中川龍のブログ

Tarot & Hint



占いの練習方法!占いを上達する方法!

スポンサードリンク

こんちあ。

人生のもっとーは「なんとかなる!!」

大彗星ショッカーです。

 

最近、こんな質問をよくもらいます。

「占い師になりたくて勉強しているのですが、なかなか上達しません>< どうすれば上達できますか?」

 

趣味で占いをしていますが、なかなか趣味の域を脱することができません(´・ω・`) どうすればもっと「お金をとれるレベル」になれるでしょうか?

 

僕はこういう質問には、いつもこう返しています。

実践あるのみだよ(゚Д゚)!!笑

 

修業論 (光文社新書)

修業論 (光文社新書)

 

 

 

そもそも「占い」って定義があいまいなんです。

何が良い占いで、何がダメな占いか。

何がお金をとれる占いで、何がお金をとれない占いか。

そこに明確な線引きはありません。

 

自分ではダメなつもりでも、相手には喜ばれてるかもしれません。

逆に自分では上手にやったつもりでも、相手には満足してもらえてないかもしれません。

 

ですので、こういうのはとりあえず「実際にやりまくってみる」のが一番です。

ひたすら場数を踏みましょう。

たまに友人を占う程度の経験なんて、経験のうちに入りません。

いったん、いきなり、それを仕事にしてみましょう。

仕事にしてしまえば、毎日毎日いろんな人を占わないといけません。

そうやって強引にでも強制的にでも、経験の総量を増やしましょう。

それを繰り返していくなかで、「お客様の反応」や「リピーターがどれだけ来たか」「自分自身が納得できたか」などを実際に体感してみて、そこから改善点を模索していきましょう。

それが一番早いです。

 

しかしこう言うと、必ずこう返してくる人がいます。

「でも私の占いはまだまだレベルが低いので、そんな私がお金をとるなんて申し訳ないです…」

 

いいですか。

こういうこと言う人は、そもそも根本が間違ってます。

 

「上達してからお金をもらうようにしよう」という考え方、まずそれを捨ててください。

ひとまずお金をもらってください。

でなければ、自分自身が緊張しません。

緊張しないで得た経験など、経験のうちに入りません。

だから永遠に成長しません。

成長しないから、永遠にいつまでも趣味の域を脱せません。

 

というわけで、まずお金をとってください。

そうすれば、自分自身が緊張します。

本気になります。

必死になります。

それが大事なんです。

それがなければ、永遠に趣味の域を脱することなどできません!!!!!

 

ちなみに、吠えろペンという漫画でこんなセリフがあります。

 

勇気を出せっ!!

キミに足りないのは、勇気だ!

駄作を作る、勇気だ!!

駄作で金をもらってこそ、本当のプロ!!

 

納得いく仕事だと!?

笑わせるな!!

自分では駄作か!?

と思っても、出してみたら、そうでない時もある!

そこはカケだ!!

 

(駄作を世に出したら…自分が苦しむのでは?)

当たり前だ!!

だから、次は外さんようにとあがく!!

しかし、次もダメかもしれん!

そしたらまた次だ!!

…作らなければ、次につながっていかないだろう!

 

1本や2本駄作を出しちまっても……

自分を許してやれる大きさを持て!

3回のうち―――1回イイものができればOK!!

3回ともイイものを出そうなんて欲張りは―――

おれが許しても天が許さん!!!

そう肝に銘じろ!!

おれなら、少なくとも、3回に1回イイものができたら…

…天に感謝だ!!

吼えろペン(1) (サンデーGXコミックス)

吼えろペン(1) (サンデーGXコミックス)

 

 

それからベルセルクって漫画でも、こんなセリフがあります。

イシドロ『なあ、ほんとにいいのか? これで』

ガッツ『何が?』

イシドロ『普通 修行っていや長い時間かけて基本を繰り返したり、技を伝授したりするもんじゃねェのか? いいのかよ? シロウトのオレがこんな思いつきの即席戦法 身につけちまって』

ガッツ『基礎なら毎日やってんじゃねェか』

イシドロ『けどよォ!』

ガッツ『第一 お前がオレのマネしたところで始まんねえだろ? ガタイが違や戦い方も違うってもんだ。 それとも、お前 何十年も修行して達人になるのを待ってから戦場に出るつもりか? 気の長げェ話だな』

イシドロ『そ、そんなつもりはねェ!!』

ガッツ『だったら、今、手持ちのコマでやりくりするしかねぇだろ。 それに戦場ってのはお上品な御前試合とは違う。 敵が一人ってこたねえし矢や大砲の玉だって飛んでくる。 剣の腕だけで生き残れるもんじゃねえ。 逆に半端な達人は名を上げたい連中に集(たか)られておっ死ぬことも少なくねぇんだ』

イシドロ『じゃあ、どうすりゃ…』

ガッツ『言ったろ? 無い知恵絞って考えろ、自分で。 お前、そうやって来たんだろうが、今まで』

ベルセルク 1 (ジェッツコミックス)

ベルセルク 1 (ジェッツコミックス)

 

 

そう、自分の未熟さを受け入れてください。

未熟さを受け入れ、必死こいて、本気出して、死に物狂いで、とにかく試行錯誤を繰り返してください。

話はそこからです。 

 

未熟な自分を受け入れられず、「未熟さが無くなってから占い師デビューしたい」なんて言ってる人は、死ぬまで永遠に趣味の域から脱することはありません。

これは占いに限らず、あらゆる商売・芸術活動・道において、そうです。

 

…とはいえ、いきなり「占いを仕事にしろ」と言われてもほとんどの人は困りますよね笑

そもそも集客基盤がないので、お客を呼べない。

かといって占い館に所属しようにも、経験不足で雇ってもらえない。

 

そんな人にはココナラがおすすめです!!

ココナラとは…

誰でも、オンラインで完結するもの限定で、何かを販売することができるサイトです!

ココナラ

 

主に

  • イラスト製作系
  • 文章作成系
  • 占い系

のサービスを出品してる人が多いです( `・ω・´)

 

なぜこのサイトがおすすめか?

それは以下3つの理由からです。

 

理由1「500円の低単価から販売できる」

確かに、まるで未経験の人が、いきなり数千円で仕事を受注するのは気が引けてしまうでしょう。

しかしココナラでは、500円から販売することができます。

これなら、初心者・未経験者の練習として、適正な価格の範囲内でしょう!

 

理由2「自分で集客しなくてもいい」

ココナラはすでに会員数がめちゃくちゃ多いので、自分で集客しなくてもそれなりにお客さん来ます。

顧客基盤がない問題は、これで解決です!!

 

理由3「無料お試し販売もできる」

それでもどうしてもお客さんが来ない場合は、ひとまずいったん「無料お試し」っていうのを設定することもできます。

これやれば、よっっぽどじゃない限り、すぐお客さん来ます。

場数を踏めます。

最初のうちはこれをひたすら繰り返して、好意的なレビューの数を集める。

その後、ある程度顧客基盤が出来てきた段階で、無料お試しを廃止する。

そういう作戦もありかもしれません。

 

ってな感じでね、とにかく実践の数を積みましょう。

 

占い師として独立するためには、ただ占いのテクがあればいいわけでもありません。

占いのテクがあるのはもちろんのこと、市場環境を読み、方針を定め、決断していく。

そういう経営能力も求められます。 

ココナラに登録し、見知らぬ人の相談を毎日受けていけば、そういうスキルも自然と身についていくはずです( `・ω・´)!!

 

というわけで今回のまとめ!!

  1. 占いの技量をあげたければ、今すぐ趣味占いやめよう。まだ未熟だと思っててもいいから、いきなり商売にしてみよう。今の自分なりの最善を尽くしてみよう。でなければ、永遠に趣味の域から脱することはできない。
  2. とはいえ、いきなり個人事業始めても集客が難しいだろうから、最初はココナラみたいなサイトに登録してやってみよう!こういうソリューションを活用してみよう。

ってことですね!!

あとは駄作を作る勇気!! 

おしまい!!

 

参考リンク 

ココナラ

タロット占いを勉強したい人が心掛けるべき3つのポイント