中川龍のブログ

Tarot & Hint



【悩み】自分に自信がなく、彼氏ができても自分からフェードアウトしてしまいます。

スポンサードリンク

ネットで見つけた悩みに勝手に回答するコーナー!

今回はこちら!

  

初めまして。32歳独身女性です。

この歳でお恥ずかしいですが相談に乗ってください。

私は自分に自信がなく、すぐ恋人と別れてしまいます。

彼に好きな人が居るんじゃないかと思い始めると、すぐフェイドアウトしてしまいます。

何の根拠もない妄想ではなく、他の女性へのちょっとした恋心を見過ごせないんです。

私はさほど綺麗ではなく、彼を惚れさせる実力もないくせに、他の女性に取られないように頑張ることができません。

例えば、2つ前の彼は同僚でしたが、新人の女の子に優しくするようになりました。

彼女をタクシーで送って行ってあげたり。

それで何も言わず別れてしまいました。

何度も別れたくないと言ってくれたので、今思えば、残業してる私をいつも支えてくれたり、穏やかで優しい彼だったので、もっと私も努力していればよかったのかもしれません。

ひとつ前の彼は、付き合って1年目くらいから、携帯を肌身離さず持つようになりました。

そこでまたすぐ別れてしまいましたが、別れたくないと努力してくれました。

結局浮気をしていた訳なのですが。。

別れてからも未だに連絡があり、自分は間違っていた。

二度としないと言ってくれますが無視したままです。

最近、お見合いの話をいただいた方は勿体無いようなスペックの方ですが、他の若い女性が第一希望だったと噂で、これまたお断りしてしまいました。

他の女性に恋心を持ってる男性とはさっさと縁を切った方がいいのか、もっと頑張るべきかよく分かりません。

アピールポイントがあまりない自分は、惚れてもらうまで努力するしかないと思うのですが、悲しい気持ちの方が勝ってしまって、別れる以外思いつかないのです。

どなたか気持ちの持ちようや、前向きに頑張れる方法などをアドバイスいただけないでしょうか?

komachi.yomiuri.co.jp

 

ますますキレイになる人 どんどんブサイクになる人

ますますキレイになる人 どんどんブサイクになる人

 

 

 

回答

これも「あらゆるできないは、本当はしたくない」のパターンですね。

 

www.dshocker.com

 

今のあなたは、「頑張れない」のではなく、「頑張りたくない」のです。

自分の意思によって、他の女性との競争を避けているのです。

 

他の女性と競争状態となり、その結果「自分が選ばれない」という結果を招いてしまった場合、とっても心がショックになりますね。

そのことが怖くて怖くて仕方ないのだと思われます。

だからそうならないために、「競争状態になったら」「さっさと逃げる」を選択しているのです。

その方が安心なのです。

 

では、どうすればそれが怖くならないか。

これは大きく三つの観点が考えられます。

 

1失敗した自分、敗北した自分を許そう

まず、「他の女性との競争に敗北したらみじめだ」と考えているのは、他人ではなくあなただけなんですよね。

他の女性との競争に敗れたら、かっこわるい、恥ずかしい、みじめだ、そんな自分は許せないと考えているのは、あなただけなのです。

あなたをいじめているのは、この世界でたった一人、あなただけなのです。

他の人はあなたが競争に勝とうが負けようが、どうでもいいのです。

まずそのことを自覚しましょう。

そのうえで、「自分をもっと許してもいいんだ」と気付いてください。

  

2失敗する自分を許し、まずはさっさと綺麗になろう!

「自分をもっと許していい」という境地に至ることができれば、もう何も怖いことはないはずです。

というわけで、いままで逃げてきた「女性的魅力を高める行動」をとりましょう。

オシャレや美容に気をつかいましょう。

 

え?

うまくできるか不安?

 

さっきも言ったでしょ!

失敗してもいいんです。

うまくいかなかったら、その経験を活かして次はうまくいくように頑張りましょう。

その積み重ねで、人は成長していきます。

 

最初から100点とれる人は存在しません。

どんなに美人モデルさんも、アイドルさんも、最初は20点とか30点しかとれなかったのです。

でも、そこでへこたれずに綺麗になる努力をし続けたから、今は100点がとれるようになったのです。

 

あなたもその状態を目指してください。

だから、まずは「綺麗になる努力」をしてください。

それで失敗しまくってください。

それは失敗ではなく、「いつか最高に輝いた自分になるための過程」ですから、何もビビることない!

 

www.dshocker.com

 

え?

そうは言っても、「どうせ私はブスだから」努力しても成果がでない?

ちゃうがな。

素材は関係ない。

www.dshocker.com

 

多くの『私なんてどうせブスだし』と言ってる人は、

「自分はブスだから」

「『自分はブス』というネガティブイメージを持った」

と思ってるかもしれないが、それは逆だ。

 

あなたは

「『自分はブス』というネガティブイメージを持っているから」
「ブスになった」
のだ。

容姿やファッションなんて、本当はちょっとした努力と心がけ次第でどうとでもなる。

だけどあなたは、「私なんてどうせブスだし」というセルフイメージに甘んじて、その努力を最初から放棄した。

だから「ブスになる」という結果を得たのだ。

 

はい。

というわけで、素材は関係ございません。

あなたは綺麗になろうと思えば、なれます。

これはできる・できないではなく、なる・ならないの問題です。

なりましょう!

 

3綺麗になったら、次に勇気を出してどんどん他の女性と競争してみましょう。

彼氏ができて、別れたくなっても、ぐっとこらえましょう。

そうやって「他の女性と競争する」というシチュエーションに自分の身をどんどん置きましょう。

 

え?

そんないきなりはできない?

自分に自信がないから怖い?

 

違います。

それは逆です。

 

www.dshocker.com

 

あなたは「原因」と「結果」を逆に考えています。

あなたは

「自信が無いから行動できない」のではなく、

「行動しないから自分に自信がつかない」のです。

 

そもそも「自信」とは、ある日いきなりポンと湧いてくるものではありません。

自信とは、徐々に積み重ねていくものです。

というわけで、まずは行動しましょう。

 

とりあえず行動してみれば、そのうちの幾つかは失敗するでしょうが、そのうちの幾つかは成功します。

その経験は、あなたが次に何かを行動する際に、判断する基準になります。(前回はAのようにやったら成功したから、今回もAのようにやってみよう。前回はBのようにやったら失敗したので、今回はCのようにやってみよう。そういう判断基準が蓄積されていきます)

これが積み重なった結果、人はいつか「自分の判断」に自信を持てるようになります。

ところが行動しない人は

行動しないから経験が生まれない。

経験が無いから、判断基準が無い。

だから自分に自信を持てない

という状態に陥っているのです。

そこを勘違いしちゃいけません。

失敗を許容していいんだと考えられるようになったあなたなら、もうこれが理解できるはずです。

 

あなたが行動できるようになるためには、「自信」なんて必要ありません。

あなたがただ今すぐ行動すればいいだけです。

  

4そういう気持ちを継続するために、人間関係を見つめ直そう。

最後の仕上げです。

劣等感を完全に捨て去るには、人間関係を見つめ直す必要があります。

これはこちらの記事をお読みください。

www.dshocker.com

 

「劣等感」とは、自分が「誰かに甘えられる可能性を期待しないで済むため」の心の防壁なのです(´・ω・`)

 

誰かに優しく受け入れてほしかった。

でもそれは実現しなかった。

そういう状態に陥ると、人は悲しくなります。

でもその悲しみに直面すると、辛くなるので、「そもそも私は優しくされたいなんて思ってない」という認識を作り上げます。

どうせ叶わぬ願いなら、最初から期待しないほうが心が平穏でいられますからね。

そして次に、「私は期待なんかしていない」ということを強固にするために「自分なんか愛してもらえなくて当然だと思える理由」を探します。

「自分にはこういう欠点があるから」

「自分はこういうダメな子だから」

=だから「愛されなくて当然だ」

=だから私が「愛されることを期待しない」のも当たり前のことだ。

みたいな認識をします。

こうして生まれるのが、「自己否定感情」であり「劣等感」です。

 

自分に対していつでも「劣等感」を感じていれば、

私はどうせダメな子だから

私の願いなんて誰も聞いてくれなくて当然

と考えることができます。

  

劣等感が強い人は「誰かに優しくしてもらうこと・大切にしてもらうこと」を避ける傾向があります。

劣等感の強い人は、「自分なんてゴミのような人間」という世界観の中に生きているので、そんな自分に対して優しくしてくれる相手・誠実に接してくれる相手は、なんとなくしっくりこないのです。

それは自分の世界観を否定されることになるので、怖いのです。

そこで「裏じゃ何を考えてるかわからない」とか「いい人だとは思うけどなんとなくドキドキ感がない」みたいな認識をします。

そうやって、「誠実な相手」を避けます。

代わりに「誠実ではない友人・恋人」ばかりを近くに置きます。

彼らのほうが、自分に対して優しくしてくれません。

そしてそういう接し方をされているほうが、あなたにとっては「慣れている」ので、居心地がいいのです。

安心するのです。

とはいえ、そういう相手とばかり接していれば、当然「また大切にしてもらえなかった」という経験が積み重なります。

それによって改めて「やっぱり私なんて価値のない人間なのだ」と感じ、さらに劣等感を強化してしまうでしょう。

人に優しくされないから劣等感が強まる。

劣等感が強まるから、優しくしてくれる相手を避け、優しくしてくれない相手とばかり接したくなってしまう。

以下、無限ループ。

…というわけで、これに対処するために2と3が必要になってきます。

 

まず、いつでも「優しい人」の近くにいるようにしましょう。

あなたの周囲に「優しい人」はいませんか?

いつでも人に親切で、他人を利用したりしなくて、「ザ・優しい人」という感じの方はいませんか?

そういう人が思い浮かんだら、なるべくその人の近くにいるようにしてみてください。

 

次にあなたに対して「優しくしてくれない相手」「誠実に接してくれない相手」とは距離をとるようにしてください。

必要とあらば「転職」「友人関係の断捨離」も視野に入れるべきです。

これまでの友人の多くと離れることになるかもしれませんが、それでも決断してください。

彼らとは、距離をとってください。

 

これらによって、「いつでも優しくしてもらえるのが当たり前」という状況を、自分自身で作ってください。

 

そうすれば徐々に

「私は誰かに大切にしてもらえるのかも?

「私は誰かに優しくしてもらえるのかも?」

「そう信じても良いのかも?」

と感じられるようになってきます。

 

小さい頃のあなたが優しくしてもらえなかったのは、ただの不運です。

しかし大人になった今であれば、あなたは「自分がいる場所」を選ぶことができます。

自分が優しくされる状況を、自分で作りましょう。

そうすれば心が満足します。

そうすれば、もう心の防壁を作る必要もなくなります。

いこーる、劣等感がなくなります( `・ω・´)!!

 

これらを踏まえていけば、もう怖いこと何もないはずです!

どんどん行動しましょう!

どんどん綺麗になりましょう。

どんどんモテる女になりましょ。

がんばってちょ!!!!

 

最後にモテそうなリンク貼っておきますね!

 

ますますキレイになる人 どんどんブサイクになる人~モデル養成専門学校の校長が教える~

ますますキレイになる人 どんどんブサイクになる人~モデル養成専門学校の校長が教える~

 

 

Let'sサイズダウンでキレイ&ビューティ!
★骨盤ダイエット 愛され美脚&スリムお腹!★エステ500円体験
 

 

モテ女を目指そうラ・パルレで!!  

 

脱ぎたくなる美肌【脱毛サロン KIREIMO】  

 

モデルも来店!小顔/美脚/骨盤の美矯整サロン 『サイズダウン ビューティーデザイン』

 

おしまい( `・ω・´)