中川龍のブログ

Tarot & Hint



残ったものより失ったものにばかり目が向くのを解決する方法

スポンサードリンク

「失ったものより、残ったものに目を向けるようにしましょう!」

そう書いてある自己啓発本は多いですね。

そう言われると、その瞬間は「確かにそうだなー」と思うかもしれません。

…でもふと気付いた瞬間に、また「失ったもの」のほうに目が向いてしまう。

そういう経験はないでしょうか?

 

f:id:noabooon:20151230162820j:plain

 

そんなあなたにおすすめの方法があります。

それは、ワンピースで「海峡のジンベイ」さんが言ってたこのセリフを、心で何度も復唱することです。

 

f:id:noabooon:20151230160910j:plain

失った物ばかり数えるな!

無いものは無い!

確認せい!

お前にまだ残っておるものは何じゃ!!

by海峡のジンベイ ワンピースより

 

そう、無いものは無いのです。

あなたにとって大好きだった元彼だろうと、どんなに頑張って努力してきた夢や目標が潰えたのだろうと、すでに無いものは無いのです。

あなたがどう足掻いたところで嘆いたところで悲しんだところで、その事実は変わらない。

 

実は、あなたがついつい「失ったもの」にばかり目が向いてしまうのは、まだ事実をしっかりと受け入れてないからです。

まだ心の奥底のどこかで、「実は違うのではないか」「何か抜け道がないか」と期待している。

だから、残ったものよりも、失ったものに目が向くのです。

 

でもあなたは、そのままではいけないことを、いつか最後は事実を受け入れなければいけないんだということを、心のどこかでは理解しているはずです。

 

というわけで、そういうときは唱えてみてください。

「無いものは無い」と。

自分はすでにそれを失ったのだと。

その事実はもう変化させることができないのだと。

過去は変えられないのだと。

もう、それを今すぐ取り戻すことは不可能なのだと。

もう、それは無いのだと。

 

それはとても辛いことかもしれません。

心が狂ってしまいそうに、悲しいことかもしれません。

でも、そうやって「悲しい事実」にしっかり目を向け、事実を直視することができれば、そこから真のスタートが始まります。

 

悲しみから目を背けることを止めたとき、あなたはついに「残ったもの」に目を向けることができるはずです。

目を向けざるを得なくなるはずです。

なぜなら、魂が本気になるからです。

 

確かに、大好きだった彼の愛情を失ったことは悲しいかもしれない。

だがそれによって、彼が何を好み、何を嫌うかを理解できた。それによって、数年後に幸福な復縁する土台を得たかもしれない。

あるいは数年後に別の誰かと最高の恋をする基礎を学んだかもしれない。

なんにしても、この失恋はけして無駄ではなかったということを、はっきりと自覚できる。

なんとなく「そういう見方もあるかー」くらいに感じているだけの段階を超え、「けして無駄ではなかった」ということを心の底から痛感し、自覚し、覚醒することができる。

 

確かにずっと努力してきたことが無になったのは悲しいかもしれない。

しかしそれによって、また一つ「このままではいけないんだ」という方法を一つ学べたとも言えるかもしれない。

その経験が、数年後に目標を達成するきっかけになるかもしれない。

あるいはその夢を追っていた経験が、別の夢を成就するきっかけになるかもしれない。

なんにしても、この失敗はけして無駄ではなかったということを、魂に刻むことができる。

 

「無いものは無い」

何かを失った悲しみに明け暮れそうになったときは、ぜひこの言葉を心で唱えてみてください。

一時的には苦しいかもしれません。

でもそれを超えた先に、真の魂の解放を感じられるはずです。

 

ONE PIECE モノクロ版 60 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ONE PIECE モノクロ版 60 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

おしまい( `・ω・´)