中川龍のブログ

Tarot & Hint



力のキーワード「勇気」「自己受容」「潜在能力の発揮」とはどういうことか?

スポンサードリンク

タロットカードの力は、とても不思議なカードです。

このカードのタイトルは、力。

このカードで描かれているのは、女性がライオンさんを手なずけている図。

このカードのキーワードは、「勇気」「自己受容」「潜在能力の発揮」らへんだと言われています。

 

これだけ聞くと、「どうしてそうなのか?」がよくわからないですよね。

タイトルは力なのに、どうして描かれている図はムキムキマッチョマンではなく「ライオンを手なずけている女性」なのでしょう?

タイトルは力なのに、どうしてキーワードに「自己受容」が入ってくるのでしょう?

 

f:id:noabooon:20160708184736j:plain

 

 

まず最初に結論を言ってしまうと、

このカードの大きなメッセージは以下のようなものです。

 

人間が潜在能力を発揮するためには、勇気が必要である。

そして人間が勇気を抱くためには、自己受容が必要である。

 

人間てね「自分を許すことができた時」に初めて、「勇気」が湧いてくるんですよ。

そして「勇気を抱くことができた時」に初めて、「潜在されていた力」が発揮できるようになります。

 

このカードでは女性がライオンを手なずけています。

でもけして力づくではない。

ただちょっと腕を添えているだけ。

それなのにライオンさんは、おとなしく彼女に従っています。

 

このライオンさんは自分の嫌いな一面の象徴です。

人間は誰でも、「自分のこういうところが嫌い」っていうのがありますよね。

でもそういう自分を押さえつけるのではなく、許し、受け入れてみてください。

すると、ライオンさんが反発しなくなります。

そのときあなたは初めて、「潜在能力」を発揮できるようになります。

このカードが意味しているのは、そういうことです。

 

今の自分を受け入れる。

例えばよく、 「弱い自分が嫌いだ」と嘆いている人がいます。

弱い自分を変える方法は簡単です。

ひたすら戦い続けることです。

戦い続けて、失敗から学習しまくってれば、そのうち強くなります。

 

だけど「弱い自分が嫌だ」と言う人は、失敗を恐れて、なかなか戦いません。

いつまでもずーっと、うじうじしているだけです。

 

こういう人は、「弱い自分」を受け入れてみましょう。

今の自分がどれだけ弱くても、どれだけクソザコでも、それがありのままの自分ならしゃーないぜ!と考えてみましょう。

そういう自分を許しましょう。

ありのままの自分を受け入れてみましょう。

良い意味で、「今の自分がクソザコなら仕方ないじゃないか」と開き直って見ましょう。

 

すると、失敗することが怖くなくなるので、戦えるようになります。

頭の中で考えることが「弱い自分がいやだうじうじ」ではなく、「自分がなんであろうと、とりあえず出来ることをやるしかない」となります。

つまり、心が本気になります。

こういう意識の変革をすることで、人間は初めて「変わること」ができます。秘められていた力を解放することができます。

 

どうせ変われないとあなたが思うのは、ありのままの自分を受け入れたくないからだ

以下はとある書籍の冒頭文ですが、今回のテーマにぴったりだったのでご紹介しますね。

 

「どうしたら強くなれますか」 そんな質問が後を絶たない。

 

希望の光はいつも固定観念とは逆にあることが多い。

強くなるためには、強くなろうと力まないことだ。

強くなろうと必死に力むのは、自分に勇気がないから努力することで一時的に現実逃避しているだけだ。

本当に勇気がある人は、決して力まない。

強くなるための勇気とは、自分の弱さを正面から受容することだ。

自分の情けないほどの弱さと、とことん向き合うことだ。

自分の呆れ返るほどの醜さと、とことん向き合うことだ。

最初は自己嫌悪に陥ってしまうかもしれないが、それは向き合い方がまだ中途半端だからだ。

とことん向き合うと、自分という人間がこれ以上でもこれ以下でもない存在だと把握できる。

ありのままの自分を把握できた人は、ありのままの自分を愛せる。

欠点も含めたすべてが自分なのだと愛おしくなる。

ありのままの自分を愛せた人は、ありのままの他人も愛せる。

ありのままの自分を愛せない人は、ありのままの他人も愛せない。

自分を愛せることが、勇気だ。

他人を愛せることが、勇気だ。

「強さ」と「弱さ」は敵対するのではなく、親友なのだ。

by「どうせ変われないとあなたが思うのはありのままの自分を受け入れたくないからだ」より

 

そういうことです。

人が強くなれるときってのは、弱い自分を受け入れたときなんです。

 

弱い自分を否定するのではなく、受け入れたうえで期待する

弱い自分が嫌いだ。

だから強くなりたい。

そういう人は永遠に強くなれません。

 

本気で弱い自分を変えたいなら、弱い自分を否定するのはやめ、受け入れてあげましょう。

そのうえで期待してあげるようにしましょう。

 

 

タロットカード「力」のリーディング。 

もしこのカードが「とるべき行動」に出た場合は、、「今の私がとるべき行動は自己受容だ」と考えてみましょう。

今の自分の嫌いなところはどこでしょうか。

その嫌いな自分を、受け入れてみましょう。

 

もしこのカードが「未来」に出た場合は、あなたは「自己受容することで道を切り開くことができる」ってことです。

もしこのカードが問題点や障害に出た場合は、あなたは「自己受容ができていないこと」で、何か道を閉ざしてしまうのかもしれません。

そこらへんをよく自問自答してみましょう。

 

ってことになります。

どこかの誰かの参考になれば幸いです!

 

「どうせ変われない」とあなたが思うのは、「ありのままの自分」を受け容れたくないからだ