暗い言葉は自分に闇を引き寄せる

スポンサードリンク

ふと思った。

 

「ネガティブな感情」の魔法: 「悩み」や「不安」を希望に変える10の方法 (単行本)

「ネガティブな感情」の魔法: 「悩み」や「不安」を希望に変える10の方法 (単行本)

 

 

 

暗い気持ちは持ってもいい

人間なんて誰だっていつでも100%前向きにはなれない。

悲しいことがあれば傷つくし、辛いことがあれば元気が出なくなる。

それは自然のこと

 

だけどそれに慣れてもいけない

いつも暗いことばっかり思って、周囲の人に暗い言葉ばかり放っていると、「自分は暗い人間だ」「自分はダメな人間だ」というセルフイメージが生まれる。

そういうセルフイメージが生まれると、「暗いことを言ってしまう自分」を許せてしまうようになる。

だって「私は暗い人間なんだもん」てね。

 

でもそうなっちゃうと、近くにある幸せを見逃すようになり、冷静に考えれば全然大した事じゃない「不安」を自分で勝手に「絶望的状況」だと誤認して辛くなったりするようになるから、自分自身がどんどん苦しくなっちゃうぞ。

 

暗い言葉ばかり放っていれば、暗い人間ばかりが寄ってくる

暗い言葉ばかり放ってると、周りにも暗い人ばかりが寄ってくるようになる。

そしてそういう人が増えれば、「暗い自分でもいいや」と思えてしまう。

どんどん幸せが離れていく。

どんどん明るく楽しい世界から離れていく。

もうそんな世界を目指すこと自体が、「どうせ私には無理」みたいな認識が始まる。

 

暗い気持ちとは適度に向き合おう

それを抑圧するほど隠すことはない。

悲しいときは素直に悲しめ。

だけど、それを放ってばかりになれてもいけない。

そういうときは気合を振り絞って、明るく生きろ。強く生きろ。前を向け。

 

そのバランスをうまいこととっていくのが、人生なんだよ。

そしてその経験が増えていけば、徐々に自分の扱い方がわかっていき、いろんなことがうまくいくようになるよー。

もう苦しいことなんてなんにもなくなる!!

ふぁいやぁあぁぁぁぁぁ!!

 

おしまい( `・ω・´)