中川龍のブログ

Tarot & Hint



「素直になれない」のではなく「素直になりたくない」だけ

スポンサードリンク

素直になりたい

けどなれない><

 

っていう悩みを抱えている方へ!!

 

そういう人はまず、前提を変えてください。

今のあなたは「素直になりたいけどなれない」のではなく、「素直になりたくない」のです。

 

「めんどくさい女」から卒業する方法

「めんどくさい女」から卒業する方法

 

 

 

人間にできないことは無い

基本的に人間は、自分で思っているよりも、「自分の願った通り」に生きることができています。

そのため、あらゆる「できない」は嘘であることがほとんどです。

 

www.dshocker.com

 

あらゆる「できない」は、そもそも本音では「したくない」のです。

今のあなたは、「素直になれない」のではなく、「素直になりたくない」のです。

 

どうして素直になりたくないか?

ではどうして、今のあなたは「素直になりたくない」のでしょう?

 

その答えはケースによって異なるので一概には言えないですが、よくあるのは「傷つかなくて済む」です。

どういうことかというと、例えば最近こんな相談がありました。

 

職場の同僚Aさんに片思いしています><

最初のころはいい感じだったんですが、でも私達が仲良しなことが職場で噂になってしまい、そのあたりからAさんの態度が冷たくなりました。

それをきっかけに私もついつい「素直になれない」態度をとるようになってしまい…

先日なんて、せっかくAさんから挨拶してくれたのに、それに対して不機嫌そうな反応をしてしまいました…

 

でもこんなことしてたら、余計に嫌われちゃいますよね><

自分でもわかってるんですが、でもどうしても素直になれなくて、最近は八つ当たりのようにどんどんAさんに冷たくしてしまいます…

どうしたらいいでしょうか…

 

 

これは、とてもわかりやすいケースです。

 

この相談者さんは、おそらく「彼の反応が冷たくなったこと」をきっかけに、「今のままでは彼に告白しても振られる」という危機を感じたのです。

だからあらかじめ、「素直にならない」ことによって、彼との関係を自分から「悪化させようとしている」のです。

 

どうしてそんなことをするかって?

そのほうが、彼に振られたときのダメージが少ないからです。

 

想像してみてほしいのですが、例えばこの相談者さんがこのままの流れで彼に告白して、振られたとします。

するとどう感じるでしょう?

何を思うでしょう?

 

おそらく彼女は、こんなことを思うはずです。

「あぁ…あのとき素直になれなかったから、印象が悪くなったんだ…

どうしてあの時の私はもっと素直にならなかったんだろう…

どうしてあんな態度をとってしまったんだろう…

なんてバカだったんだろう…」

 

では次に、もう一個想像してください。

もしこの相談者さんが、しっかり「素直な自分」になれていたとします。

「素直な自分」をしっかり出した上で、彼に告白し、それでも振られたら…

彼女は何を思うでしょうか?

 

きっとこうなるはずです。

「あぁ…私という人間には、彼の心を射止められるほどの魅力がなかったんだ…」

 

さぁ?

どっちが怖い?

 

おそらく後者かと思います。

 

前者の場合は、正直そこまで「怖くない」はずです。

むしろ、わりと「普通に受け止められるシチュエーション」ではないでしょうか。

 

しかし後者の場合は違います。

「かなりダメージがでかい」はずです。

 

つまり、そういうことです。

 

「素直になれない人」とは、心の奥底でもうこの恋に対して「諦めている」のです。

だから、いつか訪れるであろう「彼に振られる」というシチュエーションに備えて、今のうちから「ダメージを低くするための対策」を行っている。

それが今の、「素直になれない」というやつなのです。

 

交際中の恋人に「素直になれない」のは…?

上記は「片思い中の相手に素直になれない」という話でしたが、他のシチュエーションも考えてみましょう。

例えば、「交際中の恋人に素直になれない」だったらどうでしょう?

 

うん、実はこれも理屈は同じです。

やっぱり「ダメージを抑えようとしている」のです。

 

恋人に素直になれない人は…

  • 「そろそろ彼に振られること」を直感で理解しているか…
  • あるいは「自分に対する自信」が無さすぎて、いつでも「ふられるかもしれない」という妄想に怯えているのです。
  • だから、いつの日か来るであろう「彼に振られる」に備え、今のうちからダメージを低く抑えようとしているのです

 

基本的にね、「素直にならなければ嫌われる」に決まってるんですよ。

だって、めんどくさいんですから。

 

そしてあなただってバカじゃないんですから、そのことを「理解できていないわけがない」のですよ。

むしろ理解しているからこそ、「嫌われてもおかしくない理由」を作ることで、ダメージを低く抑えようとしてるわけです。

 

ではどうしたらいいの?

えっとですね。

これはもう単純に、「それぞれの行動のメリットとデメリットを冷静に計算しましょう」、そのうえで「自分がどちらを望むか意思決定しましょう」って話ですね。

 

「今のまま素直にならない」を選択した場合

  • メリット 彼に振られたときそこまで傷つかないで済む。
  • デメリット 彼に振られることが「確定」になる。

「素直にならないこと」によって印象を悪くすれば、当然振られます。

当たり前です。

 

「これからは素直になる」を選択した場合

  • メリット これからの自分の頑張り次第によっては、「彼に振られない」という未来を招けるかもしれない。
  • デメリット それでもなお失敗したとき、もはや「自分の心を守る言い訳」がなくなる。

 

あとは、自分の心が「どちらを望むか?」です。

 

  • 振られたときのダメージは低く抑えられるけど、振られることが「確定」になる道。
  • 振られた時のダメージはでかいけど、「彼に振られない」という未来を招けるかもしれない道。

さぁ、どっちがいい?

 

こう言うと「どっちもやだ><」と感じる方もいるかもしれませんが、それはさすがに甘えです!!!!

 

進撃の巨人の主題歌でもこう言ってたでしょう!!

 

何一つ「危険性(リスク)」など背負わないままで、何かが叶う等…

暗愚の想定!

唯の幻影!

 

人生において、「何のリスクも背負わずに何かが叶う」なんてことは、無いのです!!

自分の人生に対して、もっと気合い入れてください!!!!

 

紅蓮の弓矢

紅蓮の弓矢

  • Linked Horizon
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

まとめ

  • 恋愛に限らず何においても、「できない」はたいてい嘘です。
  • 本当は「したくないだけ」です。
  • しかしそのことを理解してしまうと、より本質的な問題に向き合わないといけないので、そこから目を背けるために自ら作り上げた「架空の問題」が、「素直になりたい…でもなれない」なのです。
  • あとはそれぞれのメリットとデメリットを踏まえ、自分の意思で、どちらの道を望むか考えてみてください。
  • そうすれば「素直になりたいけどなれない…」なんて認識は、もう無くなるはずです。

 

おしまい( `・ω・´)