中川龍のブログ

Tarot & Hint



振られた彼のことがまだ好きで、悩んでいます。彼は1人で抱え込むタイプで、私はそんな彼の支えになりたいとずっと思っていたのですが、それが彼にとっては負担だったのかもしれません。。。【後編】

スポンサードリンク

前回はこちら!

振られた彼のことがまだ好きで、悩んでいます。彼は1人で抱え込むタイプで、私はそんな彼の支えになりたいとずっと思っていたのですが、それが彼にとっては負担だったのかもしれません。。。【前編】 

 

Tarot of White Cats

Tarot of White Cats

 

 

ミルクティーさん

こんにちは。

一次リーディングのメールありがとうございました!

とても丁寧なメールに感動し、とても嬉しかったです。

何度も読み返しています(>_<)

よく周りから、「もっと自分を大切にしろ」と言われます。

彼と付き合っていた頃は、「私は1人でいても楽しくて幸せ」ではありませんでした…

中川さんのおっしゃるとおり、「私はあなたが好き」の方だけに傾いていたと思います。。

そりゃあもう、シーソーみたいにめちゃくちゃ傾いていたと思います。。

 

振られたとき本当に絶望で、毎日毎日泣いて、怒りとか悲しさとか本当に山ほど抱えていたんですけど、なんだか少しずつではあるものの、冷静に自分を見れてきた気がします。

気分がとても落ちるときもあるのですが、持ち直して、それを繰り返していて、進んでいないようで、少しずつ進んでいる、みたいな気がします。

 

私がしていたことは自分の気持ちを彼に押し付けていただけだったなあと思います。。

「彼のため」「彼のため」と思いながらも自分のためでした。。

 

主観のカード、まさにそのとおりで、私は彼への執着を手放さなければ、とばかり考えていました。

でも客観のカードから、彼は私の情熱、意欲、が足りないと思っていて、

そこにズレがあるということですよね?

執着を手放すより、自分を持って自分を大切にすること。ということですよね?

実際、私は音楽が大好きで、音楽への情熱や意欲はかなりある方だと思います。でも彼を好きになってから、彼ばかり追いかけていて、自分の大好きなことや自分のことは全て後回しにしていました…

 

私の「地道でまじめな一面」。

確かに私の長所だと思います。

大好きな音楽も、幼少の頃から、いろんな形で続けてきていたり、今好きなことや大事にしているものは、幼い頃からのものが多いです。

確かに、私の魅力はそういう面かもしれません。

 

そして適量を意識。。

そうですよね…

私は本当に、0か100かといいますか、過剰な点が山ほどあります…

全てタロットに出ていて、(といいますか、中川さんがそう解釈してくださっていて)びっくりです。

 

今モヤモヤしているのは、

「自分を大切に、自分らしく生きていけば彼とまた付き合えるのだろうか…」なんて思ってしまっていることなのですが、「彼と付き合う」ために自分を変えるというのではなく、自分が変わっていった結果彼と戻れるかもしれないよ、ということなのでしょうか…

なんだかまたまとまらないメールになってしまいましたが、

よろしくお願いいたします。

あ、「ムリめの彼・気のない彼・愛が冷めた彼大好きな人が振り向いてくれる本」読んでみようと思います(*^^*)

 

中川龍

こんちわー!

お返事どうもです!

ちょいちょいコメントさせていただきますね( `・ω・´)

 

>>主観のカード、まさにそのとおりで、私は彼への執着を手放さなければ、とばかり考えていました。でも客観のカードから、彼は私の情熱、意欲、が足りないと思っていて、そこにズレがあるということですよね?

イエス!

そういうことです!

 

>>執着を手放すより、自分を持って自分を大切にすること。ということですよね?

そうそうー!

実際、執着そのものは、見方を変えればそれだけ「一途」ってことでもあるので、場合によっては喜ばれるかもしれません。

人間てね、基本的に「欠点」よりも「長所」で人を判断するんです。

どんなに欠点があっても、何かずば抜けた長所が一つあれば、多少の欠点なんて気にならないものです。

だから、「私は執着しちゃうところが欠点だ」と考え自己嫌悪したって、なんの意味もないんです。

他人は、あなたが自分の欠点をどう隠したか・克服したかなんて興味ありません。

他人は、あなたの長所が見たいのです。

しかし今のミルクさんは、長所を伸ばすことをしておらず、欠点を自己嫌悪することばかりしている。

するとそれは他人にとってはどうでもいいことなので、それではミルクさんの価値が上がらなくなっちゃうはずです。

というわけで、自分の欠点なんて良い意味で放置しといて、その代わりに自分の長所を伸ばすことを意識すると良いですよ( `・ω・´)!!

 

>>実際、私は音楽が大好きで、音楽への情熱や意欲はかなりある方だと思います。でも彼を好きになってから、彼ばかり追いかけていて、自分の大好きなことや自分のことは全て後回しにしていました…

そっちだー!

ミルクさんが注目すべきは、そこだー!!

是非とも自分のそういう一面にもっと視点を向けてあげてください。

そこを活かすことを、伸ばすことを、鍛え上げていくことを、磨いていくことを意識してみてください。

そうすればどんどこ魅力的な自分になれちゃうぞ!

 

>>私の「地道でまじめな一面」。確かに私の長所だと思います。大好きな音楽も、幼少の頃から、いろんな形で続けてきていたり、今好きなことや大事にしているものは、幼い頃からのものが多いです。確かに、私の魅力はそういう面かもしれません。

おおおお!

これは出たカードから推測して言ってみただけだったので、もし違ったらどうしようと実は焦ってたんですが、当たってたようで良かったです!笑

タロットすげー!

ぜひとも、ご自身のそういう一面に着目し、自信をもっちゃいましょう!

 

>>今モヤモヤしているのは、「自分を大切に、自分らしく生きていけば彼とまた付き合えるのだろうか…」なんて思ってしまっていることなのですが、「彼と付き合う」ために自分を変えるというのではなく、自分が変わっていった結果彼と戻れるかもしれないよ、ということなのでしょうか…

えっとですね。

そうですね。

その考え方はダメですね。

前回ご紹介しました「大好きな人が振り向いてくれる本」のアマゾンレビュー欄に、こんなコメントがあります。

 

>>「こうすれば男の気を引ける」という駆け引きの視点ではなく、「自分を大事にすれば、自分を粗末に扱う男のことなど自然とほおっておける」という表現がされており、とてもしっくりきました。

そう、自分を大事にするのであれば、自分を粗末に扱う男のことなど自然とほおっておけるはずなのです。

だから、「彼とまた付き合えるんだろうか」とか考えている時点で、それはすでに「自分を大切にしないいつもの思考」に戻ってしまっているのです。

 

これはつまり

  • 彼ともう一度復縁するためには
  • 一旦、彼のことなんか自然とほうっておける自分にならなければいけない

ということです。

辛いかもしれませんが、そこを乗り越えなければ、結局いつも通りの思考に戻ってしまいます。

ちょっと今回だけ気合をいれてみましょう!

乗り越えましょう!!

 

コメント以上となります!

引き続き、わかりづらい点等あればお気軽におっしゃってくださいね!

どうぞよろしくですー!

 

ミルクティーさん 

こんにちは、お返事ありがとうございます!

中川さんの文章はとても分かりやすくて、読みやすいです。

丁寧なメール、ありがとうございます!

私、ずーーーーーっと自分を殺してきたと思います。笑

「彼はこういう女は嫌いだから」とか、「めんどくさいって思われたくない」とか理由をつけて自分の気持ちにフタをし続けていました。

我慢しよう、私が我慢すればいいって。

だから付き合っていたときもメールひとつ送るのにもとても気を遣ってました。

別に彼に望まれてはないのですが(;^-^)

本当はもっと色々言いたかったんだと思います。。

別れるときも、「彼なら絶対に夢が叶うと思う!今までありがとう」なんていい子ぶってました。

本当はわんわん泣きたかったんだと思います。笑

そして、つらくて、死ぬほど「早く彼を忘れたい」と思ってきました。。

友達に「あんなひどい彼まだ好きなの?」「付き合っているとき、ミルクティーはちっとも幸せそうじゃなかったのになんでそんなに好きなの?」なんて言われるものだから

もう大丈夫、なんて嘘ついてました。

忘れたいって自分とまだ好きな自分がいて、よく分からなくなってました。。

今まで全部後回しにしていた、

自分の趣味や好きなこと、やりたくてもやれていなかったこと、色々やっていこうと思います。

「自分軸」を持ちたいと思います。

 

中川さんがおっしゃっていた、

・彼ともう一度復縁するためには

・一旦、彼のことなんか自然とほうっておける自分にならなければいけない 

という文章がとても頭に残っていて、

私はきっと、「彼のことなんか自然とほうっておける自分」になりたいんだと思います。

彼と復縁どうのよりも。。笑

きっとそんな自分になれた頃には、彼のことはいい思い出になっているのかも?なんて思いました。。

 

「自分次第」本当にそうですね。

誰に何を言われたか、何が起きたか。ではなくて、どう捉えるか。どうしていくか。

なんですよね…!

なんだかまたごちゃごちゃしていますが、本当にありがとうございます!

いろいろ振り返るきっかけになりました><

 

中川龍 

こんにちわー!

またコメントさせて頂きますー!

 

>>私、ずーーーーーっと自分を殺してきたと思います。笑「彼はこういう女は嫌いだから」とか、「めんどくさいって思われたくない」とか理由をつけて自分の気持ちにフタをし続けていました。我慢しよう、私が我慢すればいいって。

>>だから付き合っていたときもメールひとつ送るのにもとても気を遣ってました。別に彼に望まれてはないのですが(;^-^)本当はもっと色々言いたかったんだと思います。。別れるときも、「彼なら絶対に夢が叶うと思う!今までありがとう」なんていい子ぶってました。本当はわんわん泣きたかったんだと思います。笑

うん、これは全部やめましょう。笑

基本、思ったことは全部言うべきです。

それを言うことで問題が発生するなら、言い方を工夫すればいいだけです。

相手のことを考えないで自分の要求だけ告げるのは小学生のすることです。

相手に配慮しすぎて自分の要求を隠すのは、中高生のすることです。

真の大人は、相手に配慮しつつ自分の要求をしっかり伝える方法を工夫する人のことです。

そういうのを工夫する努力を最初から放棄してたら、コミュニケーションはうまくいきません!

 

>>今まで全部後回しにしていた、自分の趣味や好きなこと、やりたくてもやれていなかったこと、色々やっていこうと思います。「自分軸」を持ちたいと思います。

お、これは全部いい感じです!!

今後はこれを「後回し」にはせず、「最優先事項」にすべきです。

そうするほうが、結果的には自分の魅力がどんどん高まっていくはずです!!

 

>>中川さんがおっしゃっていた、「・彼ともう一度復縁するためには・一旦、彼のことなんか自然とほうっておける自分にならなければいけない」という文章がとても頭に残っていて、私はきっと、「彼のことなんか自然とほうっておける自分」になりたいんだと思います。彼と復縁どうのよりも。。笑

お!

じゃあ、なりましょう笑

実際そのほうが楽しいと思いますよ?

彼のことなんか放っておいたほうが、彼と復縁できる可能性が高まる。それだけでもまず嬉しいですね。

もし万が一、それでもやっぱり彼と復縁できなかったとしても、それはそれで「彼のことなんか放っておけてる自分」になれているわけですから、他のことで自分の人生を充実させることができているはずです。

どっちに転んだとしても、最高の人生です。

 

今のその気持ちは、ぜひどこかにメモっておいてください。

おそらく今後しばらくは、「彼のことほっとける自分になりたい」という気持ちと、「彼のこと気にしちゃう自分に戻りたい」という気持ちが交互にやってきます。

なかなかすぐには、思考の癖から抜け出せない状態が続くでしょう。

でもそういうとき、そのメモを見直すのです。

人間は誰でも、最後にこの場所に立っていたいというゴールだけ見えていれば、いつかは必ずそこにたどり着けます。

自分という人間の、こうありたい姿という道標を、いつでも気付きやすい形にしてどこか近くに置いておいてみましょう\(^o^)/

意外とそれだけでけっこう効果あるからね!

コメント以上となります!

  

ミルクティーさん

お返事ありがとうございます!

>相手のことを考えないで自分の要求だけ告げるのは小学生のすることです。
相手に配慮しすぎて自分の要求を隠すのは、中高生のすることです。
真の大人は、相手に配慮しつつ自分の要求をしっかり伝える方法を工夫する人のことです。
そういうのを工夫する努力を最初から放棄してたら、コミュニケーションはうまくいきません!

↑、かなりガツンと来ました。。。そうですよね。。

 

>おそらく今後しばらくは、「彼のことほっとける自分になりたい」という気持ちと、「彼のこと気にしちゃう自分に戻りたい」という気持ちが交互にやってきます。

↑その通りで、なんだかとてもポジティブな気持ちになれているときと、

ずどーーーんってときと、結構波があります…

まだつらいですが、目標をメモして、忘れずにいたいです。

今回初めてタロットの依頼をしたのですが、タロットって不思議ですね。。。

そして今回、中川さんに依頼できてよかったです。

なんだか上手く言葉にできませんが、中川さんには、「占いに頼る」のではなく、「よりよい自分になるためには?」ということを教えていただきました。

中川さんと一緒に考えたことを生かし、楽しい毎日を過ごしています!という報告ができるよう頑張ってみます!

中川さんには感謝感謝です。。ありがとうございました!

今後もブログ等楽しみにしてます。

あ、おススメ頂いた書籍、買いました!

熟読します。。。

それでは、また…!