中川龍のブログ

Tarot & Hint



【書籍】めんどくさい女から卒業する方法〜「でも」「だって」「どうせ」が口ぐせのあなたへ〜

スポンサードリンク

私って、「めんどくさい女だな…」と自己嫌悪している。

そんなあなたにおすすめの一冊!

f:id:noabooon:20151229152421j:plain

 

「めんどくさい女」から卒業する方法

「めんどくさい女」から卒業する方法

 

 

めんどくさい女から卒業する方法。

もう、タイトル通りの一冊ですね。笑

 

内容紹介

ついつい考え過ぎてしまう自分から 抜け出したくないですか?

私の名前は素子、34歳。

よく自分のことを「めんどくさいな〜」と思うんです。

周りの人からもしかして嫌われている!? って感じることがよくあるし

褒められても「うそばっかり」なんて思ってしまって、素直に喜べない。

仕事も私なりに頑張って成果もあげているのに、結局、要領のいい人や甘え上手な人ばかりがかわいがられて、いつも私は評価されない。

そんなふうに考えてしまうから、自分を卑下したり、他人をうらやんだり、認めてくれない人を嫌いになったり……。

悩んでも解決しないことをいろいろ考え過ぎて、ずっとモヤモヤしている感じ。

同僚がランチに誘ってくれても、ついつい断ってしまったり、せっかく仕事のチャンスが巡ってきたのに、自信がなくて「私には無理です」って言ってしまったり。

いつも後悔するくせに、でもそれでちょっと安心したりもしている。

こんな調子だから、彼との関係もうまくいかないことが多い。

好きでいてほしいから、なんでも言うこときいてしまったり、嫌われたくないから本心が言えなくて……。

そしていつの間にか、自分のなかに少しずつ不満も溜まってくる。

いつも不安になって彼の気持ちを確かめてみると、「好きだよ」って言ってくれるのに、でも信じられなくて……。

思わず試すようなことを言ってしまったり、わざと嫌われるようなことしてみたり。

そして最後は、そんな自分に耐え切れなくなって、いつも自分から関係を壊しちゃう

あ〜! めんどくさい‼

一度全部リセットして、最初からやり直したい‼

 

まるで怖がりないじけ虫が、いつも私のなかにいる感じです。

あなたはどうですか?

 

本書冒頭の一文です。

この一文に、「あ、私だ…」と感じた方は、是非とも購入してみてください。

きっと、あなたの人生を変える一冊になるはずです。

 

はじめに

僕が日々のカウンセリングを行っているなかで、症例が増えれば増えるほどに、悩みや問題の共通点が浮かび上がってきます。

それが、「拗ねている」ということでした。

 

拗ねている理由は、みなさんそれぞれです。

「拗ねている」がしっくりこないのなら、いじけてる、意地を張っている、ひがんでる、なにかに怒っている、なにかを諦めている、なにかを卑下している。

日本語にはいろんな表現がたくさんありますが、なににしても「心がねじれている」ということです。

それがすべての悩みや問題の根底に共通して流れています。

ねじれているから、お金も、人間関係も、仕事も、恋愛も、ものごとすべてがうまく回らない。

淀んだり、詰まったりしてスムーズに流れない。

そこにムリヤリなにかをなそうとするから、「問題」が発生します。

心がねじれているときは、やさしさも、愛情も素直に受け取れなくなってしまっています。

このねじれの原因は過去、とくに子どもの頃の思い出や経験にひそんでいます。

ちょうど、小さい子どもが部屋の隅でうずくまって拗ねているように。かまってもらえなかった。

やさしくしてもらえなかった。

それどころか、逆にひどいことをされた。

褒めてって言えなかった。言い出せなかった。そんな気持ちがいまの人生を引きずりまわしているということ。

 

僕もずっとそんなことをやってきました。

誰かが、「ほら、ケーキ買ってきたよ」とやさしく言ってくれても、拗ねてる自分は「いらないもん!」と受け取りません。

「あれ?ケーキ好きだったよね?」と言われても、「虫歯になるからいらない」と理由をこじつけて受け取らない。「じゃあ、みんなで食べちゃうよ」「……」そして、本当に食べられてしまったら、悲しくて悲しくて、そしてまた拗ねてしまう。

親切な誰かが冷蔵庫にとっておいてくれても、食べているところを見られると悔しいから、やっぱり我慢してしまう。素直になれない。そうやって、手に入れることのできた幸せをどんどん逃してしまうのです。

たくさんの人が、自分にやさしさや愛情を与えてくれているのに、素直に受け取れない。

そのくせ、「誰もわかってくれない」「また友達が離れていった」と、拗ねはじめる。

そんなことを思い出してたら、ふと浮かんだのが「めんどくさい」という言葉でした。

 

そう、「手に負えない」そんなめんどくさい人は、僕にはまるで傷ついて拗ねているノラ猫のイメージです。

逆に、問題や悩みが解決していくときにも共通点があります。

それは、なにかを許せたとき。

ものの見方が変わったとき。

思い込みや勘違いが解けたとき。

そして、拗ねるのをやめたときです。

そのときはじめて、なにかがすーっと流れる。

拗ねるのをやめたときが、素直になったときです。

素直で、愛されて、幸せな女。

頭文字をとって、「す・あ・し」な女の誕生です。

素直だから、愛されて幸せを感じられる。

逆に、素直じゃないから、愛を受け取れず、幸せを感じられない。

うん、やっぱり幸せのキーワードは「素直」なんだと確信しました。

 

あなたの近くにいる素直な人と、拗ねている人を思い浮かべてみてください。

どちらの人にやさしくしたくなるでしょうか。どちらの人のほうが人生を楽しんでいるように見えるでしょうか。

少なくとも、僕は素直な人だと思っています。

いつも人の悪口や愚痴を言っていじけていたり、人を攻撃したり、正しさを主張したり、自分を卑下して、褒められても喜べない、そんな「めんどくさい人」か、素直に、にっこり笑ってやさしさを受け取ってくれる、人生を楽しんでいる、そんな「すあしの人」か。

 

この違いは、特別な能力や才能があるかどうかとか、容姿や環境の差ではありません。

素直かどうか。これがその人自身を輝かせるいちばんの要素ではないかなと思うのです。

この本では、問題や悩みを作る「拗ね」から抜け出し、素直になるための方法をまとめてみました。

どうしてそんなノウハウがあるのかというと、それは「人体実験」の結果なのです。そう、僕自身が「めんどくさいやつ」だったからこそ、わかることがあるのです。

そして、僕自身がその「めんどくさい」から抜け出すことができたからこそ、お伝えできることがあるのです。

めんどくさい「拗ね」から抜け出すと、目に映る景色が大きく変わっていくことを体験しました。

さらに、たくさんの方のカウンセリングをさせていただいて、大きな変化を目の当たりにしたことで、みなさんに自信をもってお伝えすることができるのです。

拗ねている人が素直になるということは、実はとても勇気のいることです。

拗ねていた子どもが「やっぱりケーキちょうだい!」と、涙を拭いてにっこり笑う勇気。

泣いてたカラスが笑ってもいいんです。

そんなふうに勇気を出したくなるようなお話を、たくさん書いてみました。

心屋の人体実験。

体を張って開発した、素直になるためのノウハウ。

さあ、お試しください。

そして一緒に素直になって、愛されて、幸せを感じましょう。

 

そうして、一人でも「すあしの女」を増やしていくことが僕の願いです。

すあしの女が増えれば、きっとたくさんの男性も幸せになります。「すあしの母親」「すあしの父親」が増えれば、きっと「すあしの子ども」が育ちます。

一緒に「すあし」活動に参加してみませんか。

一緒に幸せを感じましょう。

 

目次

  • 第1章 もしかしたら、私は「めんどくさい女」!?
  • 第2章 心の中が見えてくる!魔法の方程式
  • 第3章 めんどくさい「勘違い」から抜け出す!
  • 第4章 「すあしの女」へレッスン開始!!
  • 第5章 愛に満たされて生きる

 

感想

著者の心屋さんがおっしゃる

  • 悩みや問題を抱えている人に共通しているのは
  • 「拗ねている心を持っている」こと

ってのは、僕も占い屋を始めてから同じことを思ってました。

 

僕はカウンセラーではなく占い屋ですが、毎日色んな人の相談を聞いているうちに、ふと思ったんです。

悩みや問題を抱えてる人の多くは、状況が悪いから悩むのではなく、「自分自身が解決を拒否する心を持ってるから悩んでる構図が多いなー」って(´・ω・`)

もちろん本人にその自覚はないんですけどね。

 

そのことに気付いてから、僕はそれをお客様にどう伝えれば理解してもらえるのだろうって毎日考えてました。

でも僕の経験だけでは、どうしてもその答えを見出せなかった。

こういうときは、勉強するしかないと思った。

そんなある日出会ったのが、この本でした。

 

「拗ねていることが問題なんだ」 

それまでの僕は、なんとなく漠然とこのことを理解していたものの、それを明確に端的にハッキリと表現することができずにいました

でもこの本に出会ったおかげで、はっきりと理解することができた!

よかった!!

 

というわけで、世界中の拗ねている女性にももちろんおすすめですし、女性心理を理解したい学んでみたいという男性、あるいはカウンセリング系のお仕事をしてる方にもおすすめの一冊です( `・ω・´)

よかったら読んでみてね!

 

「めんどくさい女」から卒業する方法

「めんどくさい女」から卒業する方法

 

 

おしまい( `・ω・´)