読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中川龍のブログ

Tarot & Hint


  • タロット占いについて
  • 通話対面セッション
  • メールセッション


タロット占いのやり方に正解はない

タロット占いの教科書

これからタロット占いを学びたいあなたへ

f:id:noabooon:20160124171123j:plain

 

タロット占いのやり方に正解はない

もしあなたが、これからタロット占いを勉強したいと考えているのであれば、まず最初に踏まえておくべきことがあります。

それは、「タロット占いのやり方に正解はない」ということです。

 

各カードの意味にすら、厳密な定義などない

タロットの解説本を何冊か買ってみましょう。

それぞれを読み比べてみましょう。

すると、そこに書いてある内容は著者によってバラバラであることに気付きます。

みんなそれぞれの立場で、好きなことを言ってます。

 

例えばある本では、ソードの7は「盗み・嘘・裏切りを意味している」と書いています。

しかしまた別の本では、ソードの7は「トリッキーに振る舞えという意味だ」と書いてあります。

人によっては各カードに意味なんてなくて、答えは「絵から感じろだ」と言う人もいます。

Aという本では良い意味だったカードが、Bという本では悪い意味で書いてあったりする。

こんなことがタロットカードの解釈ではよくあります。

 

ここで多くの初心者さんは、「どれが正しいの?」と混乱してしまい、挫折することが多いようですね。

はい、実はこれに関しては、正解がありません。

でもそれでいいんです。

タロット占いには厳密なルールが存在しない

だからルールは、個々人がそれぞれ自由に作っていい。

それがタロット占いです。

タロットって、すごく自由な占いなのです。

 

タロットには他の占いにはない面白い特徴があります。

それは、「使う人の理解や解釈に沿ってカードが示される」という点です。

タロット関連の書籍をいくつも調べると、全く違う意味が書かれていることがよくあります。

それは、視点や解釈の違いによるものではないでしょうか。

「こうでなければならない」という厳密な決まりはありません。

自分の中でベースを作ったあとは、タロットは発想次第でいくらでも自由に使うことができます。

ぜひ、タロットの世界を楽しんでください。

by「一歩進んだタロット読本 大アルカナ22枚」より

 

一歩進んだタロット読本 大アルカナ22枚

一歩進んだタロット読本 大アルカナ22枚

 

 

そもそもタロット占いとは「偶然性によって生じた結果に意味がある」と考える占いです。

ということは、「出たカードに対して占者がどういうインスピレーションを感じるか?」も、そのときの偶然性を構成する要素の一つだと考えます。

だから、人によってカードの解釈はバラバラで良いのです。

 

自分自身のインスピレーションだって、年月が過ぎれば変化する

僕はわりところころカードの解釈の仕方を変えています。

僕のブログの公開鑑定を見てもらえればわかるように、最初のほうの記事と最新の記事では、同じカードでも解釈の仕方がだいぶ変わっています。

でもこれもオッケーなのです。

 

当時の僕には、このカードはこういう意味と考えたほうがしっくりきた。

ならそれが、そのときの正解だったのです。

今の僕には、このカードはこういう意味と捉えたほうがしっくりくる。

ならそれが、今の正解なのです。

カードの意味は人によって変化する。

そして同じ人間の中ですらも、年月が過ぎれば変化するものなのです。

 

初心者がタロット占いをするときは、誰かの「基準」に頼ってみよう

とはいえ、「なんでもオッケーだよ」と言われてしまうと、初心者の方にとっては逆に難しく感じるかもしれません。

そういう人は、占いを開始する前にまず「今回はこの本のやり方・解釈でやる」というのを決めてみましょう。

このことはとても重要なのに、どのタロット解説本にも書かれていません。

 

例えば僕の場合、僕はすでにプロなので「自分の中にあるやり方・カード解釈で占う」と、いつも決めています。

その上で、占っています。

しかし初心者の方の場合は、まだ自分独自の「やり方・カード解釈」が定まってないでしょうから、そこは素直に誰かの書いた「本やwebサイト」に頼りましょう。

誰かのタロット解説本なり、タロット解説サイトなりを、どれでもいいので一つ選んでください。

本当にどれでもいいです。

これだと感じた好きなものを選びましょう。

そしたらそれが、今回のやり方です。

カード解釈の基準です。

 

いまあなたは、「そんな適当な決め方で本当にいいの?」と思ったかもしれません。

大丈夫。

何も問題ありません。

 

タロット占いは「偶然性によって生じた結果に意味がある」と考える占いです。

ということは、その時のあなたが「なんとなく選んだ本・サイト」も、そのときの「偶然」を構成する要素の一つだと考えます。

 

多くのタロット初心者が、いくつかの解説書を読んだところで「挫折」してしまうのは、この「タロット占いに厳密な定義はない」という前提を知らないからです。

そういう人は、前提を変えてみましょう。

  • 解釈は人それぞれバラバラでもいい。
  • 過去の自分と今の自分で、解釈を変えてしまってもいい。

この二つを踏まえた上で、タロットを勉強してみましょう。

そうすればきっと、あなたもタロット占いが楽しくなっていくはずです。

 

こちらの記事も参考にどうぞ!

www.dshocker.com