中川龍のブログ

Tarot & Hint



「数年越しの片思い」「実らない片思い」あきらめるべき?あきらめないべき?

スポンサードリンク

生きてると、「どうしても実らない片思い」に苦しくなっちゃうときってありますよね。

彼のことがやっぱりどうしても好き。

でも、これ以上またフラれて傷つきたくない。

だけどやっぱり彼のこと好き。。忘れられない。。。

だけどもう本当に傷つきたくない。。。。

でもやっぱり、、、、、、、

みたいな。

そういうときは、どう考えればいいか。

その答えは、「どちらも自分の意思として尊重する」だと思います。

 

 

 

今日お客様に以下のようなメールを送りました。

非公開鑑定のお客様なので、僕が送った文章だけね!

 

お客様の状況。

  • 復縁したい元彼がいる。
  • でも根本的に相手と連絡とれない。むしろ拒否られてる。

 

僕が送ったメール

なるほどなるほど( ´ ω `)

お話はだいたい分かりました。

Kさんは、とにかく彼のことが好きなわけですね!

確かに状況は最悪、彼からの返事は一切ない、でも彼のことが忘れられない。諦められないと。

 

うん、だったら諦めなければいいのではないでしょうか?

実際、それだけ彼のこと好きなわけですから、ならばそれを否定しても始まりません。

というかどんだけ否定したって、無理でしょ。

だって好きなんだから!

 

もちろんフラれた男なんてさっさと忘れて次進んだほうが、楽なことはもちろんです。

でも自分の心がまだそれを望んでいないなら、無理にそうなろうとする必要もないはずです。

 

というわけで、これからも好きでいればいいです。

好きで居続ければ、短期的には復縁が不可能だったとしても、数年単位で考えたらいつか仲直りできるかもしれません。

 

僕もそういう相手がいます。

僕の場合は片思いではなく友人の女性なのですが、あるとき、ある女性ととっても喧嘩になりました。

もう一生連絡をとることはないだろうと思いました。

そのことが僕は少し悲しかった。

だけど10年後くらいかな?ひょんなことから、lineでまた繋がっちゃったんです。

彼女と僕が連絡を取り合っていた当時は、まだスマフォもlineも存在しない時代でした。

だから電話やメールで連絡をとりあっていたんですが、僕らはお互いに、当時の電話番号のまま変えてなかったようなのです。

それで、連絡が再びつくようになりました。

彼女もいろいろ思うことがあったらしく、当時のことを色々語り合いました。

そこから仲直りしました。

僕はとても嬉しかったです。

 

確かに今の彼は、Kさんと仲直りする意思がなさそうです。

それはこの1年、連絡し続けて反応がなかったことからも明らかでしょう。

…しかし10年だったらわかりません。

いや10年といわずとも、2〜3年あれば、いい大人同士なわけですから、どこかの段階で心が変わることもあるでしょう。

 

というわけで、今後は少し「長いスパン」で物事を考えてみてはいかがでしょうか?

実際問題として、「彼を超えるほど魅力を感じる男性」は他にいないわけですよね。

だったら、これからも彼を好きでいればいいです。

 

しかしここで、「短期的に変化が欲しい」と願うことだけやめてみましょう。

もっとロングスパンで考えてみましょう。

数年後、いつかは仲直りできる日もくるだろう。

そういう風に考えてみてはいかがでしょう。

そうすれば、「傷つく」を多少は回避できるはずです。

 

結局今のKさんが抱える苦悩は

  • 彼を諦めたくないという意思
  • これ以上傷つきたくない(だから諦めて楽になりたい)という意思

この矛盾する意思が、混在することによって生まれています。

 

でもこの二つは、どちらもKさんの意思なのです。

どちらもKさんの本心なのです。

だったら、どちらも両立することを目指すべきです。

どちらか一方だけを抑圧すれば、そりゃ苦しくなります。

 

というわけで、「傷つかないこと」と「彼を諦めないこと」が両立できるような「追い方」を考えてみましょう。

そこで先ほどおつたえしたような、「ロングスパンで考えてみる」はどうでしょう?

「彼と復縁すること」は諦めなくてもいいので、その代わりに「今すぐ変化すること」だけ諦めるわけです。

 

これならどうでしょう?

この考え方であれば、今ほど傷つくことはないまま、彼のこと好きな気持ちは許すことができるので、だいぶ楽になるかと思うのですが!

 

え?

でもそうはいっても、未来がどうなるかなんてわからない?

もしかしたら、このまま永遠に仲直りできないかもしれない?

 

…それはどうかな?

実際、そうやって数年ごしの片思いの末、ゴールインするカップルなんていくらでもいますよー!

 

参考リンク

okwave.jp

 

>>結論から申し上げますと、現在の主人と知り合って15年。そのうち片思い8年、お付き合いを2年、結婚5年目に入りました。

 

上記のリンクの女性は、8年の片思いの末、しっかり成就されております( `・ω・´)

ほらほら、こういうことも全然あるわけですよ!

人生って何が起きるかわかりません!

同じような話はちょっとネットで検索かければいくらでも見つかります。

だったら、ここで今すぐ「諦めるor諦めない」と考えるのではなく、「私は諦めたくない」「でもこれ以上傷つきたくもない」という自分の意思を、どちらも尊重してあげれば良いと思うのですが、いかがでしょうか?

よかったら考えてみてください!

 

まとめ

まず大前提として、「自分の意思」は抑圧しないほうがいいのです。

人生はなるべく可能な限り、我慢しないほうがいい。

だって我慢すれば、辛くなっちゃうじゃないか(´・ω・`)

 

どっちも自分の本心なら、それはどっちも大切にしてあげればいいのです。 

どっちも自分の本心なら、どっちも満たしてあげればいいのです。

もっと自分に優しくいきましょ!

 

しかしこれを実現するために、「幅広い可能性」に気付く必要があります。

なんらかの理由で思考ロックして視点が狭くなっていると、可能性に気付けなくなるので、それで自分の感情を全てバランス良く満たす方法が浮かばなくなります。

すると、どんどん苦しいモードに陥ります。

 

というわけで、視点はなるべくフラットに!

いつでも幅広くいろんな可能性を追うようにしてみましょう!

 

人生って本当にいろんな可能性があるので、そのことに気付けば、自分の感情を満たす方法は案外いくらでもわいてきます。 

そしてこの考え方でいけば、心が楽になるので元気が出るはずです。

そして元気が出れば、忘れた頃にうっかり仲直りできる確率も高まっちゃうかもしれません!

やっぱりうじうじしてる人より、明るく前向きな心でいる人のほうが、魅力を放つからね!

人を惹きつけるオーラを放つからね!

 

恋愛に限らず何事も、本当に欲しいものって、欲しい欲しいと焦ってるときほどなかなか手に入らないけれど、でも焦らずにのんびり構えてみるとある日忘れた頃にふと手に入ったりします。

そういうもんです。

 

以上、「実らない片思い」に悩んでる人は、「諦めたくない」と「もう傷つきたくない」はどちらも偽りなき自分の本心なんだから両立する方法を考えてみるといいよー!ってお話でした。

 

おしまい( `・ω・´)