自分の思ったことを『言うか、言わないか』で悩んでも意味がない

スポンサードリンク

よく「自分の思ったことを言えない」と悩む人が多いですが、こういう人は、悩むべきポイントが根本的に違います。

そもそも「言うか、言わないか」で悩んでも意味がありません。

これはどっちを選んでも、誰も幸福になりません。

 

そりゃね、「思ったことをただ言うだけ」だったら、相手にとって負担になってしまうかもしれないので、ダメに決まってるんですよ。

だけどね、「思ったことを言わない」を選んだら、今度は自分が苦しくなるでしょう。

だからこれもダメです。

 

この二択で考えている限り、すっきりする答えなんて出てくるわけがないのです。

第三の選択肢に気づかきましょう。

こういう人が考えるべきことは、「言うか言わないか」ではなく、「どう言うか」です。

 

伝え方が9割 2冊パック

伝え方が9割 2冊パック

  • 作者: 佐々木圭一,浅島亮子,小島健志,前田剛,田原寛
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2013/10/07
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

例えばあなたが寂しいとします。恋人に「もっと構って欲しい」と願っているとします。

このときに一番ダメなのが、「そんなこと言ったら嫌われちゃうかもしれない><」とか考えて、何も言わないことです。

そういうのってね、言わなくても態度に出てるんですよ。

言葉では「なんともないよ」「大丈夫だよ」と言ってるのに、態度ではなんか元気がない。重っ苦しい。

そんなあなたを見て、彼氏はきっと「こいつめんどくせえな」と感じることでしょう。

 

では、相手のことなんか考えずに自分が思ったことは何でも素直に言えばいいのでしょうか?

これはこれで違います。

もしあなたが彼氏に「寂しい寂しい寂しい寂しい寂しい寂しい寂しい寂しい寂しい寂しい寂しいかまって!!!!!!とか叫びだしたら、「こいつウぜええ!」って思われちゃうこと間違いなしでしょう。

 

ではどうすればいいのか?

その答えは簡単です。

「ウザいと思われない伝え方を工夫すればいい」のです。

 

例えば、

「寂しい構えバカあほ!」

って言われたらウザいですが、

 

「最近忙しいみたいだね!充実してるようで何よりだよ\(^o^)/ でも少しは私のことも構ってくれないと、ちょっぴり寂しいぞ?笑」

みたいな言い方だったら、相手に与える印象が圧倒的に違いますよね。

 

相手との関係性や、自分のキャラクターとかいろんな要素があるので、上記の例えが万人に通じるわけではないですが、とにかく基本はこんな感じです。

 

  • 自分の言いたいことは伝えつつ
  • 相手への配慮、気遣いも忘れない

この二つを両立する伝え方を工夫するんです。

そうすれば、たいていのことはうまくいきます!

 

たとえば、好きな人がいるとします。

でもその人は、あなたのことに少しも興味がないとき、

何と言ってデートに誘いますか?

「デートしてください」

こう言ってみました。あなたのピュアな気持ちそのままですね。

これだと断られる確率が高いですよね。

ですが、コトバ次第で結果を変えることかができます。

「驚くほど旨いパスタの店があるのだけど、行かない?」

こう言ってみました。相手は行っていいかも、と思う確率がぐんと上がるコトバです。

どちらにしても、実は「デートしませんか?」という同じ内容なのです。

同じ内容なのに、伝え方で結果が変わってしまう。

これは驚くべきことと思うかもしれません。

ですが、あなたは今までの人生で、「伝え方で変わるのでは?」と、うすうす気づいているのではないでしょうか。 

by「伝え方が9割」より 

 

伝え方が9割 2冊パック

伝え方が9割 2冊パック

  • 作者: 佐々木圭一,浅島亮子,小島健志,前田剛,田原寛
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2013/10/07
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

以上とくにオチはないのですが、「自分の思ったことを『言うか、言わないか』で悩んでも意味がないよ」ってことがふと言いたくなったので書いてみました。

おしまい( `・ω・´)