中川龍のブログ

Tarot & Hint



【Q&A】500円タロットの時代に、どのくらいの数をこなされたのかとか、その時期から今の状態になるまでの流れをよろしければ詳しく教えていただけないでしょうか?

スポンサードリンク

こんな質問きたー!

 

Q:質問

初めまして!

いつもブログ読ませていただいてます☆

中川さんは最初はココナラの500円占いから始められたとのことでしたが、500円タロットの時代に、どのくらいの数をこなされたのかとか、その時期から今の状態になるまでの流れをよろしければ詳しく教えていただけないでしょうか?

私もこれから占い師になろうと思っていて、ご迷惑でなければ参考にさせてください!

 

The Rider Tarot Deck

The Rider Tarot Deck

 

 

 

A:回答

えーあんま覚えてないな笑笑

いま自分でブログを読み直しながら思い返してるんですが…

 

とりあえず2014年の3月に始めました。

開始当初は

  • 無料 やり取りをブログで公開します。 カード3枚だけです
  • 500円 やり取りをブログで公開しません。 カード3枚だけです。
  • 3000円 やり取りをブログで公開しません。 カード7枚使います。

って感じで始めたんですが、これはココナラの処理件数をいま確認したところ70件くらいやったのかな?

あ、ホームページでも募集してたから100件くらいはやってるかも。

まぁとにかくそんくらいやったところで、「労力が見合わない」と感じました。

というわけで、値上げしました。

 

  • 0円→カード3枚 ブログ記事にするよ!
  • 4000円→カード7枚 ブログ記事にするよ!
  • 6000円→カード7枚 ブログ記事にしないよ!

 

この値上げをしたあたりで、確かココナラも卒業した気がします。

当時のココナラは500円までしか出品できなかったので、もういいやと判断しました。

以後はこの価格で、確か8月くらいまでやった気がします。

 

8月中旬らへんで、0円占いを「3枚引き」から「1枚引き」にしました。

もうだいぶブログの記事数もたまってきたし、そんなに宣伝いらないかなーと思ってきたので。

 

あとあんまりこういうこと言っちゃうとあれなんですが、0円でくるお客さんは客質が悪い場合が多いのです。

全員ではないんだけど、割合としてってことね。

お金を払ってくださるお客様より、お金を払わないお客様のほうが要求過多なことが多い。

これだと、なんかやる意味がないなーと思ってきたんですよね。

だから少し労力を減らしたい意味もあって、一枚引きに変更しました。

 

ちなみにソーシャルゲーム界隈でも、「悪質クレーマーはだいたい無料ユーザー」っていう法則があるらしいので、世の中どんな産業でもそういうものみたいです。

安い値段できてくれるお客さんて、そのサービス自体を気に入ってきてくれているのではなく、そのサービスの値段を気に入ってきてくれるだけなんですよね。

 

はい。

話がそれました。

 

というわけで、

  • 0円 1枚引き ブログ公開するよ!
  • 4000円 7枚引き ブログ公開するよ!
  • 6000円 7枚引き ブログ公開しないよ!

という3本柱で8月9月を乗り越え、10月にはさらに「無料占いを廃止」しました。

 

10月以後は

  • 5000円 ブログで公開するよ!
  • 10000円 ブログで公開しないよ!

という2コースでしばらくやってた覚えがあります。

 

ここからですね。

明確に収益が安定したのは。

 

やっぱり単価って大事です。

個人では集客できる人数にも限界があるので、安売りで数をこなす作戦は適していないんですよね。

そのことに、もっと早く気付くべきでした。

 

その後、半年後くらいはこの価格でやってた覚えがあります。

そんで今年の6月から、ついに5000円コースすら廃止し、10000円コース一本となりました。

理由は、もう公開鑑定の記事ストックは十分にたまったので、安売りしてまで欲するものではないと感じたからです。

それ以後は、公開鑑定の記事ネタは「お客様の善意」で頂くシステムにしました。

 

そして今に至っております!!!!!

こんなんでいいのかな?

ざっくりとしか覚えてなくてすみません笑

 

とりあえず質問ありがとうございましたー!

おしまい( `・ω・´)

 

その他の質問はこちら

質問コーナー カテゴリーの記事一覧

 

何か質問したい方はこちらからどうぞ!

www.dshocker.com