完璧主義を治したい人は「減点方式」から「加点方式」に思考を変えてみよう

スポンサードリンク

完璧主義を治したいあなたへ!

 

人生の99%は思い込み

人生の99%は思い込み

 

 

 

先日、あるクライアントから「完璧主義な自分を変えたい」という相談を受けました。

それについて色々話しているうちに、そういえば「人生の99パーセントは思い込み」という書籍の中でこんな一文があったのを思い出したので、ご紹介してみます( `・ω・´)

 

完璧主義の人は、理想とする100%の自分を基準にして、現在の自分を評価する傾向にある。そうではなく「何もできない自分=ゼロ」を基点として自己評価してみるのがこの思考法だ。

たとえば、営業でノルマに達することができなかったとする。

そこで「今月はダメだった」と自分を責めるのではなく、「でも、初めて営業に回った時は1件もとれなかったじゃないか」とゼロポイントを設定する。

そのゼロポイントのときと比べて、今の自分はどれぐらいできるようになっているのか。

30件契約をとれているなら、30ポイントもアップしている。

完璧主義者ほど、過去の「いちばんできた自分」を基準にしてしまう。

よってそれを下回った結果について「マイナス」と自己評価してしまうのだ。

しかし、それではモチベーションも上がらないし、つねに挫折を味わうことになる。

より高みを目指すことは大切だが、必要以上に自分を低く見積もってはいけない。

少しでも結果が出たらそれはすべて「プラス」と捉えることが大切だ。

減点方式から、加点方式に変える。そうやってできていることを探せるようになると自分を受け入れられるようになり、結果としていいパフォーマンスが発揮できるはずだ。

「人生の99%は思い込み」より

 

昔の僕も、わりとこの思考をしがちだったんだよなー。

だから当時の僕はいつも「100点じゃない自分」に挫折感ばっか感じて、1人でへこたれてました笑

冷静に考えると、誰も僕に対して「100点であれ」なんて求めてないんですけどね。

だけど自分の中ではこれが当たり前のことすぎて、「疑うべくもない思考」になっちゃってたんだよなぁー。 

 

自分が当たり前だと思ってることを疑ってみる。

自分では絶対に「Aだ」と思っていたことが、実は「Bだった」という可能性について考えてみる。

なにごともそういう姿勢が大事なんだなーと、改めて思いました。

 

以上、「完璧主義を治したい人は、減点方式から加点方式に思考を変えてみるといいかんじだよー!」っていうお話でした\(^o^)/

 

人生の99%は思い込み

人生の99%は思い込み

 

 

おしまい( `・ω・´)