう女性にとって暴力男とは、

「最も安心できる愛し方をしてくれる相手」なのです。

 

暴力男は、女性のことを大切にしてくれません。

ただ自分のプライドを守るためのサンドバッグとして利用したいだけです。

でも彼らは、「サンドバッグとしてはあなたのことが必要です」ということを態度で示してくれます。

(暴力男は別れようとすると、すごく引き止めてくれます)

暴力男のその歪んだ愛情は、劣等感が強い女性にとって、最も「安心できる愛され方」なのです。

 

つまりまとめると……

  1. 劣等感の強い男は、自分のプライドを守るためにサンドバッグが欲しい。
  2. 劣等感の強い女は、一人の人間として愛情を傾けられるより、サンドバッグとして必要とされてるほうが安心できる。

こうして、

暴力を振るう男と、

振るわれる女が生まれます。

 

では、どうすれば暴力男に引っかからなくなれるの?

劣等感を無くしましょう。

無くすまでいかなくても、もう少し薄めましょう。

あなたと暴力男を繋いでいる強い絆は、「劣等感」です。

あなたがその劣等感から脱却できれば、自然とそういう男に魅力を感じることも減っていくはずです。

 

どうすれば劣等感なくなるの?

これには色んな方法がありますが…。

まず最も手っ取り早くて、簡単にできることは、「他人に親切にすること」です。

 

どうして他人に親切にすると劣等感が無くなるの?

人に親切にすると、その人から感謝されます。

感謝されれば、「あ、私ってそこまで価値のない人間ではないかも?」と思える根拠になるからです。

 

劣等感が強い人って、他人に対して冷たい人が多いです。

「他人に親切にしても見返りがあるわけじゃない」とか、

「他人に親切にしても利用されるだけかもしれない」とか、

「他人に親切にしても私なんかに親切にされたら迷惑かもしれない」とか

うだうだ理由をつけて、

いつも他人に対して壁を作ってる人が多いです。

 

いやいやでもね、あなた自身がそういう態度で生きてるから、あなたは「他人に必要とされない」んですよ?

だからどんどん劣等感が強くなってくんですよ?

 

今のあなたは、

  1. 自分が他人に対して親切にしないから
  2. 他人から感謝されたり必要とされる経験が少ない。
  3. だから、どんどん劣等感が強くなってく

という状態に陥ってるのです。

 

だけどあなたが心を開けば、他人に対してもっと親切にすれば、みんなもあなたに感謝してくれます。

あなたのことを必要としてくれるようになります。

そうすれば、劣等感も少しずつ無くなっていきます。

 

というわけで

  1. 暴力男にひっかかる自分を変えたいなら
  2. まずは劣等感が強い自分を変えるために
  3. まずは他人に対してもっと親切にしてみましょう。

ということです!!

 

劣等感→心を開けない→さらに劣等感が強くなるスパイラルから抜け出そう

1:劣等感が強いと、人に対して親切にするのが恐くなります。

(親切にしても裏切られるかもしれない)

(親切にしても逆に迷惑に思われるかもしれない)

 

2:しかし人に対して親切にしないと、人から感謝される経験が得られないので、さらに劣等感が強くなります。

(あー私ってほんとに誰にも必要とされてない…)

(私なんて生きる意味あるんだろうか…)

 

3:劣等感が強くなると、さらに人に対して親切にするのが恐くなります。

以下無限ループします。

 

この地獄無限ループを変えるためには、まず自分の意志で「行動を変える」しかないです。

というわけで、少し勇気を出してみましょう。

他人に対して、冷たくするのやめてみましょう。

みんなに感謝されるように、親切にしてみましょう。

 

といっても、全ての他人に対していきなり態度を変えるのは難しいかもしれません。

それだったら、まずは親しい友人や家族相手だけでもいいです。

とにかく自分の周囲のいる人達に、もっと親切に優しくしてみましょう。

それだけで、たったそれだけで、あなたの劣等感は少しずつ薄まっていきます。

 

そうすれば、

あなたのことを「サンドバッグとしてしか必要としてくれない男」なんて

「恋人の前でだけは俺最強!の情けない男」なんて、

全く魅力を感じなくなっていくはずです。

 

以上、「DV暴力男・モラハラ暴言男にひっかからないようにするためにすべきこと」でしたー!