中川龍のブログ

Tarot & Hint



「背景」を知れば、ほとんどの相手は許せる。許せる理由が見えてくる。

スポンサードリンク

最近、どこかの芸能人が不倫をしたと話題になっている。

不倫。

それだけ聞けば、誰もが「悪い」と感じるかもしれない。

しかし本当にその人がただ悪いだけなのだろうか。

そもそも不倫をした人は、なぜ不倫をしたのだろうか。

その背景には、何があったのだろうか。

 

僕達は、彼女の背景を知らない。

ならば、それが本当に「同情の余地もないほど悪いことなのか」は、判断できないのではないだろうか。

 

f:id:noabooon:20160113202934j:plain

 

スティーブン・R・コヴィー著の「七つの習慣」の中で、こんなエピソードがある。

 

ある日曜日の朝、ニューヨークの地下鉄で体験した小さなパラダイムシフトを、私は今も覚えている。

乗客は皆黙って座っていた。

新聞を読む人、物思いにふける人、目を閉じて休んでいる人。

車内は静かで平和そのものだった。

そこに突然、一人の男性が子どもたちを連れて乗り込んできた。

子どもたちは大声で騒ぎだし、車内の平穏は一瞬にして破れた。

男性は私の隣に座り、目を閉じていた。

この状況にまったく気づいていないようだ。

子どもたちは大声で言い争い、物を投げ、あげくに乗客の新聞まで奪いとるありさまだ。

迷惑この上ない子どもたちの振る舞いに、男性は何もしようとしない。

私は苛立ちを抑えようにも抑えられなかった。

自分の子どもたちの傍若無人ぶりを放っておき、親として何の責任も取ろうとしない彼の態度が信じられなかった。

他の乗客たちもイライラしているようだった。

私は精一杯穏やかに、「お子さんたちが皆さんの迷惑になっていますよ。少しおとなしくさせていただけませんか」と忠告した。

男性は目を開け、子どもたちの様子に初めて気づいたかのような表情を浮かべ、そして、言った。

 

「ああ、そうですね。どうにかしないといけませんね……病院の帰りなんです。一時間ほど前、あの子たちの母親が亡くなって……これからどうしたらいいのか……あの子たちも動揺しているんでしょう……」

 

その瞬間の私の気持ちを想像できるだろうか。

私のパラダイムは一瞬にしてシフトした。

突然、子どもたちの様子がまったく違って見えたのだ。

違って見えたから、考えも、感情も、行動も変化した。

私の苛立ちは消えてなくなり、態度や行動を無理に抑える必要はなくなった。

私は男性の苦しみに共感し、同情と哀れみの感情がとめどなくあふれ出た。

 

「奥様が亡くなられたとは……お気の毒に。さしつかえなければ話していただけますか?何か私にできることはありませんか?」

すべてが一瞬にして変わったのである。

 

このエピソードも、「背景」を知らなければ、ただ「大暴れしている子供達」と「それを叱りもしない無責任な父親」に見える図だ。

しかし蓋を開けてみればその背景には、「母親を失い途方に暮れている残された者達」という背景が見えてくる。

 

誰かが憎くなるときって、わりとこんなもんであることが多い。

実はただ「その相手の背景が見えていないだけ」だった。 

どんなに憎たらしい誰かでも、どんなに卑劣な悪党でも、詳しい背景を知れば、必ずこれまでと違う何かが見えてくる。

 

このことを知っているかどうかで、日常生活の見え方も大きく変わってくる。

このことを知っている人間にとっては、誰かの悪事や欠点とは、ただ「自分が背景を知らないからそう感じるかもしれないだけの行為」となるので、とくにムカつくこともなくなる。

無理に抑えようとせずとも、自然と怒りが湧いてこなくなる。

誰かの悪事や欠点に怒りを感じているのは、いつだってこの法則を知らない者達だけだ。

 

怒りを感じることが必ずしも悪いわけではないし、怒りそのものを否定するわけでもない。

ただ、「人間は自分で思っているよりもはるかに、見えていないことも多い」ということを、しっかり前提として踏まえておくことは大切だと思う。

そこを忘れてしまえば、本質からは外れてしまう。

目に見えるものだけに惑わされてしまう。

 

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

 

 

おしまい( `・ω・´)