タロットカード13「死神」の意味。 恋愛・仕事での解釈例。

スポンサードリンク

f:id:noabooon:20170905192834j:plain

 

 

死神のキーワード

ポジティブな意味

転生、変容、変化、

 

ネガティブな意味

ただの終わり

 

エレメンタル

 

死神のキーワード解説

このカードでは、おどろおどろしい死神がやってきて、全ての終わりを告げている構図が描かれています。

この構図を見れば明らかな通り、このカードは死や終焉を意味します、

ただしそれは、けっして悪い意味ではありません

なぜなら、このカードでは、よく見ると奥側では「新しい夜明けが始まっている様子」が描かれています。

つまりこのカードは、「何かが終わることで、素晴らしい夜明けがやってくること」を意味しているカードです。

 

人の視野は狭いものです。

そのため、時には「自分を不幸にする習慣」に執着してしまうことがあります。

例えば暴力的な男性と付き合い続けることは、決してその人を幸せにはしないでしょう。

そんな恋は終わらせ、次の恋に進んだほうが、その人を幸せにすることは明白です。

しかし視野が狭くなった人間は、そのことを受け入れることができません。

だから「いつの日か彼が変わってくれるかもしれない」という望みにしがみつき、いつまでも不幸から離れようとしません。

 

このカードが出たとき、相談者は何かの終わりを迎えることになります。

もしかしたら相談者自身は、それが終わることを望まないかもしれません。

でもそうやって執着すること自体が、そもそもの間違いなのかもしれない。

今は視野が狭くなっているから「それが終わって欲しくない」と感じるだけで、むしろそれが終わることこそが、あなたの幸福の始まりなのかもしれません。 

このカードが示す「終わり」とは、そういうことです。 

 

このカードが示す終わりを、より具体的に想像するヒントは「終わらせることでその人が幸せになるであろう何か」です。

例えば恋愛について占っているならば、まずその恋を続けることに意義があるかどうかを考えてみましょう。

意義がないのであれば、「その恋が終わる」と解釈できます。

意義があるのであれば、「これまでその恋がうまくいかない原因となっていたなんらかの悪習慣を終わらせる」という解釈が可能です。

仕事について占っていても同様です。

まずは今抱えている課題をこれからも背負い続けることに意義があるかどうかを考える。

意義がないのであれば、「そんなものは手放す」と解釈できます。

相談内容によっては退職も視野に入るかもしれません。

意義があるのであれば、「これまでその仕事がうまくいかない原因となっていたなんらかの悪習慣を終わらせる」という解釈が可能です。

 

間違いないことは、「夜明け」が絡んでいるということです。

新たなライフスタイル、幸せの第一歩、そういうものが見えてくる何かです。

ただし、このカードは水のエレメンタルに属するため、火・風とは相性が悪く、そういったカードと隣接している場合は、せっかくの「夜明け」を「ただの終わり」のようにしか認識できずにいることを意味します。

 

その他のカード解説

0「愚者」の意味

1「魔術師」の意味

2「女教皇」の意味

3「女帝」の意味

4「皇帝」の意味

5「法皇」の意味

6「恋人たち」の意味

7「戦車」の意味

8「力」の意味

9「隠者」の意味

10「運命の輪」の意味

11「正義」の意味 

12「吊るされた男」の意味

13「死神」の意味

14「節制」の意味

15「悪魔」の意味

16「塔」の意味

17「星」の意味 

18「月」の意味

19「太陽」の意味

20「審判」の意味

21「世界」の意味

小アルカナ「ワンド」の意味

小アルカナ「ソード」の意味

小アルカナ「カップ」の意味

小アルカナ「ペンタクル」の意味