「愛はいかなる事業においても成功に導く最大の秘密である」by巻物

スポンサードリンク

事業を成功するにはどうすればいいか。

恋愛を成就させるにはどうすればいいか。

 

生きていれば多くの目標が生まれるものです。

人生とは「目標」と「達成or挫折」の繰り返しといっても他ならないでしょう。

 

では目標を達成し続けていくために必要なことはなんでしょう?

…その答えは、「愛」なのかもしれません。

 

世界最強の商人<世界最強の商人> (角川文庫)

世界最強の商人<世界最強の商人> (角川文庫)

  • 作者: オグ・マンディーノ,山川紘矢,山川亜希子
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2014/11/22
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

「世界最強の商人」の第9章、最強商人になるための巻物の「第2巻」には以下のように書かれています。

 

私は今日という日を心からの愛をもって迎えよう。

なぜならば、愛はいかなる事業においても成功に導く最大の秘密だからだ。 

腕力は盾を打ち破り、人を殺すことができるが、人の心を開くのは目に見えない愛の力だけである。

この愛の技術を学ばない限り、私はただの行商人の域を出ることができない。

私は愛を最大の武器にしよう。

そうすれば、私が訪問する人はみな私の愛の力に抵抗できないだろう。

私の説明に人々は納得しないかもしれない。

私の話を人々は信用しないかもしれない。

私の服装を人々は好きになれないかもしれない。

私の顔つきを人々は気に入らないかもしれない。

私の取引を人々は疑うかもしれない。

しかし、私が愛をもって人々に接しさえすれば、どんなに凍りついた地面でも溶かしてしまう太陽のように、私の愛はすべての人々の心を温めて開いてゆくだろう。

 

私は今日という日を心からの愛をもって迎えよう。

では、どうすれば私はそのように行うことができるのだろうか?

これからは、私はすべてのものを愛をもって見よう。

そして私は新しく生まれるのだ。私は太陽を愛する。

なぜならば太陽は私の身体を温めてくれるからだ。

しかし、私は雨も愛する。

なぜならば雨は私の心を洗い清めてくれるからだ。

私は光を愛する。

なぜならばそれは私に道を示してくれるからだ。

しかし、私は暗闇も愛する。

なぜならばそれは私に星を見せてくれるからだ。

私は幸福を歓迎する。

なぜならばそれは私の心を広げてくれるからだ。

しかし、私は悲しみにも耐えよう。

なぜならばそれは私の魂を開いてくれるからだ。

私は報酬を喜んで受けとろう。

なぜならば私はそれを受けとるに値するからだ。

しかし、私は障害も歓迎しよう。

なぜならばそれらは私を鍛えてくれるからだ。

 

私は今日という日を心からの愛をもって迎えよう。

私はどのように話したらいいのだろうか?

私は私の敵を賞賛しよう。

そうすれば彼らは友人になるだろう。

私は友人を勇気づけよう。

そうすれば彼らは兄弟になるだろう。

私は常に人を賞賛する理由を探そう。

決して人の悪口を言わないようにしよう。

人を非難したくなったら、口をつぐもう。

人をほめたくなったら、屋根の上に立って大声で賞賛しよう。

私は今日という日を心からの愛をもって迎えよう。

鳥や、風や、海、そして大自然のすべてが、創造主を褒め称える音楽を奏でてはいないだろうか?

私も同じ音楽で神の子供たちと話すことができないだろうか?

これからは、私はこの秘密を覚えていよう。

そうすれば、この秘密が私の人生を変えるだろう。 

 

自分を愛するから、己の価値に気付ける。

他者を愛するから、己の価値を惜しみなく分け与えることができる。

困難を愛するから、それは成長するための試練としか感じられず怖くない。

幸福を愛するから、幸せなとき素直にそれを喜ぶことができる。

 

うん、やっぱ全ては愛なんだろうと思いました。

多分これはすべてのことに適用できる、不変の原理です。

事業の成功するためには愛が必要だし、恋愛を成就するにもやはり愛(相手への愛情だけではなく自分のことも愛する感覚や今に感謝できる心とか全て含めての愛)が必要。

資格取得のための勉強でも、なんらかの自己実現でも、人生に発生しうるあらゆる目標達成に必要なものは、究極的にはなんだと思います。

おそらく、愛があればどんなこともできる。

 

うん、すごくクサイなこの記事。。。笑

 

世界最強の商人<世界最強の商人> (角川文庫)

世界最強の商人<世界最強の商人> (角川文庫)

  • 作者: オグ・マンディーノ,山川紘矢,山川亜希子
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2014/11/22
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

おしまい( `・ω・´)