読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中川龍のブログ

Tarot & Hint



マンガで読破シリーズのおすすめ文学Top12!【随時更新】


f:id:noabooon:20161222175959j:plain

 

 

マンガで読破シリーズとは?

突然ですが、まんがで読破シリーズを知ってるかなー?

名前の通り!

世界的に有名な文学作品を「マンガで読めるシリーズ」です!

このシリーズ個人的にとっても好きで、おそらく敢行されているものはこれまでほぼ全部読んでいるので、今回はその中でとくにオススメだったやつを紹介します!

 

紹介ポイント

  • 哲学書・思想書とかは除外します。(そっちまで範囲に入れると幅広くなりすぎるので)
  • 小説・文学・戯曲などの物語系からチョイスします。
  • 原作の再現度よりも、物語として純粋に楽しかったか、わかりやすかったか、読みやすかったかを重視してます。

それではいってみよー!

 

第12位:カラマーゾフの兄弟 

カラマーゾフの兄弟 ─まんがで読破─

カラマーゾフの兄弟 ─まんがで読破─

  • 作者: ドストエフスキー,バラエティ・アートワークス
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2013/06/28
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

妖艶な美女を奪い合い、長男ドミトリーと淫蕩な父親フョードルが激しくいがみ合う。

家族のことに無関心な次男イワンと心を痛める三男アレクセイ。

親子の確執は激しさを増し、悲劇は起こる。

信仰や死、国家と教会、貧困、父子・兄弟関係など深遠なテーマを含む人間ドラマ。

現代の予言者ドストエフスキー生涯最後の作品を漫画化!

 

なんつーか話のオチ自体は、個人的にはいまいちだったんだけど、でも登場人物がみんなキャラ濃い。

すごく濃い。

そこが読んでておもしろみがあったかな!!!!

「本当の悪魔は、自分の心の中にいた」

これがグッときた。

 

第11位:宇宙戦争

宇宙戦争 ─まんがで読破─

宇宙戦争 ─まんがで読破─

 

 

19世紀末、英国の町に隕石のようなものが落下した。

墜落現場では巨大な円筒状の物体と中から得体の知れない醜悪な生き物が現れた。

やがてそれは英国全土を巻きこんだ冷酷非道な侵略戦争へと広がってゆく……。

支配する者とされる者の関係を描き、SFのひとつの原型を創った

 

今のSF宇宙映画の原型になったことで有名なやつですね!

前から読んでみたかったんだけど小説版は用語が小難しくて逃げてたんだけど、やっと読めたー!!

マンガだとわかりやすい!

そして、ラストがまさかの。笑笑

 

第10位:銀河鉄道の夜

銀河鉄道の夜 ─まんがで読破─

銀河鉄道の夜 ─まんがで読破─

  • 作者: 宮沢賢治,バラエティ・アートワークス
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2013/06/28
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

「これをもっていればどこへでも行ける!」

貧しく孤独な日々を送る少年ジョバンニ。

祭りの夜に一枚の切符を手にしたジョバンニは、親友・カンパネルラと宇宙を走る銀河鉄道に乗り、夢のような不思議な世界へ旅に出る。

奇妙な乗客たちを乗せた汽車はどこへ向かうのか?

「ほんとうの幸せ」とは?

宮沢賢治の不朽の名作童話を漫画化!

 

思ってた以上におもしろかった。

前に原作を読んだときは著者独特の言い回しがくどくてダメだったんだけど、マンガにしたらこんなにストレートにおもしろい作品だったとは!

おどろく!

  

第9位:ドンキホーテ 

ドン・キホーテ ─まんがで読破─

ドン・キホーテ ─まんがで読破─

  • 作者: セルバンテス,バラエティ・アートワークス
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2013/06/28
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

騎士道物語の読み過ぎで妄想に陥った農民のアロンソ・キハーダ老人は、みずからを伝説の騎士と思い込み、痩せ馬のロシナンテと従者サンチョ・パンサを引きつれ、家族や友人の心配をよそに冒険の旅に出る……。 

 

このあらすじを読むだけで、すでに「アホ」な感じがする作品ですが、実際すごくアホです。笑

でもそのアホさがいい。

なんか、ほっこりする。

昔にもこういう作品あったんだねーと感心した物語でした。

 

第8位:ジキル博士とハイード氏

ジキル博士とハイド氏 ─まんがで読破─

ジキル博士とハイド氏 ─まんがで読破─

 

 

超有名な二重人格もののホラー小説!

 

君は自分の人生や今の生活に満足しているのか?

19世紀末、ロンドンで起こった怪事件。弁護士のアタソンは、友人・ジキル博士の助手であるハイド氏が少女に暴力を振るう現場を目撃する。

街を践麗する凶悪犯の素顔とは?

ジキルとハイドの関係を詮索するアタソンは不可解な謎に突き当たる…

二重人格の代名詞として名高い傑作小説を漫画化!

 

人は皆、仮面をつけて生きている。

肉体が入れ替わったとき「本性の自分」が出る!!!!!!

 

第7位:モンテ・クリスト伯 

モンテ・クリスト伯 ─まんがで読破─

モンテ・クリスト伯 ─まんがで読破─

  • 作者: デュマ・ぺール,バラエティ・アートワークス
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2014/06/26
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

卑劣な罠に落ち、家族も財産も愛する女性も奪われ、孤島の監獄にとじこめられた男。

だが彼は帰ってきた、莫大な財産を持つ謎の紳士、モンテ・クリスト伯爵として。

しかし14年の間に研ぎ澄まされた復讐の刃は、意外な人たちをも地獄の淵へ追いやってしまう……。

人はどこまで冷酷になれるのか?

復讐の果てに、幸福を得ることはできるのか?

フランスの文豪デュマ・ペールが残した、人間の本質を問う名作を完全マンガ化。 

 

有名な巌窟王!!!!!

いやぁ、深く考えさせられたわ。

復讐心は何も生まない。

わかってても、その心を捨てるのって大変なことだよね。

 

第6位:夜間飛行 

夜間飛行 ─まんがで読破─

夜間飛行 ─まんがで読破─

  • 作者: サン=テグジュペリ,バラエティ・アートワークス
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2013/06/28
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

航空郵便の黎明期、南米路線を運営するリヴィエールの指揮の下、飛行士たちは己の命を懸け、前人未到の危険な夜間飛行に挑んでいた。

事業の確立のため、あえて冷徹に部下と接するリヴィエールだが、ある夜、勇敢な飛行士・ファビアンの機体が遭難してしまう……。

自らも飛行士としての経歴を持つ作家・サン=テグジュペリのベストセラーを漫画化!

 

サン=テグジュペリさんといえば、「星の王子様」で有名な人ですね。

あの人の別作品。

まずは「昔の飛行機ってこんなに危険でブラックな仕事だったのか」と驚きます笑。

それでも彼らは空へ行く。

なんていうか、すごくすごく勇敢な物語だった。

ただの航空郵便の話なのに。

 

ここから「とくにお気に入り」のトップ5

ここからはトップ5なので、気合を入れて紹介するよ!

 

第5位:ドグラ・マグラ

ドグラ・マグラ ─まんがで読破─

ドグラ・マグラ ─まんがで読破─

  • 作者: 夢野久作,バラエティ・アートワークス
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2013/06/28
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

f:id:noabooon:20151214023803p:plain

大正末期の九州大学精神科病棟。

記憶喪失の青年と彼を見守る法医学教授。

青年の脳裏に眠る迷宮入りの怪事件をめぐり、精神科教授が謎の死を遂げ、怪奇なる因縁に彩られた殺人事件が次々と巻き起こる。

怪奇と幻想の色濃い作風で名高い夢野久作の代表作。

「これを読むものは一度は精神に異常をきたす」といわれる伝説の奇書を漫画化。

 

アマゾンのレビューをみると、「原作のイメージと違う」「これは原作の文体でこそ恐怖が伝わる」「漫画化は無理。やっぱり原作じゃないと…」みたいな反応が多いんですが、個人的には十分楽しめました。

確かに原作のあの「わけがわからない雰囲気」とは少し違うんだけど、でも原作はわけがわからなすぎてもやもやするところも多かったので、これはこれでアリなんじゃないかなと。 

わかりやすさ、どういう話だったのか、どういう状況だったのかを理解する最初のとっかかりとしては、こちらのほうが良いと思います。

これを読んだあとに、改めて原作を読むとなお面白いかもね!

 

第4位:白鯨 

白鯨 ─まんがで読破─

白鯨 ─まんがで読破─

 

十九世紀アメリカ、人々の生活を照らすため男たちは鯨油を求めて大海原へ旅立つ。

海を支配するのは禍々しく神々しい巨大な白鯨「モビー・ディック」――――。

白鯨に片足を奪われ復讐に燃える船長エイハブ、過酷な運命に翻弄される旅の船乗りイシュメル。

海に生きる男たちと白鯨との死闘を描いた海洋冒険小説の名作を漫画化。

 

巨大白クジラを倒すことに命をかける海の男達の物語!!

なんか登場人物みんなかっこよくて、色々とテンション上がった!笑

 

f:id:noabooon:20151214023413p:plain

f:id:noabooon:20151214023417p:plain

 

アマゾンレビューでもこんな感じ!

手塚マンガを彷彿させるがっしりした線で描かれるストーリー、個性豊かな登場人物たち。
原作の見せ場をしっかり押さえつつもスピーディな展開で、文字どおり一気に読んでしまえます。

おすすめ!

 

第3位:羅生門(の中の「藪の中」)

羅生門 ─まんがで読破─

羅生門 ─まんがで読破─

  • 作者: 芥川龍之介,バラエティ・アートワークス
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2013/06/28
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 天災や飢餓に苦しむ平安時代の京都。

都のシンボル羅生門にも盗人が住み、死人が捨てられ荒廃していた。

屋敷をリストラされ路頭に迷う使用人が、死人の髪の毛を盗む老婆と出会い、生きるための手段を模索する表題作「羅生門」。

その他、大正文壇の寵児が今昔物語を題材に描いた「王朝もの」と呼ばれる作品全3編を漫画化。

 

タイトルは羅生門ですが、中身は「羅生門」「しゅう盗」「藪の中」の三作。

この中の「藪の中」が個人的にすっごいツボ!

 

f:id:noabooon:20151214024415p:plain

f:id:noabooon:20151214024419p:plain

 

藪の中で起きていた殺人事件。

その関係者が、全員「私が犯人だ」と語る。

困った検非違使は、「腕ききの霊能者」を呼んで、被害者の霊に真相を語らせようとするが…

 

もうね、すっごい面白かった!

芥川龍之介ってこういう作風だったんだなー、ほへーってなんった!

あまりに面白かったので、そのまま青空文庫で原作まで読んじゃった!

 

第2位:クリスマスキャロル

クリスマス・キャロル ─まんがで読破─

クリスマス・キャロル ─まんがで読破─

 

19世紀のロンドン。

人間嫌いの老商人・スクルージは、非情で利己的な商売で隣人や商売仲間からも嫌われていた。

そんな彼のもとに、かつての相棒マーレイの亡霊が現れて……。

格差が広がる産業革命渦中、イギリスの社会的矛盾に挑み、人間の尊厳を描き続けた文豪ディケンズのベストセラー「クリスマス・ブックス」の一編を漫画化!

 

素直に泣いた。

感動した。

自分の生き方をじっくりと見つめなおす良い機会を得た。

 

f:id:noabooon:20151214024915p:plain

f:id:noabooon:20151214024919p:plain

f:id:noabooon:20151214024923p:plain

f:id:noabooon:20151214024926p:plain

 

心の琴線に触れました。

最高に感動しました。

「隣人を愛せよ」のキリスト教の教義を受けているのか、今の自分を深く振り返りました。

マンガですが、自分が幸せになるには、他人を大切に幸せにすることだということがよく分かります。

お世辞ではなく、本当に傑作中の傑作です。

byアマゾンレビューより

 

第1位:レ・ミゼラブル

レ・ミゼラブル ─まんがで読破─

レ・ミゼラブル ─まんがで読破─

 

「罪人は死ぬまで罪人なのだよ」

19年間の投獄生活を経て出獄したジャン・バルジャンは、ミリエル司教の導きにおり新しい人生を歩むことを決心する。

だが数年後、名前を変え市長となったバルジャンの元にかつて牢獄で看守をしていたジャベールが警察署長として赴任してくる……。

フランス最大の詩人にしてロマン派を代表する作家・ユゴーのベストセラーを漫画化!

 

少し前に映画にもなって話題になったやつですね! 

レ・ミゼラブル ブルーレイ [Blu-ray]

レ・ミゼラブル ブルーレイ [Blu-ray]

 

 

もうね、すっごい大感動した。

シンプルな構図の物語なんだけど、最後まで惹きつけられて一気に読んじゃった。

ジャンバルジャンええやつや…

ジャベール警部も…最後…

 

f:id:noabooon:20151214025645p:plain

f:id:noabooon:20151214025650p:plain

f:id:noabooon:20151214025655p:plain

f:id:noabooon:20151214025659p:plain

f:id:noabooon:20151214025705p:plain

f:id:noabooon:20151214025710p:plain

f:id:noabooon:20151214025714p:plain

 

非常に素晴らしかった。

最後まで読ませます。

短い時間ですべてのあらすじを伝え、非常に強く心に残りました。

byアマゾンレビューより 

 

以上、まんがで読破シリーズのおすすめ文学作品まとめでしたー!

おしまい( `・ω・´)