中川龍のブログ

Tarot & Hint



人間は無能だから無能者として扱われるのではなく、無能者として扱われるから無能を演じてしまうだけ

スポンサードリンク

「私は無能だ」。

と思ってるあなたへ。

  

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

  • 作者: マーカスバッキンガム,ドナルド・O.クリフトン,田口俊樹
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2001/12/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 160人 クリック: 3,045回
  • この商品を含むブログ (461件) を見る
 

 

 

私は「無能だ」。

そしてそれは、絶対に変えられないことなのだ。

どんなに努力したって無駄だし、どんなに頑張ったって変えられない不変の法則なのだ。

 

…先日、上記のようなことを心の奥底から思っていそうなクライアントから相談を受けました。

だからそのクライアントさんは、僕が何を提案しても、「できないと思います」「自信がありません」「それもできません」「私には何もできません」「相談したのは私なのに本当にごめんなさい」みたいなことをずっと言ってました。

僕は彼女にこう返しました。

 

人間は無能だから無能者として扱われるんじゃなくて

無能者として扱われるから無能だと信じ込んでしまうだけなんですよ。

  

これ、わからない人にはなかなかわからないかもしれないんですが、人間て「周囲にどう扱われているか」によって自分のキャラクターを形成しちゃう部分があるんですよね。

 

有能な人と無能な人の違いは何か。

それはけして、能力の差ではないのです。

周囲に「どう扱われているか?」の差でしかない。

 

いま有能な人って、小さい頃から「お前はなんでもできるぞ」「何かしたいことがあったら父さんと母さんになんでも言うんだぞ」「なんでも協力してやるからな」みたいなことを言われてる人が多いです。

ずっとそうやって育ってきたから、自分を有能だと信じることが当たり前になっている。

だから何か出来ないことがあったら、それを出来るようにするにはどうすればいいかをしっかり考えることができる。

だからどんどん出来ることが増えていく。

だからどんどん本当に有能になってしまう。

有能になっちゃうから、大人になってからもみんなに「あいつは有能なやつ」と評価される。

そう評価されるから、さらに自分のことを有能だと確信する。

 

逆に自分を無能だと思ってる人の多くは、小さい頃から「あんたは本当ダメな子!」みたいなメッセージをぼんやりと突きつけられてる人が多いです。

だから自分はダメな子なんだと理解し、自分はダメな子なんだから何かが出来なくても仕方ないと解釈し、ダメな自分のままであることを受け入れてしまう。

そうやって生きてるから、大人になってからも周囲に「あいつは無能なやつ」と評価される。

そう評価されるから、さらに自分のことを無能だと確信する。

そういう人でも、たまに何かの気まぐれで「そんな自分を変えたい」と思うこともあるかもしれません。

でもそれで何か新しい努力を始めたとしても、いくら頑張っても周囲から「そんなことしたって無駄だよ」「馬鹿じゃないの」「意味ねえよそれ」みたいなこと言われるので、結局根気が続きません。

だから、無能なままから抜け出せません。

こうしてどんどん「無能な自分」を固定させてしまう。

 

無能な人と有能な人の違いは、実はたったこれだけです。

 

では、今自分が無能だと思ってる人が、これから自分は有能だと信じられるようになるためには、どうすればいいか。

その答えは、環境を変えることですね。

 

先日、ツイッターで以下のようなことをつぶやきましたがこちらが参考になると思います。

 

 

はい、そういうことです。

こればっかりは、自分の心だけでは限界があるのです。

 

どれだけ自分の心だけで「自分を信じるんじゃああ」って唱え続けてても、他人にそう扱ってもらえないのでは、やっぱり心から信じ切るのは難しい。

そもそも信じるって自然と湧いてくる感情であり、それを意図的に発生させることは不可能なんですよね(´・ω・`)

でも、「そういう感情が自然と発生しやすい環境を意図的に整えること」はできます。

だから、「自分の周囲」には、いつでも自分を信じてくれる誰かだけを選択して置いておくようにするのです。

そうすれば、自分を信じられるようになる。

 

ようするにまとめるとこういうことです。 

  

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

  • 作者: マーカスバッキンガム,ドナルド・O.クリフトン,田口俊樹
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2001/12/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 160人 クリック: 3,045回
  • この商品を含むブログ (461件) を見る
 

 

以上、無能だから無能者として扱われるのではなく、無能者として扱われるから無能を演じてしまうだけだよって話でしたー!

おしまい( `・ω・´)

 

なお、この記事を読んで自分の可能性について知りたくなった方は、ストレングスファインダーをどうぞお試しください。笑

www.dshocker.com