子供向けの英語教室を再開しようか、それとも大人向けに路線変更しようか迷っています。なにかアドバイスをください…【前編】

スポンサードリンク

本日の相談者

  • 名前→T
  • 年齢→40代
  • 職業→児童英語講師
  • 趣味→ネット人狼やると楽しい反面、胃が痛くなります>_<

相談内容

10年程前に、息子を教えるのも兼ねて…と、自宅で英語教室開きました

その後小学校英語指導資格も取得し、小学校や周辺地域で指導してきました。

たいして宣伝もしてないのですが、それなりに生徒さんも来てくれて楽しくやっていました5年前くらいに体調を壊し規模縮小中です。今は自宅での指導のみにしています。

しかし体調も戻ってきたので、改めてこの教室を大きくしていこうと思っているのですが…

どういう方向性でやっていくかが定まりません。

過去に数人ですが大人の方に教えたときにとても楽しかったのですが、自分の英語力ならもっと勉強しなくてはと思っています。

留学なども考えてます。

ただ国語の方が得意で、数学も好きで、教室の子の勉強はみていました。

外国の方に日本語を教えることや塾で英語以外を教えるのも興味あります。

作文教室もいいなーなど

英語ですが、翻訳も夢だったし♪

というわけで、このまま英語に関する仕事を貫くべきか、方向転換するべきかで色々と悩んでいます。

英語なら、さらに勉強していきたいと思いますし、方向転換なら、楽しそうなことを考えていきたいと思っています。

よろしくお願いします(*´ω`*)

 

Chrysalis Tarot

Chrysalis Tarot

 

 

 

事前ヒアリング( `・ω・´)

中川龍

こんにちわー!

どうもです!占いのご依頼リピートありがとうございます!

さてさて、相談内容を読ませて頂きました!!

>>今回見ていただきたいのは、このまま英語に関する仕事を貫くべきか、方向転換するべきかです。英語なら、さらに勉強していきたいと思いますし方向転換なら、楽しそうなことを考えていきたいと思っています

とのことでしたが…

ちょっとまだ選択肢がぼやけてるかなって思いました笑

例えば「英語を貫く」となった場合でも、「子供向け」「大人向け」という選択肢がまた出てくるわけですよね?

「何か他のこと」となった場合でも、まだ具体的なところはとくに定まってない印象を受けました。

 

以上から今回の占いに関しては…

  1. 選択肢をもう少し具体化したうえで、「二者択一スプレッド」で占うか
  2. 逆にあまり具体的にはしないで、「今後の自分が進むべき方向性はどうしたらいいか?」みたいなざっくりした問いで「ケルト十字スプレッド」で占う

のどっちかが好ましいかなと思いました!!

さて、Tさん的にはどっちのほうがよいでしょうー?

お手数ですが、少しお考え頂ければと思います( `・ω・´)

 

二者択一スプレッドで展開するカード

  • 選択肢Aの現状
  • 選択肢Aの近い未来
  • 選択肢Aの遠い未来
  • 選択肢Bの現状
  • 選択肢Bの近い未来
  • 選択肢Bの遠い未来
  • 助言

実際の占い例

二人の男性の間で気持ちが揺れ動いています...それぞれの男性との今後について占って頂ければと思います。【前編】 

 

ケルト十字スプレッドで展開するカード

  • 現状
  • 障害
  • 目標
  • 根本
  • 過去
  • 未来
  • 願望
  • 環境
  • 対策
  • 助言

実際の占い例

ケルト十字スプレッドで「自分の人生」を占ってみました!! 

以上、よろしくおねがいします!!

 

Tさん

こんにちは〜(。・ω・)ノ゙ 

そうですよね、確かにハッキリしてない

やっぱり英語かなーとは思っていますが

例えば大人と子供、とか決まってるわけじゃなく

ぼんやりとしてるので

2の、方向性を見る!でお願いします

 

中川龍

こんにちわー!

どうもです\(^o^)/
それでは今回は、ケルト十字スプレッドで「仕事に関する総合的な状態」を占ってみましたー!

Tさんの仕事全般に関して、活かせること・注意すべきことなどを全体的に見てみましょー!

結果は以下の通りになりましたー!!

 

タロット占い結果( `・ω・´)

  • 現状 月 逆位置
  • 障害 ワンドのペイジ 
  • 目標 力 逆位置
  • 根本 ソードのペイジ 正位置
  • 過去 カップのペイジ 逆位置
  • 未来 カップのエース 正位置
  • 無意識 ワンドの10 逆位置
  • 環境 恋人 逆位置
  • 願望 ペンタクルの6 逆位置
  • 助言 ワンドの2 正位置

f:id:noabooon:20150802175143j:plain

んんー!!

前回も出てた力の逆位置がまた出てますね笑

そして、なんじゃこの「ペイジカード」の多さはwww

ペイジカードは子供を意味するカードです。

Tさんはもともと英語教室の先生をされてたとのことでしたが、かなり「子供」に縁があるお方のようですね笑

さて、ケルト十字スプレッドでは「見る角度」がたくさんあるので、何回かに分けてリーディングを行ってこうと思います!!

というわけでまずは現状の二枚を見てみます!!

 

・現状 月 逆位置

意味「迷いが晴れていく」「徐々に視界がはっきりしてくる」「夜明け」

現状には月の逆位置が出ました。

このカードは、これまでずっと右も左もわからないまま悩み続けていたのが終わり、徐々に自分の向かうべき先がはっきりしてくる状態を意味します!!

前回のメールでもTさんは…

>>やっぱり英語かなーとは思っていますが

とおっしゃられてましたので、もしかしたらTさんは、内心ではすでにご自身のなかではっきりした答えがあるんじゃないですかね\(^o^)/

それは無意識レベルなのかもしれません。

意識では、まだはっきりと認識できていないのかもしれません。

だけど心の奥底では、すでになんらかの答えがあるんじゃないでしょうか( `・ω・´)!!

 

ただ、そのことをご自身でしっかり認識できてないということは、何か別の要素による「障害」も同時にあるんだと思います。

人間が何かに悩むときとは、

だいたいパターンが決まってます。

  1. 答えは無意識レベルではすでに決まっている
  2. しかしその答えを意識レベルで認識してしまうと、決断しなければいけなくなる。
  3. 決断するとなると、何か別の問題が発生したり、単純に苦労や労力が増える。それがめんどくさい。
  4. だから無意識ではハッキリ出ている答えを、意識レベルまでもってこれない

これがよくあるパターンです!!

いまのTさんも、まさにこんな感じの状態なのかもしれませんね( ´ ω `)

では、いまのTさんの「答えを意識まで持ってこれなくさせている原因」はなんでしょう!!

それを探るために、続いて「障害」ポジションに出ていたカードを見てみます!

 

・障害 ワンドのペイジ 

意味

「だだっこ」

「わがまま」

「友達のおもちゃを奪っちゃうタイプの子供」

「自己表現が未熟な子供」

 

このポジションでは、いまのTさんの決断を迷わせている障害を示してくれるんですが…

なんでしょうねこれ笑

何か思い当たるエピソードはありますかー?

もしあれば、教えてください!

いまなんとなく僕の脳内に浮かんだのは…

 

  1. 昔、子供の指導をしていたときに、「なかなかいうことを聞いてくれない子供」がいたことがある
  2. Tさんのなかで、あのときちょー大変だったなーという記憶が刻まれている
  3. だから今、なんとなく「大人を教えるほうが楽かなー?」という思いがぼんやり生まれてる

みたいな流れがあるのかなーと思いました!!

あ、でもこれは思いつきで書いてるだけなので、もし全くそんな記憶なかったらごめんなさい笑

ひとまず今回はここまでです!!

ひとまず、Tさんのなかで「ワンドのペイジ逆位置」に関して思い当たるエピソードがあれば、それを教えてください( `・ω・´)

次回はそれをもとに、

・目標

・根本

・過去

・未来

らへんのカードをリーディングしてこうと思いますー!

以上よろしくお願いしますー!

  

 Tさん

ありがとうございます(*´ω`*)

力の逆位置(笑)きたー

子ども。やっぱりですか。

子どもにはモテるのです^^;

息子の参観日など行っても、なぜか私の周りに子どもが集まります

 

心の奥底では、すでになんらかの答えがあるんじゃないでしょうか( `・ω・´)!!

確かに、そうなのかも

 

ワンドのペイジに関して何か思い当たるエピソードはありますかー?

これ言われるまで忘れてたんですが、あります!

「英語なんかしたくない!」ってレッスンに参加しないで携帯いじっちゃう子や、ふてくされてそっぽ向いちゃう子。数人いました

その子たちは、保護者の方が「英語は必要だから」と無理やり連れてこられてたんです

まるで自分と母を見てるようで

頑張らなくていいよって抱きしめたことも(私は反抗できませんでしたが)

私はその子の態度より、その親子関係が気になって親子面談などもしました。

「英語は無理に勉強するものじゃないよ」と、子どもに言うように見せかけて、保護者の方に伝えてました

でもなかなか伝わらなくて(そりゃそうですよね。塾講師が遠回しに、やめたらどうですか?って)

大人は自分で習いたいと来てくれるので

そんなことはありません

だから楽しかったんだ!←今気づきました^^;

英語を話せるようになりたい

英語楽しそう、やってみたいって、キラキラしてる子たちに教えたくて

そのネックが月謝ならボランティアでもいいかなとか、その当時悩んでました

そっかぁ、それで子どもの話を聞くカウンセラーとかにも興味持ったんだ_φ(・_・

これだけでもかなりスッキリしました(笑)

引き続きお願いします♪

 

中川龍 

こんにちわー!

お返事ありがとうございます!!

>>これ言われるまで忘れてたんですが、あります!「英語なんかしたくない!」ってレッスンに参加しないで携帯いじっちゃう子や、ふてくされてそっぽ向いちゃう子。数人いました

おおおおおおお!!

まじすか!!

まじすか!!

じゃあ、かなりぴったりなカード出てましたね(゚Д゚)

すげー!!

 

>>その子たちは、保護者の方が「英語は必要だから」と無理やり連れてこられてたんですまるで自分と母を見てるようで頑張らなくていいよって抱きしめたことも(私は反抗できませんでしたが)

なるほどなるほど…

確かに僕がTさんの立場だったら、ちょっとやだなあ…

子供にはもっと自由な選択肢を与えてあげたいって思いますよね(´・ω・`)

 

>>そっかぁ、それで子どもの話を聞くカウンセラーとかにも興味持ったんだ_φ(・_・
>>これだけでもかなりスッキリしました(笑)引き続きお願いします♪

なるほどww

この文章から、多くのことがわかります。

 

まず一つ目は…

「Tさんはなんだかんだで子供が好き」ということ。

 

二つ目は…

「大人対象の英語スクールが発想に湧いていたのは、とくに大人に教えたかったわけではなく、子供相手の仕事で発生する問題が発生しないからだけだ」

ということ。

 

うん、でもこれはね、やっぱり「自分が好きだ!」と思える相手を仕事にしたほうがいいと思いますよ( `・ω・´)!!!!

大人相手のほうが楽ではあるかもしれません。

…だけど、それだと今ほどの「情熱」はわかないんじゃないかな? 

「自分が心から手助けしたいと思える相手を、お客にする!」

やっぱりそれが一番です!

そのほうが情熱が湧きます!

そしてその情熱は自分の心も満たすでしょうし、お客様のことも最大に満たすことができるはずです!!

 

っというわけで、それでは今回は、目標・根本・過去・未来らのカードをリーディングしてってみます!!

 

・目標(相談者が問題をどのように捉えているか) 力 逆位置

意味「制御不能」

 

・根本(相談者が気付いていない問題の根本) ソードのペイジ 正位置

意味「慎重な子供」「様子をみている」「見定めている」「訓練」「成長」

 

まず目標ポジションに「力の逆位置」が出ています。

いまのTさんは、この問題を「制御できないこと」だと認識しているようです。

「言うことを聞いてくれない子供」に対して、Tさんは無理にやらせたくない。

だけど親はやらせようとする。

その状況を、Tさん自身ではどうにも制御できない。

やんわりと「やめさせてあげてよ」と親に伝えることくらいしかできない。

だからストレスになる。

…でもそれって、本当にそうなのかな?

 

根本ポジションには、ソードのペイジが出ました!!

このカードの意味は

「慎重な子供」

「様子をみている」

「見定めている」

「訓練」

「成長」

らへんですが…

 

その「嫌がってる子供達」というのは、本当にそこまで嫌がってるんでしょうか?

実は「英語を嫌がってる」のではなく、「英語が楽しいかどうかを見定めている・様子をみている」段階なんじゃないでしょうか?

だけどお母さんが無理やり「やれー!!」っていうから、それに反応して「いやー!」ってなっちゃってるだけで…

実際その子も、そこまで「英語が嫌い」ってわけではないんじゃないでしょうか?

 

そう仮定した場合、、、

  1. いやーってなってる子供に対しては
  2. 英語はこんなに楽しいんだよー☆ってのを伝えられるようになればいいんじゃない?
  3. うまいことのらせられるように、Tさんの接し方を工夫してみれば解決する問題なんじゃない?

というふうに読むことができるかと思います!!

実際、英語ができると将来的に好ましいだろうってのは、親御さんのいう通りですし、Tさん自身だって英語の楽しさを伝えたいみたいな思いがどっかにあるから、やってるわけですよね?

だったらその思いをもう少し前面に出してもいいのかも!

 

  • 英語をやりたくない子に無理やりやらせるのは確かにかわいそうだけど
  • でもそれだったら、どうすればその子に楽しさを知ってもらえるか?というイメージで工夫をしてみるといいんじゃないかな!

ってことですね!!

なんていうか、良い意味で「母親の意向」なんか無視しちゃえばいいんです。

お母さんが子供にどうさせたいかなんて完全に無視して、ただTさんの立場で、その子にできる最大の「何か」を与えてみましょう。

そう考えたとき、Tさんにできることって、「やめれるよう遠回しに伝えてあげること」ではなく、「英語の楽しさを理解できるように子供のペースを守ってあげること」なんじゃないですかね!!

いやもしかしたら、Tさんだって過去にそういうことは既に考えていたかもしれません。

でもそれがなかなかうまくいかなかったから、いまこうして悩んでるのかもしれません。

でもそれはね、徐々に出来ていくものなので、いまの時点ではそこまで自分に完璧を求めなくたって良いとおもいます!!

生きてりゃ、いつでもうまくいくわけじゃないです。

うまくいかないときだってあります。

僕もよくあります笑

でもそういうのの積み重ねで、少しずつ「自分のやり方」ってのが完成していくもんです!!

おそらくTさんは、自分自身がそういうお母さんに育てられた経緯があったため、この問題に対して悪い意味でやや感情が入りすぎてしまってるのかも。

でもね、成功とはいつだって、多くの失敗を乗り越えた先にしか生まれないんです!

だから、一つ一つの失敗に対して、そこまで感情を込めすぎないようにしましょう!

 

・過去(相談者が元々保有していた長所・短所・経験則・トラウマ・思考傾向・素質・素養など)

カップのペイジ 逆位置

意味「気が弱い子供」「押しが弱い子供」

 

・未来(成り行きに任せた場合に訪れる未来)カップのエース 正位置

意味「愛情」「思いやり」「精神的な充足」

 

過去のTさんは、もともとちょっと「気が弱い」「押しが弱い」という性格傾向をもっていた。

だから、現状の「無理やり通わせたい母さん」vs「絶対に通いたくない子供」という、「強引vs強引」の戦いに直面したとき、「自分のあるべき立場」をしっかりと見出すことができずにいた。

だけど未来のTさんは、「愛情」「思いやり」というキーワードを中心に、自分のポジショニングを確立させることができるみたい!!

ってな感じのストーリーが見えてきますね!!

わりと良さげな未来を感じさせるカードが出てくれました\(^o^)/

 

実は先ほど僕が

  • 「やる気がない子をむりやり来させるのかわいそう」だけで終わらせないで…
  • 「やる気がない子にどう楽しんでもらうか」みたいな方向性で考えてみるといいんじゃない?

っていう話をしたのは、未来にカップのエースさんが出ていたからでもあるんです笑

たぶん、そういう方向性で考えたほうが、登場人物全員が「笑顔」になれると思うんですよね。

 

いまのTさんには選択肢が3つあります。

  • 母親の意思を尊重し、そういう子にむりやり「授業を受けろ!」と押さえつける。

このやり方をとったばあい、子供は悲しいですね。

Tさんも悲しい。

笑顔になれるのは母さんだけです。

 

  • 子供の意思を尊重し、そういう子は受け付けない!という方針にする。

では子供の意思を尊重すればいいかというと、実はそうでもありません。

このやり方をとった場合、笑顔になれるのは、実は「Tさんだけ」です。

なぜなら、もしTさんがこの方針を採用した場合、お母さんの不満が解消されません。

ですので、結局は「他の英語塾」にむりやり子供を通わせるだけになる可能性が高いです。

結果、子供は「他のどこか」で辛い思いをします。

 

以上から、登場人物全員が笑顔になるには、第三の選択肢

  • 「Tさんの実力で、子供に楽しんでもらえるようにする」

しかないとおもいます!!

それはかなりイバラの道かもしれません。

そこまでの実力を備えるには苦労も多いでしょう。

でも、そんだけ子供好きなTさんだったら、できるんじゃないかなとも思います( ´ ω `)

人間てやっぱり、自分が「心から支援したい」と思える相手のためなら、無限に力が湧いてくるんですよね。

よかったら考えてみてください!!

 

さて、今回はひとまずここで切りますー!

どこかしっくりこない点等あれば、おっしゃってください( `・ω・´)

とくに問題なければ、次回のメールでは最後の「無意識」「環境」「願望」「助言」のリーディングにいってみようと思います\(^o^)/

以上よろしくお願いします!!

 

Tさん 

お返事ありがとうございます

そうです、そうです!

考えましたが、やっぱり私は子ども好きです(*´ω`*)

確かに、その子達そこまで英語が嫌い!ではなく

反抗してるところを親にアピールしたい!だったんですよね

ただ4〜5人のグループレッスンだったので、その子に構うと、他の子達のレッスンがストップしてしまい…

でも、やめてもらっても、その子とお母さんが対話して親子関係を改善してもらえるとは到底思えないし、中川さんの言う通り、私の意図するところじゃありません

なんかこうやって考えていくと…

子どもはグループレッスンじゃないとダメと思ってたんです。

ゲームをやるにも一人だと盛り上がらないので。

でも盛り上がるって、そこまで必要?と思ってきました。

個人レッスンなら、その子だけに集中できるし、

おぉ〜、なんか中川さんとやり取りしてくうちに、モヤモヤがスッキリしていくヾ(❀╹◡╹)ノ゙

お忙しい中ありがとうございます🎶

引き続きお願いします꒰*´∀`*꒱

 

次回に続く!

子供向けの英語教室を再開しようか、それとも大人向けに路線変更しようか迷っています。なにかアドバイスをください…【後編】