中川龍のブログ

Tarot & Hint



「どこに力を入れるか」ではなく「どこの力を抜くか」が大事。by中谷彰宏

スポンサードリンク

考えすぎてがんじがらめになっているあなたへ。

f:id:noabooon:20141212204847j:plain

 

 

何か悩みがあるとき、多くの人は「今に何かを加えること」で解決しようとする。

 

彼が振り向いてくれない。

振り向いてもらうためには、私はさらに何をすればいいだろう。。。。

 

ビジネスがうまくいってない。

何か新しい企画を考えなければ。。。。

 

しかし実は、そう考えていること自体がすでに「解決しない思考」なのかもしれない。

なぜなら悩みの答えが出るときって、「何かを加えること」ではなく、「何かを減らすこと」で解決するほうが圧倒的に多いからだ。

 

中谷彰宏氏はこう語る。

ゴルフのレッスンでも、コーチャーはその人が持っているヘンなクセを取り除きます。

ボイストレーニングも、その人が声を出す時にヘンにかかっている力を抜く作業をしているのです。

「どこに力を入れればいいか」ではなく、「どこの力を抜いていくか」に目を向けることです。

仕事でも、すでに十分頑張っているのにうまくいかない人がいます。

それは、ヘンなところに力が入っているからです。

by「シンプルな人はうまくいく」より

 

そう、悩むときとはだいたい頑張りどころを間違えていることが多い。

力をかけなくていいところに力をいれているから、うまくいかないし、疲れる。

疲れるからさらにどんどん悪い状況になる。

悩みのほとんどは、こうして生まれる。

 

というわけで、思い切って手放してみよう。

今の時点で力を入れている何かを思い切って手放してみる、手を抜いてみる、放り捨ててみる、投げ出してみる、そういう方法を考えてみよう。

そのほうが絶対に、「スッとする答え」が出てくる。

 

「そんなことしたら、さらに状況が悪くなるかもしれない。。。」と不安に感じる人もいるかもしれないが、これはもう「大丈夫だから信じてみて」としか言いようがない。

そう、意外と大丈夫なんだ。

「これを捨てたら終わるに違いない」と思い込んでいるものの9割は、実はただの思い込みで、それを捨てたところで何も変わらないことが多い。

 

昔の僕は、「ブログを更新し続けなければアクセス数が維持できない」と恐れて毎日更新することに固執していた時期があった。

しかしふと気まぐれで、「やる気が出ない時はもう書かない!」「書きたいときだけ書く!」という方針に変更してみた。

それでもアクセス数はさほど変わらなかった。

よく考えてみればこのブログはもともと検索流入がメインだったので、そりゃそうなって当たり前なんだ。

どうしてこんな簡単なことに、今まで気づかなかったのか。

 

少し前に、「私はこんなに尽くしているのに、彼は私のことを全く大切にしてくれない」という女性から相談を受けた。

僕は彼女に、「尽くすのやめてごらん」とアドバイスした。

彼女は「そんなことしたら彼に嫌われてしまうかもしれない」と恐れていたが、それをなんとか説得して、やめさせてみた。

すると「尽くすのをやめてから」のほうが、彼の反応がとても優しく、愛情深いものになったそうだ。

過剰に尽くし過ぎれば、相手としても「何かお返しをしなければならないのかな…」というプレッシャーを感じるだろう。

するとなんとなく、一緒にいることが楽しくないと感じるかもしれない。

だからこれまでの彼は、なんとなく彼女のことを冷たくあしらっていたのではないだろうか。

つまり自分では「彼に嫌われないために」と思ってしていた行動が、むしろ「彼に嫌われる原因」になっていたというわけだ。

 

今こだわっていることを、思い切って手放してみよう。

すると、意外と「何も変わらない」ことに気付く。

人生てそんなものだ。

むしろ何かがうまくいかないときって、そういう「捨てたとしても変わらない程度のもの」に気付かず必死こいて頑張ってるから、うまくいかない流れを作ってしまうのだと思う。

 

というわけで、何かがうまくいかないときは「何か加えるか?」ではなく、まず「何を捨てるか?」から考えてみよう。

きっとそのほうが、新しい流れを作れるはずだ。

 

仕事や人間関係、恋愛でうまくいかないのは、複雑にするからです。

複雑にするから、疲れるし、うまくいかないのです。

シンプルな人は、よけいなことはしません。

よけいなモノも、持ちません。

だから、迷わない。

ストレスもありません。

身の回りや心の中のゴテゴテを捨てることで、シンプルになれるのです。

「シンプルな人はうまくいく」より

 

シンプルな人は、うまくいく。

シンプルな人は、うまくいく。

 

 

おしまい( `・ω・´)