人は誰でも『自己評価に合った相手』を恋愛対象にする。

スポンサードリンク

先日こんな本を買いました!

読みました!

 

人見知りが治るノート

人見知りが治るノート

 

 

この中にこんな一文がありました…

人は、自己評価に見合った相手を恋愛の対象として選ぶと言われています。

 

仕事が上手くいった時、頑張っていたことの成果が上がった時には、自己評価が高まるので気後れせずに高望みをすることができるでしょう。

自己評価が低いと相手に対して気後れしてしまい、素直に自分を出すことができません。

本当の自分を隠して実際以上に自分をよく見せようと無理をします。

 

さもなければ、あまり魅力を感じていない相手を選びます。

素敵だと思う相手は自分とは釣り合うわけがないと思うからです。

 

自分をあまり評価しない人を選ぶ場合もあります。自分を評価してくれる相手は、自分を買いかぶってくれているだけで、本当の自分を知られると相手ががっかりするはずだと思っているからです。

あるいは、私なんかに声をかけてくるのは何か企んでいるからではないか、騙そうとしているのではないかと疑うかもしれません。

 

あーこれ

『すごいわかるなー』って思いました!! 

 

人はいつも、自分の自己評価を満たしてくれる相手を選ぶ

いつも『嘘つき男』とか『暴力男』にばかりひっかかるって人は、大抵『自分なんてちゃんと愛される価値がない人間だ』という思い込みがあります。

自分で自分に対して、「私はゴミ野郎だ」と決めつけた思考をしてることが多いです。

 

こういう人は、「誠実な男性」に出会えたとしても、「私はゴミ女のはずなのに、こんなに大切にしてくれるなんておかしい」と感じます。

「いつか裏切られるんじゃないか」と不安になります。

結果、そういう相手とは恋愛関係に発展しません。

 

これがもう少しレベルが上がってくると、そういう相手には出会った段階で心の防御機能みたいなのが自動で働くようになります。

それで、「いい人だとは思うけど、なんかドキドキしないんだよね…」みたいな認識をするようになります。

 

こういう女性にとって最も理想的なパートナーは、

自分のことをしっかり愛してくれない男性です。

 

「私なんてゴミ女だ」と思ってる女性にとっては、

自分のことをゴミのように扱ってくる男性のほうが自己評価に合ってるわけです。

 

だから、

嘘つき男に引っかかります。

暴力男に引っかかります。

 

そのほうが、安心できるんです。

心地良いんです。

 

男運を変えたければ、「自己評価」を変えなければいけない

悪い男にばかり引っかかる。

いつも良い恋愛ができない。

もしそういう悩みを抱えている人がいたら、まずは「誰を選ぶか?」ではなく、自分に対する自己評価を変えるようにしてみてください。

 

あなたが、あなたに対して「価値がない」と思い込んでいる限り、

あなたは、あなたに対して「価値がない」ように扱ってくる相手にしか、胸がときめけません。

心がどきどきできません。

 

あなたがそのままのあなたでいる限り、

その流れから抜け出すことはできないんです(´・ω・`)