中川龍のブログ

Tarot & Hint



答えは自分の中にある

スポンサードリンク

こないだブロガー友達の局長 (id:kyokucho1989) さんが、東京に遊びに来てました!

そんとき、占いのご依頼をくれましたー!

わーい局長さんありがとうー!!

 

ひとりたび1年生

ひとりたび1年生

 

 

そんで昨日くらいにそのことをブログで書いてくれたみたいなんですが、そのなかにこんな一文があったよ!!

 

図式と時間と渋谷/純粋理性批判(上)解説3 - マトリョーシカ的日常

今まで、答えは全て自分の中にあると信じていた。

そしていまでも信じている。

しかし、答えを引き出しくれるのはたいがいは他人だ。

自己が抱えている想いを具体化してくれるのは他人だ。

 

 

これ読んで、そういえばけっこう前に他のお客さんで、

僕の占いを受けたあとにこんな感想をもらったことあるのを思い出した。

 

大彗星ショッカーの占いの評判/大彗星ショッカーのホームページ

「答えは自分の中にある」と言いますが、ショッカーさんの占いは潜在意識の中にある答えを導き出してくれるような気がしました!!

タロットはその「ヒント」になっていて、直感を使って一緒になぞなぞを考えるようなスタイルが私は自分の中の「気づき」にも繋がってよかったです!

一般的な占いは、占い師さんが解釈を決めてしまって伝えるので、的確な解釈でない場合もあると思います。

ショッカーさんのように質問しながらすすめるスタイルだと、占いが「当たる&最適のアドバイス」になる精度が上がる気がしました!

 

あーこの感想も嬉しかったなぁ。

 

んとね。

結果、何が言いたいかっていうと、うん実は僕の中でもまだハッキリと答えがまとまってないんだけど、ただなんとなく漠然とぼんやりとそうなんじゃないかと思ってるだけなんだけど、僕はきっと占いそのものの結果は、良くも悪くもどっちでも良いことだと思ってるんだよね。

多分。

 

占いを信じてないわけではないし、それなりに何かあるんじゃないかとは思ってるんだけど、ただ一番重要なポイントは占い結果そのものではなく、その結果を得て「お客さんが何を感じたか?」であり、そしてその感じたものからお客さんが無意識に見落としていた「何か」を掘り下げる。それこそが、占いの真の価値だと思ってる。

ような気がする。

 

そして僕はそうやって誰かの「内面の整理」をお手伝いをすること死ぬほど好きな人間であり、そうやって人の心の奥底にあるものを見出すことに、見つけることに、解明することに、なんでか知らないけど強いやりがいと楽しさとワクワクと興奮を感じられる人間なのだ。

 

だからこそ、これまでこの仕事を続けてこれたし、

これからも頑張っていきたいと思えている。

ような気がする。

 

まとまりがないけど、とにかくそう思ったので、なんとなく文章にしてみた。

以上。とくに落ちはない。

おしまい。