中川龍のブログ

Tarot & Hint



過去をどう感じるかは、「今の自分」の意志次第

スポンサードリンク

人は多くの場合、「過去の経験」によって今の自分が作られたと思います。

だから、今「素直になれない自分」に悩んでいる人は、過去の「素直になれなくなった経験」を探します。

例えば以下のようなものです。

  • 「私は両親に愛されなかった」
  • 「だから今こんなにも素直になれない性格になってしまった」

しかしこれは、アドラー心理学的に解釈すると「間違っている」ことになります。

 

アドラーによれば、これは以下のように解釈します。

  • この人は「素直になれない」のではなく、素直になりたくないだけ。そこになんらかのメリットを見出している。
  • しかしそれだと自分の責任になってしまうから、それは避けたい。
  • そこで、「自分のせいではないと思い込める根拠」として、過去の経験を利用しているだけ

 

幸せになる勇気

幸せになる勇気

 

 

 

例えばこういうことです。

 

哲人

カウンセリングの事例をひとつ紹介しましょう。

ある男性をカウンセリングしていたとき、その方が子ども時代の思い出として「犬に襲われて足を噛まれた」という話をしました。

彼は、日ごろから母親に「野良犬に会ったらじっとしていなさい。逃げたら追いかけてくるから」と言われていたそうです。

昔は往来にたくさんの野良犬がいましたからね。

そしてある日、道ばたで野良犬に出会います。

一緒にいた友だちは逃げたのですが、彼は母親の言いつけを守り、その場にじっとしていました。

ところが野良犬に襲われ、足を噛まれたのです。

 

青年

先生はその記憶が、捏造された嘘だと?

 

哲人

嘘ではありません。

事実噛まれたのでしょう。

しかし、そのエピソードには続きがあるはずです。

カウンセリングの回を重ねるなかで彼は、続きの物語を思い出しました。

犬に噛まれてうずくまっていたところ、自転車で通りがかった男性が彼を助け起こし、そのまま病院まで連れて行ってくれたと。

カウンセリングの初期、彼は「世界は危険なところであり、人々はわたしの敵である」というライフスタイル(世界観)を持っていました。

その彼にとって、犬に噛まれた記憶は、この世界が危険に満ちた場所であることを象徴する出来事だったのです。

しかし、少しずつ「世界は安全なところであり、人々はわたしの仲間である」と考えるようになってきたとき、それを裏付けるようなエピソードが掘り起こされていきました。

by「幸せになる勇気」より

 

このエピソードは、「犬に噛まれたエピソード」と考えることもできれば、「通りすがりの誰かに助けてもらったエピソード」と考えることもできます。

そしてそれを選択しているの「今の自分」です。

 

外の世界に出たくないと考えているうちは、この過去が「犬に噛まれたエピソード」として残っていた。

しかし徐々に「外の世界に出てみたい」という意志が湧いてからは、「誰かに助けてもらえたエピソード」に変化した。

このように、過去をどう感じるかは、結局は「今の自分」の「意志」次第だということです。

 

「ネガティブ思考をやめることができない」という人は、そういうトラウマがあったからではなく、今の自分がネガティブであることを望んでいるから。

そのほうが楽になっている一面があるから。

(例えば期待しないで済むから傷つかないで済むとか…)

だから、ネガティブ思考をやめないと決断しているだけなのです。

 

「自分に自信をもてない」という人は、そういうトラウマがあったからではなく、今の自分が自信をもてないことを望んでいるから。

そのほうが楽になっている一面があるから。

(例えば自分で意思決定しないで済むからいつでも人に流されていればそれでいいから楽とか…)

だから、自分に自信を持たないと決断しているだけなのです。

 

 

というわけで、まずは過去から解放されましょう。

どんな過去も、良い話だと考えることもできれば、悪い話だと考えることもできる。

それは自分の見方次第なのです。

 

過去に解放されたうえで、改めて今の自分がどうしたいかを考えてみましょう。

ネガティブ思考をやめたいと思うのであれば、自分がそうなれると思える根拠を探してみる。

自信をもてない自分をやめたいのであれば、自分がそうなれると思える根拠を探してみる。

どうせ根拠に客観性はない。

だったら、自分の意志によって望んだ通りの意味づけをどんどん行ってしまえばいい。

そうすれば、人生は無限大に自由であることに気付く。

こういう思考をすることこそが、本当の意味での「人生を選ぶ」ということなのかもしれません。

 

幸せになる勇気

幸せになる勇気

 

 

おしまい( `・ω・´)