中川龍のブログ

Tarot & Hint



キャバ嬢をしています。私はこれからどうすれば良い恋ができるでしょうか?【前編】

スポンサードリンク

本日の相談者

  • Yさん
  • 22歳
  • 大学生(兼キャバ嬢)
  • お酒を飲むこと、ニコ動を見ることが趣味です!

現在女子大4年生で来年から保育士になる予定です。

キャバ嬢ですが根は不器用でビビりで寂しがり屋で、男性経験は薄いです。

今まできちんとお付き合いというお付き合いをしたのは元彼が初めてで、8カ月付き合っていました。

それまではすぐ別れてしまうような適当な関係のみでした。

つい一カ月前、大切にしていた大好きだったの彼と別れてしまいました。

割と人間不信の私が初めて信頼して付き合った彼でしたが…最終的に酷いことをされて別れてしまいました。

最初が幸せでもやっぱり成り行きはこれか…とまた人間不信に陥ってしまったような感覚になり、恋愛や人が怖くなってしまいました。

ですが、前の恋を忘れるには次の恋ということで、新しい恋に進まなきゃと思いました。

落ち込んでいても仕方ないので、本気じゃなくてもとりあえず次探そう(最低ですね…)と別れて2週間後くらいから兎に角出歩きました。

結果今なんとなく気になる人が元ホストで…自分が普段キャバ嬢として働いているからこそ、私は騙されているのでは、相手も軽い気持ちなのではと思ってしまい、いまいち前へ進めません。

でも、今のところこれ以上新しい出会いがないような気がします。

来年からは保育士になる予定なので、女性社会に入ったら尚更だと思います。

私は本当に不器用なので、今は就活に卒論で精一杯な部分もあります…。

私はこのままでは出会いもなく彼氏も結婚もできないままずっと一人なのでは…誰も私のことを愛してくれないのでは…と絶望してしまいます。

でも本音はやはり、そっと心に寄り添えるような人がほしいです。

こんな状況ですが、私はこの先どのようにすれば良い恋愛ができるのでしょうか?

元彼に対する気持ちはまだ落ち着いていないですが、無理矢理にでも前に進むべきか迷っています。

自分の気持ちがわからなくて心がぐちゃぐちゃです。

 

指名される技術 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術

指名される技術 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術

 

 

タロット占い結果

中川龍

こんにちわー!

どうも初めまして中川龍です( `・ω・´)

この度は占いの依頼をいただきありがとうございます\(^o^)/

さて、相談内容を読ませて頂きました!

なるほど!

僕も昔キャバのボーイしていたことがあります!

なつかしい!

 

それでは今回は

「Yさんは、この先どのようにすれば良い恋愛ができるのでしょうか?」

という問いで、早速ですがカードを展開してみました!

 

結果は以下の通りに!

 

  • 原点 ペンタクルのエース 正位置
  • 過去 ペンタクルのクイーン 正位置
  • 現在 ペンタクルの10 正位置
  • 未来 ソードの2 逆位置
  • 結末 カップの2 正位置
  • 助言 女帝 逆位置

f:id:noabooon:20151024170929j:plain

 

んー!!

なんかペンタクルカード多いな笑

 

ペンタクルはコインを意味します!

コインとはつまり「お金」を意味します笑笑

うーん恋愛について占ったはずなのに、なぜかお金のカードが多めに出てしまいました!

なんだろね!

というわけでリーディングしてこうと思いますが、その前に何点か質問です!

 

質問1「そもそも『良い恋愛』の定義はなんですか?」

Yさんは「良い恋愛がしたい」とおっしゃられていました。

しかし、では『良い恋愛』とは、どういう恋愛でしょう?

もし上手に説明できなければ、思い浮かんだ言葉を箇条書きする感じでも構いません!

とりあえず思いついたことをかたっぱしから教えてください!

 

質問2「元彼には具体的に何をされたんでしょう?」

元彼に「ひどい振られ方をした」とのことでしたが、具体的に何をされたんでしょう?

ブログ公開時は「詳しすぎるエピソード」は全て削除するのでご安心ください!

 

質問3「人間不信気味とのことでしたが、どういうことですか?」

「元から人間不信気味」とのことでしたが、具体的にどう人間不信気味なんでしょう?

何か具体的なエピソードをもとに説明頂けるとわかりやすいです。

こちらもブログ公開時は削除するか置き換える可能性が高いのでご安心ください!

質問は以上3点となります!

どうぞよろしくお願いします( `・ω・´)

 

Yさん


返信ありがとうございます!

なんか感動です(笑)

 

良い恋愛の定義は…

  • お互いに心が通じ合う
  • お互いの気持ちを理解する
  • お互いを尊重し合うこと
  • 精神的に癒されること

家族みたいな、でも男女の関係みたいな感じですかね!ぱっと思いついたのを書きました。

 

元彼にされたことは、言葉が主なのですが…

※個人が特定されそうな詳しすぎるエピソードなので省略します

 

人間不信になったきっかけ…

小さな頃にいじめを受け、軽くですが自閉症を持っているので変な奴と全員から無視を受けたり…親にはお前はどんくさいしバカだと毎日酷く怒鳴られ精神病になったり(今は治りましたが)。

仲良くしてるはずの子が影で私の悪口を言っていたり…書ききれませんが本当に沢山人に誹謗中傷されてきて失う経験しかなかったといっても良いくらいです。

それが蓄積するうちに感情は動かしたら自分が損をする、と考えるようになり感情を掻き消すようになってしまいました。人間は信じるものじゃないなあと…。

そうしてるうちにキャバを始めたので尚更です(笑)

 

ここまで書いて思いましたが、私が今キャバをしているのも「見返したい」という気持ちがあるのかもしれません。

今まで自分を地味だ変だとバカにしたりいじめてきた人を、綺麗になって後悔させて見下してやりたい。

私は変わったんだ、と言い聞かせることで強くなれるような気がするからです。

言い聞かせないと自分の強さが崩れ落ちるような気がしてしまうので…本当は私は中身の弱い人間なのですが……。

そういう弱さや感情を剥き出しにするのが、なんか怖いんです。

あ!

なんかその私の真の弱い部分にもそっと寄り添って支えてくれる人、理想です!(笑)

こんな感じです。

どうぞよろしくお願いします(>_<)

 

中川龍

こんにちわー\(^o^)/

ご回答頂きありがとうございます!

 

さて、詳しくお話を聞いたおかげで、だいたいYさんの現状はわかりました。

では一回ここで論点を整理しましょう。

 

まず、そもそも今回のYさんの悩みは…

  • 「私はこれから良い恋ができるのか?」
  • 「良い恋をするためには、私はこれからどうしたらいいのか?」

というものでした。

 

はい、この答えは簡単です。

答えは「自分自身が良い恋をすればいい」です。

これで話は終了なんです実は。

 

どういうことかというと、そもそも「良い恋の定義」を思い出してみましょう。

前回、Yさんの中にある「良い恋」の定義を確認したところ、以下のような回答を頂きました。

  • お互いに心が通じ合う
  • お互いの気持ちを理解する
  • お互いを尊重し合うこと
  • 精神的に癒されること
  • 私の真の弱い部分にもそっと寄り添って支えてくれる人

つまりYさんが良い恋をするためには、以下のような男性が必要だということです。

 

  • 相手に心を通じ合わせようとしてくれる男性
  • 相手の気持ちを理解しようとする男性
  • 相手を尊重する男性
  • 相手を癒そうとする男性
  • 相手の真の弱い部分にもそっと寄り添って支えてくれる人

これだと長いので、上記の条件に全て当てはまっている男性のことを、仮に「善良な男性」と呼ぶことにしましょう。

ではここで相手の立場に立って考えてみてほしいんですが、「善良な男性」は、どういう女性を好むでしょうか?

…そりゃもちろん「善良な女性」に決まっています(´・ω・`)

 

「自分自身は善良」なのに、パートナーは「悪人のほうがいい」と考える人なんていません。

善良な人は、善良な人が好きなんです。

悪人は、悪人が好きなんです。

 

だからもしYさんが本気で「善良な男性と恋したい」と思うのであれば、まずはYさん自身が「善良な女性」にならなければいけないのです。

だから「良い恋をするためにはどうしたらいいか?」の答えは、「自分自身が良い恋をすればいい」になるのです。

 

ではそういう観点で、今のYさんを考えてみましょう。

 

前の恋を忘れるには次の恋ということで、新しい恋に進まなきゃと思いました。落ち込んでいても仕方ないので、本気じゃなくてもとりあえず次探そう(最低ですね…)と別れて2週間後くらいから兎に角出歩きました

あれれ?

本気じゃなくても次探そう…?

あんまり善良じゃない発想ですね。

 

今まで自分を地味だ変だとバカにしたりいじめてきた人を、綺麗になって後悔させて見下してやりたい。

「綺麗になって見返したい」くらいだったら、ありだと思いますが…

「見下してやりたい」ってのは、どうなんでしょうね。

少なくとも、「善良な女性」のセリフではないと思います。

どちらかというと、悪役っぽいセリフです。

 

それが蓄積するうちに感情は動かしたら自分が損をする、と考えるようになり感情を掻き消すようになってしまいました。人間は信じるものじゃないなあと…。

人間は信じるものじゃない?

これもどちらかというと、「善良な女性」のセリフではないですね。

善良な人って、もっと普通に「他人を信用する」と思います。

 

こうして考えると、今のYさんは「善良な女性」とは程遠いように感じます。

しかしそのままでは、「善良な男性との恋」など見果てぬ夢ではないでしょうか??

 

少なくとも、「善良な男性」の多くは…

  • 失恋の痛みを紛らわすために「適当でいいから付き合おうとする女性」なんて嫌でしょう。
  • 誰かを「見下してやりたい」と豪語する女性も嫌でしょう。
  • 「他人なんて信用しないぜ!」とか言ってる女性も好まれないでしょう。

今のYさんは、「善良な男性との恋なんてできるわけがない生き方」を自分自身でしてしまっている。

そのことに、気付かなければいけないのではないでしょうか!

 

ちなみに元彼さんには「顔だけで選ばれた」とのことでしたが、

それって元彼さんからだけなんでしょうか?

ぶっちゃけ、Yさん自身も彼のことを「顔を中心に見ていた」のではないでしょうか?

もちろんそれが全てではなかったかもしれませんが、どちらかといえばそちらの要素のほうが強かったのではないでしょうか。

 

先ほど「善人は善人が好き」「悪人は悪人が好き」という話をしました。

人間が恋する相手ってのは、基本的にだいたい自分の写し鏡なのです。

相手に不誠実な真似をされたのであれば、自分自身にもどこか不誠実な真似をしていた部分があるのではないでしょうか。

よかったら考えてみてください!

 

ひとまず今回はここでいったん区切ります!

ここまで、どうでしょうか?

ここまでについて、どこかわからない点や腑に落ちない点等あればおっしゃってください!

とくに問題なければ、次回から

「以上を踏まえた上で、では善良な人間になるにはどうしたらいいか?」

という部分を説明していきます!

 

そこでやっとタロットの話が出てきます笑

ここまで、タロットのリーディング結果を伝えるために必要な「前提」の部分でした笑

前置きなのに長くてすみません笑

(ちなみに、ここまでやや「厳しい指摘」をしてしまいましたが、タロット結果自体はけっこういい感じでしたのでごあんしん下さい笑)

以上、どうぞよろしくお願いしますー!

 

Yさん

返信ありがとうございます!

確かに、次探そうは不誠実ですね、、。

とにかく早く元彼を忘れたいの一心でした。

私どうかしてましたね…。

辛さに耐えられない弱さというか…なんか情けないです、。

 

元彼のことは本当に愛していました。

彼と過ごす時間はかけがえのない時間でしたし、感情を持つのが怖かった私が初めて心を開いた男性です。

なによりも彼を大切にしていました。

そんな彼に不誠実に向き合うなんてできないですし、彼からもらった沢山の感情や感謝を返していこうという思いで付き合いをしていました。

恋愛する上で見た目より中身で波長の合う人を選びます!

精神的に楽しくて合わなければなんの感情も生まれないので…

 

こちらこそ毎回ダラダラと申し訳ありません(*_*)

どうぞよろしくお願いします。

 

中川龍

こんちわー!

お返事読ませて頂きました( `・ω・´)!!

 

なるほど1

  • 「元彼のことを顔で選んだわけじゃない」

ってのは理解しました。

しかしすみませんが、これをもって「Yさんが善良だ」とは言えないですね(´・ω・`)


そもそも根本的なところですが、「相手を選んだうえで傾ける誠意」など、誠意ではありません。

本当に「誠実な人間」とは、普段から「親しくない相手」にも親切にするものです。

 

しかしYさんは、

  • 普段、知らない相手には「人間不信」を感じている。
  • 心を開くことができないと言っている。

そういう人が「恋人に誠意を尽くした」と言っても、それは「自分にとって利益のある相手だから大切にした」というだけにすぎません。

 

それはけして「誠意」ではありません。

例え誠意だったとしても、「薄っぺらい誠意」です。

 

以下、太宰治の「風のたより」という作品からの引用です。

誠実な人間とは、どんな人間だか知っていますか。

おのれを愛するが如く他の者を愛する事の出来る人だけが誠実なのです

君には、それが出来ますか?

いい加減な事は言わないでもらいたい。

君は、いつも自分の事ばかりを考えています。

自分と、それから家族の者、せいぜい周囲の自分に利益をもたらすような、具合いのよい二、三の人を愛しているだけじゃないか。

 

そういえばその元彼さんも、

  • 最初からひどい人だったわけではない
  • むしろ最初のほうは幸せな恋愛ができていた。
  • しかし時間が経つにつれ、いつの間にか「彼の中でYさんの扱いが雑になっていった」

というお話でしたよね?

 

きっと彼も、Yさんと同じだったんじゃないでしょうか。

きっと彼も

  • 最初から「顔だけで選ぶ」というほど、最低ではない。
  • しかしかといって、「本物の誠実さ」を持つほど立派な人間でもない。
  • 悪人と呼べるほど悪人ではないが、誠実と呼べるほど善良でもない。その場の状況次第で、良い人にもなれば悪い人にもなる。中庸的な人物。

そういうところが、二人は似ていたのかもしれません。

だから二人は付き合っていた。

そして今回はたまたま、「彼」のほうが、「薄っぺらさ」が先に出てしまった。

それで「今に至ってる」のではないでしょうか?

 

はい。

というわけでここまでのまとめです!!

 

  • 良い恋がしたければ、自分自身がまず善良な人間にならないといけません。
  • しかし今のYさんは、「不誠実」と言えるほど悪人ではないかもしれないけど、かといって「誠実」といえるほど立派でもない。そのままだと「誠実な恋」は難しいでしょう。
  • 元彼と同じように、「良いときは良いけど、少し状況が変わるとすぐにコロッと態度が変わるような人」をまた選んでしまう可能性が高いのではないでしょうか?
  • というわけで、もう少し真の意味で「誠実な人」を目指してみませんか?

ってことですね!

先ほども言いましたが、本当に誠実な人とは、

  • おのれを愛するが如く他の者を愛する事の出来る人

のことです。

というわけで、Yさんもそういう人を目指してみましょう!!

 

しかしこれを実現するためには、一つ障害があります。

それは、Yさんの中の「人間不信」の感情です。

人を信用できない。

=他人を愛することなど難しい。

=真の誠実さを得ることは難しい。

ということになります。

 

以上から、「Yさんがこれから良い恋をするためには」、人間不信の心をを捨て去る必要があります。

 

では、そもそもどうして今のYさんは「他人を信用できない」のでしょうか?

それは「過去の経験」など、いろんな要因があるかもしれません。

しかし究極的にいってしまえばこれは、「自分を信用していないから」です。

 

参考リンク

他人を信用できないのは、自分を信用できないから

「人を信じられない」という人は、よく「自分がそうなった理由」としてこんなのをあげてくる。私は過去に「裏切られた経験」がある。だからトラウマになって、人を信用できない。だがはっきり言わせてもらえば、これは嘘だ。嘘っぱちだ。

 

僕だって誰かに裏切られたことなんて何度でもある。でも別に、「人を信用できない」とはならなかった。そういう人もいたね、それで終わり。

 

この違いはどうして生まれるか?それはおそらく、「自己肯定感」の違いだ。僕は自己肯定感が低いところもあるけど、全体としてはそこまで低いわけじゃない。だから、ちょっと裏切り者がいたとしても、次の誰かには「ちゃんと誠実に接してもらえる」という自信がある。だから「他人を信じられない」とはならない。だけど他人を信じられない人は、これが無いのだ。

 

次の誰かに「ちゃんと誠実に接してもらえる自信が無い」のだ。だから他人を信用できない。つまり人を信用できない人がその根っこで本当に思ってることは、「自分を信用できない」なのだ。

 

彼らは、自分のようなウンコ野郎には、誠実に扱ってもらえる価値などあるわけがない。そういう自分に対して、誠実に接してくるやつは、きっと何か裏があるに違いない。みたいな思考をしているのだ。

 

このように、「他人を信用できない人」とは、本当に信じていないのは他人ではなく「自分自身」なのです。

自分で自分に対して、「私はゴミクズのような人間だ」と思っている。

だから、「そんな自分は人間としてちゃんと扱ってもらえるわけがない」という思い込みがある。

だから、「他人を信用できない」となる。

というわけで、他人を信じれるようになるために必要なことは、「自分をもっと信じること」なのです!!

 

以上を踏まえたうえで、今更ですがやっと「タロット」の話に戻ります笑

いやぁここまで長くてすみません笑

 

でも今回のタロット結果は、この前提をお伝えしてからでないと、Yさんにとって理解不能なものになりそうだったので、今回は丁寧めに説明させていただきました。

それではここからやっと本番!タロット結果の解説です!

いってみましょう!

 

次回に続く!!

キャバ嬢をしています。私はこれからどうすれば良い恋ができるでしょうか?【後編】