好きな人から連絡先を聞いてもらえたのに、恥ずかしくなって拒否するようなヘタレです。。。恋愛にアドバイスをください。。。

スポンサードリンク

本日の相談者

  • ニックネームめい
  • 25歳
  • IT関連
  • クールな性格のくせに動物がいるとデレになっちゃいます

どうしても好きな気持ちをとめられない人がいます。

知り合って1年半の同じフロアで働いている人です。(取引先の人)

私は初めて会った時から気になっていて、知り合って3ヶ月位した時に相手もなんとなく気になってくれている雰囲気がありました。

ですが自分の恋愛偏差値が低いのと私が地味な性格で人見知りなのに対し彼はチャラいというか社交的な性格で自分と合わないな、と思い全然距離を縮められず。。。

バレンタインに連絡先教えて下さい!と手紙書いたら嬉しそうに絶対聞きに行くね!と言ってくれたにも関わらず、いざ聞きに来てくれたら恥ずかしくなってしまい拒否するヘタレさです。。

それからは月に1回位仕事の話す程度になってしまい、距離が離れ私にも別の彼氏ができました。

彼氏とは気が合い大切にしてくれているのは分かるのですが、どうしても気になる彼を忘れる事が出来ません。最近はまた前の様に話す機会か増えてますます気持ちがゆれてしまいます。

彼氏には申し訳ないのですが出来れば好きな人と付き合いたい。

アドバイスをお願いします!!

長文失礼しました。

 

The English Magic Tarot

The English Magic Tarot

 

  

 

占い前のカウンセリング 

中川龍

こんにちわー!

今回は占いの依頼を頂き、ありがとうございます\(^o^)/

さて相談内容を読ませて頂きました!

なるほど!つまり片思い相談というわけですね( ´ ω `)

うんうん、それではこれから「この恋を成就する方法」を僕と一緒に考えていきましょー!

では早速占いに入っていこうと思いますが、その前に少し会話をさせて下さい。

この会話によって、お客様が「悩んでいるポイント」はどこなのかを整理したり、あるいはお客様の「本気度」を確かめさせてもらっています!

それらを踏まえた上で、改めて「占いへの問い」を決定します。

こうしたほうが、より「本当に悩んでいること」への答えが見出せるので、お手数をおかけし申し訳ありませんが、お付き合い頂けますようお願い致します。

というわけで何点か質問させてください( ´ ω `)

 

  • まず、今の彼氏さんとは別れましたか?

今回の相談内容は、「知り合って1年半の同じフロアで働いている人(今後は仮にAさんと呼ぶことにします)」への片思いとのことでした。

なるほど。

では彼と付き合うためには、まず何が必要でしょう?

それは、「今の彼氏さんと別れること」でしょう。

そうでなければ、そもそも付き合うとか以前の段階となってしまいます。

(彼氏さんのことは今後はBさんと呼ぶことにします)

というわけで聞きたいのですが、Bさんとはもう別れましたか?

あるいは、別れるためのアクションをすでに何か行いましたか?

もし何かしているのであれば、何をしたか教えてください。

もしまだ何もしていないのであれば、どうして何もしなかったかを教えてください。

 

  • ご自身ではこれからどうすべきと思いますか?

それがわからないからタロットに聞いてるんじゃないかって話かもしれませんが、ひとまず現時点で浮かぶもので結構です。

今の「Aさんと付き合いたい」という目標に対して、ご自身ではこれからどうすべきだと思いますか?

どうすればこの目標が達せれると思いますか?

そのための障害になっていることは何でしょうか?

それに対して、今の自分は何ができるでしょうか?

そういうのをざっくりとまとめてみてください!

質問は以上2点となります!

どうぞよろしくお願いしますー!

 

めいさん 

ご連絡ありがとうございます!!

ご質問心にガツンときました。

本当にありがとうございます。

 

①素直に答えますと、現在別れるために何か具体的行動はできてないです。

出来てない理由はどこかで彼の事と別れたら後悔するんじゃないかと思う自分がいるから、そしてもし別れて更に失敗したら傷つくのが怖いという自分本位すぎる考えがあるからだと思いました。

質問を言われて1日考えてみて、出た結論があまりに本気度が低くズルい自分に気づきました。

 

②自分の障害は《周りの目を気にすると受け身》です。

今までも自分を好きになってくれた人としか付き合った事がなく、自分から動くのが苦手。

彼と関係を進めるなら自分からAに声をかけ彼が好きな事やパートナーにのぞんでいる事を聞き出してそれに即して行動するのが一番近道かと思います。

質問された時にリスクを取らない方法でなんか上手くいく方法ないかなと思ってた自分がいたと思います。

占いに対して真摯な姿勢を汚してしまうようですみません。

色々考えてみて思った事はAへの抑えられない感情を通して受け身でなんとなく色んな物をもらうのではなく自分の欲しいと思った物を自分の力で勝ち取れる人になりたいという事なのかな。。

そのために向き合う道標が欲しいのかな。と

思いました。

もはや恋愛相談でもなんでもない事になりましたが本気で考えた結果がこれです´д` ;

甘いと言われる事は承知の上でご連絡します。

よろしくお願いします!

 

中川龍 

こんちわー!

どうもですー!

コメントさせていただきますー!

 

>>①素直に答えますと、現在別れるために何か具体的行動はできてないです。出来てない理由はどこかで彼の事と別れたら後悔するんじゃないかと思う自分がいるから、そしてもし別れて更に失敗したら傷つくのが怖いという自分本位すぎる考えがあるからだと思いました。

 

なるほどー!

まあ、これは確かにずるいですね笑

けして本気になっているとはいえないでしょう。

でもだからといって、「自分はなんて悪い子なんだ」とへこむことはないです。

人間なんて誰だって弱い部分があるものです。

それをいちいち「罪」だとしていたら、この地球上のすべての人を裁かなければいけなくなります。

だから、そのことをそこまで「自己嫌悪」する必要はないです。

 

ただ、もしめいさんがこれから本気でAさんと付き合いたいのであれば、そのままでは成功しないと思います。

そもそも、冷静になって考えてみましょう。

前回、めいさんが失敗した理由はなんでしたっけ?

 

それは、以下のようなものだったはずです。

>>バレンタインに連絡先教えて下さい!と手紙書いたら嬉しそうに絶対聞きに行くね!と言ってくれたにも関わらず、いざ聞きに来てくれたら恥ずかしくなってしまい拒否するヘタレさです。。

 

つまり、「ヘタレだったから失敗した」わけですね。

では、今のめいさんはどうでしょう?

ヘタレな自分を克服できましたか?

おそらく、変わってないはずです。

だって、「Aさんのこと好きだけど、失敗して傷つくの怖いからBさんとも別れない」という選択をしている時点で、変わってないですよね?笑

前回、めいさんはヘタレだったことによって失敗している。

なのに今のめいさんは、ヘタレた自分のまま、再度Aさんに突撃しようとしている。

これでは、うまくいかないと思うのですが、いかがでしょうか!

 

というわけで、ここまでを少し整理しましょう。

 

現状

めいさんは、恋愛に対してとても臆病です。

一言で言うとヘタレです。

それによって前回、 Aさんと進展できませんでした。

 

ではこれからどうすべきか?

もしめいさんが本気でAさんと付き合いたいのであれば、まずは「ヘタレた自分をやめる」必要になります。

ではどうすれば、ヘタレた自分をやめることができるでしょうか。

 

その答えは、「実際に行動すること」です。

 

参考リンク

www.dshocker.com

 

今めいさんは、「ヘタレだから行動できない」と思っているかもしれません。

でもそれは逆なのです(´・ω・`)

 

行動しないから、経験が蓄積されない。

経験が蓄積されないから、判断基準がない。

判断基準がないから、自信をもって判断できない。

つまり、行動しないから自分に自信がつかないのです。

 

というわけで、ヘタレた自分を変える方法は、「今すぐヘタレてない行動をとること」となります。

具体的には今回の場合は、「今すぐBさんと別れること」になります。

そういう行動をいくつか繰り返していけば、少しずつ自分の中に「これは大丈夫」「これは危険」という「判断基準」が出てくるので、徐々に自分に自信をもてるようになります。

それによって、「ヘタレてない自分」になることができます。

 

つまりまとめると

  • もしめいさんが本気でAさんと付き合いたいのであれば、まずは「ヘタレた自分をやめる必要がある」=「今すぐBさんと別れる必要がある」

ということになります。

どうでしょう?

できそうですか?

 

もしできそうだったら、立派です!

今すぐ行動しましょう。(つまりBさんと別れてきましょう)

そうすることによって、ひとまず「ヘタレた自分をやめる第一歩」は踏みだせるはずです。

それだけでAさんと即付き合えるというわけではないですが、そのスタートラインには立てます。

その上で改めて、「Aさんと付き合うためにこれからどうすべきか」という問いで、タロット占いをしてみましょう。

きっと何か良い啓示がもらえるはずです。

 

もし、「やっぱり怖くてそんなことは出来ない」というのであれば、ここからは選択肢が二つあります。

一つは、Aさんのことはもう綺麗さっぱり諦めることです。

ただしこれだと、占いに問いたいことが無くなっちゃいますね笑

めいさんのヘタレた姿勢をそのまま放置することにもなります。

そういう意味でも、このチョイスはあまりおすすめしません。

 

もう一つの選択肢は、「具体的な行動はまだせずに少し様子を見る」「その間に自分がどうしてそんなにヘタレなのかを掘り下げてみる」「その原因を探ってみる」「ヘタレではない自分になるためにはどういう思考が必要なのかを一緒に考えてみる」です。

こちらを選択される場合は、僕も一緒に協力しますので、これから何回かメールのやり取りを繰り返して、道筋を見出してみましょう。

以上、めいさんとしてはどのコースが望ましいでしょうか?

ゆっくり考えてみてください!

よろしくお願い致します!

 

めいさん 

返信ありがとうございます!

ヘタレと言われて逆にすっきりしちゃいました笑

そうですね!

行動出来ないから自信が無いのだと思います。

お手数ですが、3番でお願いしたいです。

ちなみに人間関係全般に対してとかく自信が無いです。

もう物心ついた時から恐怖心が凄く、直感で大丈夫と思う人以外の前では思った事が言えません。

家族だと父親は大丈夫ですが母親に言えなくなる事が多かったです。(今は結構言えます)

よろしくお願いします!

 

中川龍

こんにちわー!

了解ですー!

では何点か質問させてくださいー!

 

1:「失敗することの何が怖いのでしょう?」

今回、結論としては「Bさんとはまだ別れない」という選択肢をめいさんはチョイスされました。

ということは、「もし別れて更に失敗したら傷つくのが怖い」という思いから抜け出すことができなかったことを意味します。

では聞きたいのですが、「さらに失敗する」とは、具体的に何が起きるのでしょう?

それが起きると、具体的にどういう不利益が発生するのでしょう?

 

2:「しゃべることの何が怖いのでしょう?」

>>もう物心ついた時から恐怖心が凄く、直感で大丈夫と思う人以外の前では思った事が言えません。

という話がありました。

これに関しても「では具体的に何が怖いのか」を考えてみてください。

めいさんが自分の思っていることを素直に語ると、具体的にどういう状況が発生する可能性を感じるのでしょう?

それが起きると、具体的にどういう不利益がめいさんに発生するのでしょう?

 

3:自分では何か思い当たる経験はありますか?

こういう経験があったから、今のようになってしまった。

そう思い当たる経験が、何かあれば教えてください。

 

質問は以上となりますー

よろしくです!

 

めいさん 

 早い返信ありがとうございます!!

 

1.失敗=ふられること

不利益=それによって自分を理解してくれている彼氏を失う事

自分に安定をくれる人がいなくなる

 

2.自分を受け入れてもらえない可能性を考えてます

不利益=寂しいとか辛い気持ちで不安定になる

 

3.んーいっぱいありますけど

小学校くらいが思い出せる最初ですかね?

元々自由に自分を表現していてそれが結構周りに受け入れられていないのが相手の表情や雰囲気から感じる事が多かったです。

社会性が低かったんだと思います。

相手に受け入れられる個性の出し方より自分が自分のやりたいように表現してた気がします。

自分の事話さない方がより人を不安にさせる気がしたのは最近分かってきましたが(^^;;

反射的に傷つきたくなくて心閉じちゃいますね。

もはやカウンセリングですね

ありがとうございます!

よろしくお願いします!

 

中川龍 

こんにちわー!

 

>>1.失敗=ふられること

>>不利益=それによって自分を理解してくれている彼氏を失う事
>>自分に安定をくれる人がいなくなる

なるほど。

では逆に聞きたいです。

今めいさんは「彼氏がいないと」「私に安定をくれる人がいなくなる」「つまり私は彼氏がいなければ不安定になってしまう」と語っています。

でもそれ、本当ですか?

 

今のめいさんには「Bさんという彼氏」がいます。

だったら、もしめいさんの言ってることが正しいのであれば、今のめいさんはもっと「心が安定した人間」になっているはずです。

しかし、今のめいさんって、そんなに安定していますか?

僕にはそうは見えません。

少なくとも、「やはりAさんが好きかも」と言い出しています。

そのわりにBさんとの関係をしっかり切ろうともしていない。

とても中途半端なことをしている。

そのことを突っ込んだところ、「自分は身勝手な人間だった」と反省はしていましたが、それでもやっぱり「別れることは怖いから決断できません」と言っている。

じゃあAさんを諦めますか?という提案も前回行っているのですが、それもチョイスしていない。

つまり「ここまで理解できていても、それでもやっぱりAさんのことを綺麗さっぱり諦めることはできない」としている。

 

これって、まったくもって「心が安定してない人間の思考」だと思うのですが、いかがでしょうか?

はっきり言いましょう。

真実はこうではないでしょうか?

 

「彼氏がいてもいなくても、
 めいさんは変わらず不安定な人間のままである」

 

以上から僕は、以下のように分析します。

 

  • 「自分に安定をくれる人がいなくなることが怖いから」「しっかりBさんと別れてからAさんを追うことができない」というのは嘘。
  • そういうことにしておいたほうが、「自分の心が安定しない理由」を、環境のせいにすることができるので楽なので、そうしているだけ。

 

これはもう少し深掘りすると、こういうことでもあります。

  • めいさんが心からそう望むのであれば、めいさんは彼氏がいようがいまいが今すぐにでも安定した人間になることができる
  • 今のめいさんが「安定した人間」になることができていないのは、単純にめいさんがそういう自分になることを望んでいないから。
  • つまり今のめいさんは、「心が不安定な自分であることを望んでいる」ということ。

 

ではどうして、そういう自分を望むのでしょう?

僕のここまでの仮定が全て正しいとした場合、今のめいさんは「心が安定しない自分」「ヘタレな自分」「連絡先を自分から聞いたのにいざ教えてくれそうになったら拒否する自分」を望んでいることになります。

そんな自分を望むことで、どのようなメリットがあるのでしょうか?

その答えは、「傷つきたくない」だと思います。

嫌われる勇気という書籍の中で、こんなエピソードがあります。

 

哲人

わたしはこの書斎で、簡単なカウンセリングもおこなっています。そしてもう何年も前の話になりますが、ひとりの女学生がやってきました。

ええ、ちょうどあなたが座っている、その椅子です。

さて、彼女の悩みは赤面症でした。

人前に出ると赤面してしまう、どうしてもこの赤面症を治したい、といいます。

そこでわたしは聞きました。

「もしもその赤面症が治ったら、あなたはなにがしたいですか?」。

すると彼女は、お付き合いしたい男性がいる、と教えてくれました。

密かに思いを寄せつつも、まだ気持ちを打ち明けられない男性がいる。

赤面症が治った暁には、その彼に告白してお付き合いをしたいのだ、と。

 

青年

ひゅう!

いいですね、なんとも女学生らしい相談じゃありませんか。

意中の彼に告白するには、まず赤面症を治さなきゃいけない。

 

哲人

はたして、ほんとうにそうでしょうか?

わたしの見立ては違います。

どうして彼女は赤面症になったのか。

どうして赤面症は治らないのか。

それは、彼女自身が「赤面という症状を必要としている」からです。

 

青年

いやいや、なにをおっしゃいますか。

治してくれといっているのでしょう?

 

哲人

彼女にとって、いちばん怖ろしいこと、いちばん避けたいことはなんだと思いますか?

もちろん、その彼に振られてしまうことです。

失恋によって、「わたし」の存在や可能性をすべて否定されることです。

思春期の失恋には、そうした側面が強くありますからね。

ところが、赤面症をもっているかぎり、彼女は「わたしが彼とお付き合いできないのは、この赤面症があるからだ」と考えることができます。
告白の勇気を振り絞らずに済むし、たとえ振られようと自分を納得させることができる。

そして最終的には、「もしも赤面症が治ったらわたしだって……」と、可能性のなかに生きることができるのです。

 

青年

じゃあ、告白できずにいる自分への言い訳として、あるいは彼から振られたときの保険として、赤面症をこしらえてると?

 

哲人

端的にいうのなら、そうです

 

青年

おもしろい。

たしかにおもしろい解釈です。

しかしですね、仮にそうだとしたら、手の施しようがないじゃありませんか。
だって、彼女は赤面症を必要とし、しかも同時に赤面症に苦しめられているわけでしょう?

悩みは永遠に尽きません。

 

哲人

そこでわたしは、彼女とこんな話をしました。

「赤面症くらい、簡単に治りますよ」

「ほんとうですか?」

「でも、わたしは治しません」

「なぜ?」

「だって、あなたは赤面症があるおかげで、自分や世の中への不満、うまくいかない人生を納得させることができている。これは赤面症があるせいだ、とね」

「そんな……」

「でも、もしわたしが赤面症を治してさしあげたとして、それでも事態がなにひとつ変わらなかったら、あなたはどうしますか? きっと再びここを訪れて『赤面症に戻してください』といってくるでしょう。それはわたしの手には負えない相談なのです」と。

 

青年

ううむ。

 

哲人

彼女にかぎった話ではありません。受験生が「合格すれば人生バラ色になる」と考える。

会社員が「転職すればすべてうまくいく」と考える。

しかし、それらの願いがかなったにもかかわらず、事態がなにひとつ変わらないことは大いにありえます。

 

青年

たしかに。

 

哲人

赤面症を治してほしいという相談者が現れたとき、カウンセラーはその症状を治してはいけません。

そんなことをすれば、立ち直りはもっとむずかしくなるでしょう

アドラー心理学的な発想とは、そういうことです。

by「嫌われる勇気」より

 

このエピソード、赤面症のところを「ヘタレ」に置き換えれば、そのまま今のめいさんの状況と一致するように思うのですが、いかがでしょうか?

 

今のめいさんは、「誰かに嫌われることで傷つきたくない」から、ヘタレな自分を演じているのではないでしょうか。

少なくともめいさんは、ヘタレな自分であることによって、Aさんと連絡先を交換しないで済みました。

(連絡先を交換後思ったほどうまくいかなくて、彼に嫌われる可能性、それによって自分が傷つく可能性から逃げることができたということです)

 

ではどうすればいいか。

答えは、「誰かに嫌われることを恐れない人間になること」です。

そこへの恐怖がなくなれば、もうヘタレな自分を演じる必要もなくなります。

 

ではどうすれば、嫌われることを恐れない人間になることができるでしょうか?

それは、以下二つの事実を理解することです。

 

  1. 「そもそも誰にも嫌われないことなど不可能」
  2. 「同時に誰にも好かれないことも不可能」

 

まず1について説明します。

そもそも、誰にも嫌われないことなど、現実的に不可能です。

今めいさんは、「自分が思っていることをはっきり語れない」と言っていました。

 

>>もう物心ついた時から恐怖心が凄く、直感で大丈夫と思う人以外の前では思った事が言えません。

これに対して僕が質問したところ、「自分が思っていることを正直に語ることで、自分を受け入れてもらえない可能性が浮かんでしまう」「もしそうなれば、悲しいとか辛い気持ちが湧いてくる」と語られていました。

じゃあ、そうやって自分が思ったことを語らずに生きた結果、今のめいさんは「誰にも嫌われない自分」になることができましたか?

できていないでしょう。

自分が思ったことを言わなければ、今度は「あいつは何を考えているかよくわからない」「あーゆーやつは信用できない」と言われるかもしれません。

 

めいさん自身、こうおっしゃられていました。

>>自分の事話さない方がより人を不安にさせる気がしたのは最近分かってきましたが(^^;;

 

自分のことをバンバンしゃべってようが、嫌われるときは嫌われます。

自分のことを隠して黙って生きてても、嫌われるときは嫌われます。

人は生きている限り、誰にも嫌われないことは不可能なのです。

もし本気で「誰にも嫌われないこと」を達成するとしたら、それは自分が死ぬか、自分以外の他者を全員皆殺しにするしかありません。

 

この二つの方法以外では、「誰にも嫌われない」を達成することはできません。

以上から、「嫌われることを恐れること」は、すごく無意味なのです。

これに対して人間ができることは「覚悟すること」だけです。

  • 人は誰にも嫌われないことは不可能である。
  • だから、私は常に誰かに嫌われている可能性がある。
  • その事実を否定することはできないし、否定しても意味がない。
  • 覚悟し、受け止めるしかない。自分は今日も誰かに嫌われているかもしれないと。

 

次に二番について説明します。

「自分は常に誰かに嫌われているかもしれない」

その事実を覚悟して受け止めることができましたか?

 

では次に、もう一つの事実をお伝えしましょう。

人間は、「誰にも嫌われないことなど不可能」であると同時に、「誰にも好かれないことも不可能」です。

どんな悪人でも、ブサイクでも、無能者でも、パチンカスでも、その人のどこか良い一面を見てくれる誰かは必ずいるものです。

あるいは、「自分と似ている」というだけでも、人は相手に好意を抱きます。

であるなら、生きている限り「誰にも好かれないことも不可能」だということになります。

というわけで、今めいさんの周囲にも、めいさんのことを好きだと考えてくれる誰かがいるはずです。

それは友人かもしれません。

恋人かもしれません。

家族かもしれません。

会社の同僚かもしれません。

SNS上だけで繋がってる友人かもしれません。

どんな相手でもいい。

どんな相手でも、「めいさんの近くにいようとしてくれてる人」は絶対にいるはずです。

 

これら二つの事実を踏まえた上で、では考えてみてください。

  • 生きている限り、「嫌われること」も「好かれること」も避けることはできない。

だったら、嫌われることを恐れることにどんな意味があるのでしょうか?

もし誰かに嫌われたら、「あーこの人は私とは合わなかったんだな」というだけの話です。

その次に出会う誰かは、「自分と合う」かもしれません。

「自分を好いてくれる」かもしれません。

だったら、今自分のことを嫌っている誰かなんて、どうでもよくないですか?笑

それよりも、今自分のことを好きだと言ってくれる誰かと仲良くしてたほうが楽しいと思うのですが、いかがでしょうか。

 

ちなみに余談ですが、「嫌われることが怖い」と考える人の多くは、「好かれる自信がない」ということが多いです。

次に出会う他の誰かに好かれる自信がないから、今目の前にいる誰かに嫌われることが怖いと感じるわけです。

でも先ほども言いましたが、生きている限り「好かれないことは不可能」です。

だったら、恐れる意味がない。

「誰かに好かれる自信がない」と考えることは、空気がなくなるかもしれないと恐れ、少しずつしか呼吸しないように生きているのと同じです。

あまりに、「非現実的だ」ということです。

 

以上から、前回めいさんから送っていただいたこちらに対しては

>>2.自分を受け入れてもらえない可能性を考えてます
>>不利益=寂しいとか辛い気持ちで不安定になる

僕からのコメントは

「その恐怖は非現実的だからおちつきなさーい!!」

になります笑

 

以上、なんとなく思ったことをぽんぽーんと書いてみました。

過去の原因は正直ちょっとよくわかりませんでしたが、こんな風に考えればだいぶ「踏み出せる」ようにはなるかと思うのですが、いかがでしょうか?

 

まとめるとこういうことですね。

  • そもそも誰にも嫌われないことなんて不可能
  • 同時に誰にも好かれないことも不可能
  • 人は生きている限り常に、誰かに嫌われているし、同時に誰かに好かれている。
  • だったら嫌われることを恐れてヘタレな自分を演じる意味がない
  • だったら、今のヘタレな自分を今すぐやめても、何も問題は発生しないないはずだ。

 

最後に、めいさんが今のようになった「原因」についてコメントしておきます。

>>んーいっぱいありますけど小学校くらいが思い出せる最初ですかね?
>>元々自由に自分を表現していてそれが結構周りに受け入れられていないのが相手の表情や雰囲気から感じる事が多かったです。
>>社会性が低かったんだと思います。相手に受け入れられる個性の出し方より自分が自分のやりたいように表現してた気がします。

なるほど、すみませんがこれはおそらく理由じゃありません。

なぜなら、この文章からは情熱が一切感じられなかったからです。

本当に恐ろしかった体験なのであれば、もっとそういう表現になっていたはずです。

しかしめいさんから出てきたこの文章は、とても淡々としています。

 

めいさんは確かに、過去に何かショックな体験があったのかもしれません。

今の対人恐怖が芽生える最初のきっかけとなったのは、確かにその出来事のせいなのでしょう。

でも、今のめいさんがそういう自分のままで居続けている原因は、過去は関係ないんじゃないでしょうか?

今のめいさんが今のままであることを選択していることは、単純に自分自身が「これまで通りの自分を変えたくない」「変えることが怖い」「変えることがめんどくさい」だけではないでしょうか。

 

哲人

ある男性をカウンセリングしていたとき、その方が子ども時代の思い出として「犬に襲われて足を噛まれた」という話をしました。

彼は、日ごろから母親に「野良犬に会ったらじっとしていなさい。逃げたら追いかけてくるから」と言われていたそうです。

昔は往来にたくさんの野良犬がいましたからね。

そしてある日、道ばたで野良犬に出会います。

一緒にいた友だちは逃げたのですが、彼は母親の言いつけを守り、その場にじっとしていました。

ところが野良犬に襲われ、足を噛まれたのです。

青年

先生はその記憶が、捏造された嘘だと?


哲人

嘘ではありません。

事実噛まれたのでしょう。

しかし、そのエピソードには続きがあるはずです。

カウンセリングの回を重ねるなかで彼は、続きの物語を思い出しました。

犬に噛まれてうずくまっていたところ、自転車で通りがかった男性が彼を助け起こし、そのまま病院まで連れて行ってくれたと。

カウンセリングの初期、彼は「世界は危険なところであり、人々はわたしの敵である」というライフスタイル(世界観)を持っていました。

その彼にとって、犬に噛まれた記憶は、この世界が危険に満ちた場所であることを象徴する出来事だったのです。

しかし、少しずつ「世界は安全なところであり、人々はわたしの仲間である」と考えるようになってきたとき、それを裏付けるようなエピソードが掘り起こされていきました。

by「幸せになる勇気」より

 

この相談者のエピソードは、「犬に噛まれたエピソード」と考えることもできれば、「通りすがりの誰かに助けてもらったエピソード」と考えることもできます。

そしてそれを選択しているの「今の自分」です。

自分の中に「外の世界に出たくない」という意思があるうちは、この過去が「犬に噛まれたエピソード」として残っていた。

しかし徐々に「外の世界に出てみたい」という意志が湧いてからは、「誰かに助けてもらえたエピソード」に変化した。

このように、過去をどう感じるかは、結局は「今の自分」の「意志」次第だということがあります。

 

というわけでめいさんの場合も、「過去の記憶」に対してもう少し疑いを持ってみましょう。

今のめいさんは、「自分が対人恐怖になった原因と思われるエピソード」が「いっぱいある」と言ってました。

 

それらをまず、全て文章に書き出してください。

次に出てきたそれらのエピソードに対して、「何か良い出来事もなかったか?」と考えてみてください。

 

「学校の友人とうまくいかなかった」
→「その代わり学校以外の友人が優しくしてくれた」

みたいな感じで、何かしら「良い一面」はあったはずです。

めいさんの過去も、見方によっては「私が嫌われることを恐るようになった原因」としてみることも可能でしょうが、でもきっとしっかりと記憶をほじくり返してみれば、「誰かに嫌われたとしても他の誰かに愛されるから大丈夫だと信じられる原因」として見ることも可能になるはずです。

 

コメント以上となりますー!

どこかわかりづらい点や、納得できない点があれば教えてください。

なんでもけっこうですので、思うところをばんばん語ってみてください。

それによって改めて、今回の占いの軸を一緒に考えていこうと思います。

どうぞよろしくお願いしますー!

 

めいさん 

カウンセリングありがとうございます!

とりあえず…読んで泣きました笑

思った事どんどん書きます!!

 

不安定な自分に安心してる。。納得です。

何かに集中したり、ご飯食べてる時は全然安定してますし不安定とか気にならないですね。

不安定になろうとしてる気がします。

不安定でいたい自分を作ったからこのままが楽なんですね。

Aと連絡先を交換できなかった理由。。

ズバリです!!

あー私に幻滅しちゃうんだろーなとかいい雰囲気なのにデートしてやっぱ無理とか言われたらどうしようみたいなネガティヴ思考で逃げました。

 

『同時に誰にも好かれないことも不可能』

ハッとしました。

今まで嫌われる恐怖心ばかりでしたが確かに好かれることだって沢山ありました。

なんで気がつけなかったのか。。

いい思い出もいっぱいありますね。

 

今回メールを見ていて対人恐怖がでたエピソードって実はほぼ無いんじゃ無いかと気づきました。

思い返すと被害妄想的に傷つくー辛いーっていってただ逃げていて、逃げていた事に自分が傷つくみたいな分かんないスパイラルに落ちてる気がします。

嫌われてるとか言うのは傷つくのがいやだから口実にしたかったのかも。

今回1番気持ちよかった言葉

『その恐怖は非現実的だからおちつきなさーい!!』

は私の人生の不安、全てに当てはまってる言葉だと思いました笑

 

恋愛相談だったのに自分が1番人生で悩んでた所をほぐしてもらってる気がします。

ありがとうございます。

占い師というより心のマッサージ師ですね´д` ;

 

こうやってやりとりをして頂いて、後ろ向きなだけでいかーん!と考えてできる事やろう!と思い仕事一生懸命やってたら(Aが仕事頑張る人好感もつので)なぜかAの事が気にならなくなっていく謎にはまってきてちょっと混乱してます。

(そしてAはこっちを見てないし何の意味もない事やってしまった。。)

Bは最近はもう連絡すらとってないですが全然気にならないので私は本当に2人で悩んでるのか?と依頼を覆すような事が頭に浮かびます。

すみませんがよろしくお願いします…>_<…

 

中川龍 

こんちあー!

おお、だいぶ現状に対する整理がついた感じがしますね!

嬉しいです\(^o^)/

 

>>今回メールを見ていて対人恐怖がでたエピソードって実はほぼ無いんじゃ無いかと気づきました。

ちょ、まじかーい笑

 

>>思い返すと被害妄想的に傷つくー辛いーっていってただ逃げていて、逃げていた事に自分が傷つくみたいな分かんないスパイラルに落ちてる気がします。嫌われてるとか言うのは傷つくのがいやだから口実にしたかったのかも。

なるほどなるほどね( ´ ω `)

でもそれに気付けたのなら、もう大丈夫です( `・ω・´)

きっとこれからは、前向きになる勇気が少しずつ湧いてくるはずですよん!

 

>>今回1番気持ちよかった言葉『その恐怖は非現実的だからおちつきなさーい!!』は私の人生の不安、全てに当てはまってる言葉だと思いました笑

何かが不安になったら是非思い出してください笑

 

>>こうやってやりとりをして頂いて、後ろ向きなだけでいかーん!と考えてできる事やろう!と思い仕事一生懸命やってたら(Aが仕事頑張る人好感もつので)なぜかAの事が気にならなくなっていく謎にはまってきてちょっと混乱してます。

>>Bは4日位連絡とってないですが全然気にならないので私は本当に2人で悩んでるのか?と依頼を覆すような事が頭に浮かびます。

 

あ、やっぱそうなっちゃいましたか笑

なんとなくですが、めいさんはおそらく、Aさんのことそこまで本気で好きなわけではないと思います。

ただ、Aさんを追っていれば、いつかどこかでまたヘタレな自分が出てきて失敗することができますよね?

そうすれば改めて、「私の人生がうまくいかないのはやっぱりヘタレな性格のせいだ」と考えることができます。

その世界観を、より強く確信することができます。

 

人間てそうやって、自分が根底に持っている世界観を「確信するための行動」をとることがあるんです。

「私は男を見る目がないの…」とか言いながら、いつもダメ男ばっかりに引っかかる女性ていますよね?

そういう人は、心の奥底で「自分なんて適当に扱われるほうがお似合いだ」「私は大切にされてはならない」みたいな世界観を持ってるんです。

だから、そういう世界観を確信するために、そういうパートナーをわざわざ選ぶんです。

 

今回のめいさんの場合も、「確信するための行動」として、「Aさんのような高嶺の花っぽ誰か」が必要だっただけじゃないかなーと思いました。

また、Bさんに関してもそこまで好きなわけではなさそうに思います。

なんせ、連絡とってないわけですし…笑

 

しかしそうなると、今回の占いの軸はどうしましょうね笑

これらをふまえると、僕から提案できるのは以下2つとなります。

 

1「どうやって愛を見つける?スプレッド 」で占ってみる。

以下の記事を御覧ください。

www.dshocker.com

www.dshocker.com

分にはどういう愛情が必要で、これからどういうことを心がけていくべきなのか?

みたいなのが見れるスプレッドです。

占いというか、心理診断ぽいやつですね笑

でもやってみるとなかなかおもしろいです。

今のめいさんは、とくにAさんともBさんとも気になってないようなので、それだったらこういうスプレッドで自分の人生全般の指針を見出してみるのもおもしろいかもしれません。

 

2「ヘタレな自分」という問題に対して、今後の運勢を占う。

今めいさんには「今後はヘタレな自分をやめよう」という強い意志がわいてきているはずです。

そのために具体的にこういうことをしていこうというイメージも湧いてきているかもしれません。

ではこの問題に対する、今後の運勢、注意すべきことなどを占ってみましょう。

恋愛、仕事、友人関係、すべてを含む「ヘタレな自分」という問題に対する人生全体の今後です!

 

僕から提案できるのは、ひとまず以上2つとなります。

どちらか好きなほうをお選びください!

あ、もしめいさんの方から、「これを見て欲しい」という発想が浮かべば、それを提案して頂く形でも問題ありません。

以上、よろしくお願いしますー!

 

めいさん 

 大分すっきりして前向き( ´ ▽ ` )ノな気持ちになってます!!

Aさんを追っていれば、いつかどこかでまたヘタレな自分が出てきて失敗することができますよね?

そうすれば改めて、「私の人生がうまくいかないのはやっぱりヘタレな性格のせいだ」と考えることができます。

その世界観を、より強く確信することができます。

 →まさにその通り!!

本当に確信を持って好きならかれが興味持ってる間に色々やったり去年のバレンタインで彼を落としてしまえばよかったはずですよね。

思い返すとこういう恋って今まで結構やって来ちゃったなーと思います。

AもBもそこまで好きじゃない自分。。

残念(ー ー;)

 

この相談を通して私は今までちゃんと好きで付き合ったことないかもー!と悲しい事実気付いちゃいました。

ハッピーな恋*\(^o^)/したい!と思うので今回は1でお願いします!

 

タロット占い結果

中川龍 

こんにちわー!

それでは今回は、「どうやって愛を見つける?」というスプレッドで占ってみましたー!

結果は以下の通り!

 

  • 今のあなた ワンドの5 正位置
  • あなたが必要としている愛 カップの8 逆位置
  • あなたが表現しなければならないこと 皇帝 正位置
  • あなたが与えるべき愛情 ペンタクルのペイジ 正位置
  • あなたが受け取るべき愛情 ワンドの7 逆位置
  • 愛を見つける方法 ペンタクルの2 正位置

f:id:noabooon:20160302191437j:plain

おおおおん?

なんだろー!

「あなたが表現しなければならないこと」に皇帝が出ました。

なんか、すごく男らしいカード!

もしかしてめいさんて、恋愛に関してはヘタレな自分になってしまうだけで、それ以外の部分では「強い一面」「男らしい一面」がけっこうあるのかな?

 

ひとまず一次リーディングしてみますね!

ただし以下はあくまでも一次リーディングなので、どこかしっくりこない点等あればおっしゃってください!それをもとに解釈を変更する場合もあります( `・ω・´)

それではいってみましょう!

 

・今のあなた ワンドの5 正位置

ワンド5のキーワード

  • 競争
  • 闘争
  • 切磋琢磨

ワンド5は人との「競争」や「争い」を意味するカードです。

これって、これまでのめいさんがちょうど「自分の課題」として考えていたテーマですよね。

これまでのめいさんは「人に嫌われるの怖い」「人と衝突するの怖い」という観念の中にあった。

しかし、「今のあなた」というポジションにこのカードが出たということは、今のめいさんは新しい自分に生まれ変わりたいという意思が強く湧いているのかもしれません。

今のめいさんは、「自分をもっと向上させた」「自分をもっと成長させたい」「人と衝突することを恐れない自分になりたい」という意欲が湧いている。

ではそのことを踏まえた上で、次のカードを見てみましょう。

 

・あなたが必要としている愛 カップの8 逆位置

カップ8のキーワード

  • 見切りをつける
  • 今まで積み上げてきたものを捨てる
  • 次のステージに進む
  • 悟る

今のめいさんは、「過去に見切りをつけていいんだよ」と「後押ししてくれるような愛情」を必要としているようです。

先ほどのワンド5と合わせて考えた場合、今のめいさんは他者と堂々と戦い、対立することを恐れない自分になりたい気持ちと、今まで通りの観念の中に逃げ込んでいたい気持ち、その矛盾する両方の気持ちが、強くせめぎあっているところなのかもしれませんね。

 

・あなたが表現しなければならないこと 皇帝 正位置

皇帝のキーワード

  • 意思決定する
  • 男らしさを持つ
  • 決断する
  • 言い訳をせず責任を持つ

では、そんなめいさんが、「誰かに後押ししてもらうため」にはどうすればいいか。

それは、まずは自分自身が責任を背負うことのようです。

 

お金が欲しいと嘆くだけの物乞いに、わざわざお金をあげようと思う人はまれでしょう。

愛が欲しいと嘆いているばかりの人間に(つまり愛の物乞いに)、誠実な愛情を傾けてくれる人はいません。

そういう人に近づいてくるのは、その心の弱さにつけこんで利用しようとする嘘つきだけでしょう。

(メンヘラ女子ほど悪い男に騙されやすいのはそのためです)

 

このように、あらゆる何かは、欲しい欲しいとただ願っているだけのうちは得られないものです。

何かが欲しいときは、まず自分自身がそれを相手に与えると良いです。

お金が欲しいときは、まずは自分自身がお金(あるいはそれに類する価値ある何か)を、人々に盛大に振る舞ったほうがいい。

そのほうが多くの人があなたについてくるので、結果的に自分も金銭を得られるようになるでしょう。

愛が欲しいときは、まずは自分自身が周囲の人々を愛せばいい。

そのほうが、あなたの愛に心癒され、あなたのことを必要とする誰かに出会うことができるでしょう。

今めいさんは、「決断の後押し」が欲しいと考えている。

だったら、まずは自分自身が、人々の決断を後押しするようにしてみましょう。

めいさんの中にある、「皇帝のような一面」「男らしい一面」を強く発揮し、あなたの周囲にいる「迷いを抱えている誰か」を、どんどん後押ししてあげてみましょう。

そうするといつの間にか、自分自身の心も整理がついてくるのではないでしょうか。

 

・あなたが与えるべき愛情 ペンタクルのペイジ 正位置

ペンタクルペイジのキーワード

  • まじめである
  • 素直である
  • 基礎作りに手を抜かない実直さがある
  • 基礎努力を嫌がらない粘り強さがある

めいさんの中には、「まじめな子供」のような一面があるようです。

めいさんは、とてもまじめです。

そして現実的な成果を得るために、粘り強く努力できる一面があるようです。

先ほど、まずはめいさん自身が「人々の決断を後押ししてごらん」と言いました。

そのためには、まず相手に心を開いてもらわなければなりません。

「人に心を開いてもらう」とは、とても面倒で大変な作業です。

なぜならその相手自身、自分が何に悩んでいるのかを理解できていないこともあるからです。

自分ではAに悩んでいるつもりになっている。

しかしその根っこにはBという問題が潜在している。

しかし自分ではそのことに気付いていない。

人生ではそんなことが多くあります。

(めいさん自身、当初は「いかにしてAさんと落とすか」という軸で相談をもってこられましたが、会話を続けているうちにそこはそんなに重要な問題でないことが判明しましたよね?)

ところがここで、めいさんの「まじめな気質」「粘り強い気質」が良い効果を発揮するでしょう。

めいさんは、相手が心を開いてくれるまで、しっかりとじっくりと話を聞こうとすることができるはずです。

そのまじめさ、粘り強さは、きっとこれからのめいさんの武器となるでしょう。

是非とも意識してみてください。

 

・あなたが受け取るべき愛情 ワンドの7 逆位置

ワンド7のキーワード

  • 必死
  • 焦り
  • 余裕がない
  • 対応に手一杯

まじめさを活かして人々の心を開き、男らしさを活かして人々の決断を後押しし続けていけば、いつしかめいさんは「自信」がつくでしょう。

すると色んな問題に対して、「余裕」をもって対処できるようになるはずです。

心から、焦りがなくなる。

必死さがなくなる。

その先に真の「自己肯定感」を得られるようになるはずです。

そういえばめいさんは「ヘタレな自分をやめたい」とおっしゃられていましたが、その根っこにあったのは、「余裕がない自分をやめたい」だったのかもしれませんね。

めいさんはずっと、「心に余裕のある自分」になりたかったのではないでしょうか。

 

・愛を見つける方法 ペンタクルの2 正位置

ペンタクル2のキーワード

  • 肩の力を抜く
  • 気軽にやる
  • 遊び心を混ぜる
  • 上手に転がす

めいさんが心に余裕のある人間になるためにはどうすればいいでしょう。

それは、一つは先ほども言ったように「人の決断を後押しすること」「人の心を開いてもらえるよう粘り強くがんばること」です。

これらを繰り返していけば、きっと「自信」がついていくはずです。

 

しかしそれとは別に、今すぐできることがあります。

それが、「肩の力を抜くこと」です。

きっとこれまでのめいさんは、色んなことを大げさに考えすぎていたのです。

だから何をするにしても敷居が高く感じられる。

だから第一歩を踏み出す勇気がずっと出せなかったのではないでしょうか。

というわけで、これからは何をするにしても、「肩の力をぬくこと」「気軽に考えること」を意識してみましょう。

もしかしたら今のめいさんは、「私なんかが人の決断を後押しするなんて無理」と感じているかもしれません。

あるいは、「私にはそんな粘り強さはない」と感じているかもしれません。

もしそう感じているのであれば、それも「大げさに考えているから」そう感じられるだけなので、ぜひ落ち着いてください。

そんなに大げさに考える必要はありません。

別に、最初から大成功を納めなくてもいいのです。

ただ、今の自分にできることを、自分なりに精一杯にやればいいのです。

それだけでも、相手の心はいくらかは救われるものですし、何もしないよりはきっと何か良い効果を生み出すことができます。

そうやって、ひとまず今の自分でできることをどんどんやっていきましょう。

その先にきっと、めいさんがずっと欲しいと感じていた「心に余裕をもてる愛」が得られるはずです。

 

まとめ

・今のあなた ワンドの5 正位置

今のあなたは、人に対して堂々と主張できる自分になりたそう

 

・あなたが必要としている愛 カップの8 逆位置

でも心のどこかでまだ決断しきれない自分がいそう。

 

・あなたが表現しなければならないこと 皇帝 正位置

決断したければ、まずは自分自身が人の決断を後押ししてみよう。

そういうの繰り返していくと、自分に自信がついてくる。

それによって自分自身も決断できるようになる。

 

・あなたが与えるべき愛情 ペンタクルのペイジ 正位置

めいさんのなかには強い「粘り強さ」があるからそれを活かして人の心を開いてってみよう。

 

・あなたが受け取るべき愛情 ワンドの7 逆位置

それらを繰り返していけば、今までのあなたがずっと欲しかった「心に余裕をもてる愛」が手に入るよ。

 

・愛を見つける方法 ペンタクルの2 正位置

色んなことにもっと「肩の力をぬくこと」を意識してみて。

そんな大それたことを最初からしようとしなくていい。

今の自分でできることをまずは少しずつやってみよう。

そうすれば、「他人の決断を後押しすること」もそんなに敷居が高いことだとは感じなくなるはずだよ。

すると、

  • 自分に余裕があるから人を救える。
  • 人を救えるから自信が育まれ、さらに余裕を持てる。

みたいなポジティブなスパイラルを起こせるかも?

逆に言うとこれまでのめいさんは、

  • 自分に余裕がないから人を救わない
  • 人を救わないから、誰の役にも立っていない自分を客観視したとき自信が失われ、さらに心の余裕を失っていた

という状態だったのかも?

 

以上で一次リーディング終了となります!!

どこかわかりづらい点や、腑に落ちない点があればおっしゃってくださいー!

よろしくお願いしますー!

 

アフターカウンセリング

めいさん 

鑑定ありがとうございます!

何回も読み返して、

あたり過ぎてる!わー!´д` ;

て感じになってます。

男らしいも真面目も粘り強いもよく人に言われます!!

『人の決断を後押しする』は同性相手だと結構やってるなーと思うのですが(男らしいと評価するのも同性だけ)、男性にも決断の手助けやっていった方がいいよ!

と解釈して大丈夫ですか??

 

心の余裕ある愛( ´ ▽ ` )ノ求めてますね。

人怖い→殻篭る→なんてダメな自分

スパイラルでした。

ポジティブスパイラルにのれるようにゆるゆる頑張ります☆

 

中川龍 

こんばんわー!

 

>>男らしいも真面目も粘り強いもよく人に言われます!!

ちょ、まじかー!笑

ここまで全くそういうエピソードが出てなかったので、もし全然違うって言われたらどうしようかと思ってたんですが、それは良かったです!笑

そしてタロットさんすごい!

 

>>『人の決断を後押しする』は同性相手だと結構やってるなーと思うのですが(男らしいと評価するのも同性だけ)、男性にも決断の手助けやっていった方がいいよ!と解釈して大丈夫ですか??

おお!

まさにそれでいきましょう!

いままでは、それを同性にしかしていなかった。

だから異性を前にすると、緊張しちゃってたんじゃないでしょうか?

でもそれを異性相手にもするようにすれば、だんだんと「男の人だって同じ人間なんやな」「そんなにびびらんでええんやな」みたいなのが実感できたりするんじゃないかな!

って思いました!

 

>>ポジティブスパイラルにのれるようにゆるゆる頑張ります☆

ぜひともそんな感じでいきましょー\(^o^)/

 

コメント以上となりますー!

引き続き何か質問等あればおっしゃってくださいー!

 

めいさん

他に質問特にないので大丈夫ですー!!

最初は自分でもどうなる事やらと思いましたが、結果一番根深い問題を解決出来ました!!

ありがとうございました*\(^o^)/*

 

幸せになる勇気

幸せになる勇気

 
嫌われる勇気

嫌われる勇気