タロットカード13「死神」の意味。 恋愛・仕事での解釈例。

f:id:noabooon:20170905192834j:plain

 

 

死神のキーワード

ポジティブな意味

転生、変容、変化、

 

ネガティブな意味

終わり

 

エレメンタル

 

死神のキーワード解説

このカードでは、おどろおどろしい死神がやってきて、全ての終わりを告げている構図が描かれています。

この構図を見れば明らかな通り、このカードは死や終焉を意味します、

ただしそれは、けっして悪い意味ではありません

なぜなら、このカードでは、よく見ると奥側では「新しい夜明けが始まっている様子」が描かれています。

つまりこのカードは、「何かが終わることで、素晴らしい夜明けがやってくること」を意味しているカードです。

 

人の視野は狭いものです。

そのため、時には「自分を不幸にする習慣」に執着してしまうことがあります。

例えば暴力的な男性と付き合い続けることは、決してその人を幸せにはしないでしょう。

そんな恋は終わらせ、次の恋に進んだほうが、その人を幸せにすることは明白です。

しかし視野が狭くなった人は、そのことを受け入れることができません。

だから「いつの日か彼が変わってくれるかもしれない」という望みにしがみつき、いつまでも不幸から離れようとしません。

本当はそこに執着すること自体が、自分を不幸にさせている要因なのですが、、、

 

このカードが出たとき、相談者は何らかの終わりを迎えることになります。

でもそれは決してネガティブな意味ではなく、相談者にとって必ず「夜明け」になるような何かです。

 

ただ、現時点の相談者は、それが終わることを望まないかもしれません。

でも、そうやって執着すること自体が、そもそもの間違いなのです。

今は視野が狭くなっているから「それが終わって欲しくない」と感じるだけで、むしろそれが終わることこそが、相談者の幸福の始まりなのです。

このカードが示す「終わり」とは、そういうことです。 

 

終わることで、幸せになる事例

終わりというと、ついつい「悲しいこと」だと考えてしまいがちですが、決してそんなことはありません。

例えば、「仕事は楽しいかね?」という本の中でも、「何かを終わらせたことで成功した人たち」を何人か紹介してくれています。

 

「みんな、人生のある時点で 仕事に対する目標を変えた人たちだ。もし、彼らが昔の夢を意地でも変えようとせず、〝責任を引き受け〟、〝断念することを拒んで〟いたらどうなっていたか、話してあげよう」

そしてマックスは、手品のように次から次へと名前をあげ、その人たちが昔の夢に固執していたらどうなっていたかを話し始めた。

 

「思い出せるものを並べてみよう。

ジョン・ウッデン(アメリカ大学バスケットボール界の名コーチ)は、土木技師になっていただろう。

ロッド・サーリング(脚本家・TVプロデューサー)は、体育の指導員になっていただろう。

レジー・ジャクソン(大リーグ選手)は、フットボールを続けていただろう。

ラッシュ・リンボー(ラジオ番組の人気DJ)は、ベースボール・チームの広報係をいまもしているだろう。

ジョーン・リヴァーズ(脚本家・著述家)は、デパートの経営をしていただろう。

メアリー・ケイ・アッシュ(化粧品会社の創業者)は、トレーニングの指導者を定年退職したままだっただろう。

チャック・デイリー(NBA選手)は、学校の理事、ことによるとCIAの官僚になっていただろう。

サミュエル・ゴールドウィン(映画製作者)は、手袋をつくっていただろう(会社名はサミュエル・ゴールドフィッシュだっただろう)。

ボリス・エリツィン(ロシア前大統領)は、建築工事の現場監督をしていただろ」

by「仕事は楽しいかね?」より

 

彼らは、過去の夢を捨てたことで、より大きな夢を獲得した人達です。

もし彼らが過去の夢に執着していたならば、より大きな夢は獲得できなかったでしょう。

こんな風に考えると、何かを諦めたり、終わらせることは、決して悲しいことではないのです。

 

手放すからこそ、新しいものを得ることができる 

引き寄せの法則でも、「人は手放すからこそ新しいものを得ることできる」と言われています。

例えば、以前僕のクライアントで、「自己評価が低いため、手放したら二度と手に入らないのではないかという不安を慢性的に抱えていて、人生の全てにおいて手放すことができない人」がいました。

その方は恋愛をすれば、「まったくタイプではない男性」「何も魅力を感じない男性」「性格に問題のある男性」でも、それを手放したら二度と恋人ができないんじゃないかという不安から、手放すことができず、そのまま付き合い続けていました。

仕事においても、「待遇が悪い会社」「人間関係が悪い会社」でも、そこを失ったら二度と再就職できないんじゃないかという不安から、それを手放すことができず、いつまでも同じところで不満な人生を送っていました。

僕はその人に

「あなたの人生には、要らないゴミが多すぎます」

「少しでも嫌なものは全部、捨てなさい。手放しなさい」

「どうせ今の時点ですでに辛いんだから、それ以上、悪くなんかなりませんよ」

と伝えました。

 

彼女は、最初のほうこそ難色を示しましたが、最終的には「確かに私の人生には、要らないものが多すぎる」と認めることができました。

「要らないものは、要らない」と意思表示して生きる勇気を持つことができました。

…するとそこから、彼女の人生は一変したそうです。

今の彼女は、昔の自分では考えられないような「金銭的に余裕もあり、誠実なパートナー」を得ることができました。

また仕事は個人で独立し、自由に楽しくやっているそうです。

死神のカードが出たときは、こういう「不要なものに執着していた自分」を捨て去る勇気を持つことができたときかもしれません。

 

f:id:noabooon:20180404191019p:plain

f:id:noabooon:20180404191023p:plain

by「ドラえもん のび太のブリキの迷宮」より

 

死神のリーディング例

このカードが何を示しているか。

それを具体的に想像するには、相談内容をよく検証する必要があります。

例えば恋愛について占っているならば、まずその恋を続けることに意義があるかどうかを考えてみましょう。

意義がなさそうであれば、「その恋が終わる」と解釈できます。

しかし意義がありそうであれば、「これまでその恋がうまくいかない原因となっていたなんらかの悪習慣を終わらせる」という解釈が可能です。

 

仕事について占っていても同様です。

まずは今抱えている課題をこれからも背負い続けることに意義があるかどうかを考える。

意義がないのであれば、「そんなものは手放す」と解釈できます。

相談内容によっては退職も視野に入るかもしれません。

意義があるのであれば、「これまでその仕事がうまくいかない原因となっていたなんらかの悪習慣を終わらせる」という解釈が可能です。

 

間違いないことは、「夜明け」が絡んでいるということです。

新たなライフスタイル、幸せの第一歩、そういうものが見えてくる何かです。

 

その他のカード解説

0「愚者」の意味

1「魔術師」の意味

2「女教皇」の意味

3「女帝」の意味

4「皇帝」の意味

5「法皇」の意味

6「恋人たち」の意味

7「戦車」の意味

8「力」の意味

9「隠者」の意味

10「運命の輪」の意味

11「正義」の意味 

12「吊るされた男」の意味

13「死神」の意味

14「節制」の意味

15「悪魔」の意味

16「塔」の意味

17「星」の意味 

18「月」の意味

19「太陽」の意味

20「審判」の意味

21「世界」の意味

小アルカナ「ワンド」の意味

小アルカナ「ソード」の意味

小アルカナ「カップ」の意味

小アルカナ「ペンタクル」の意味