スポンサードリンク

タロットカード15「悪魔」の意味。 恋愛・仕事での解釈例。

f:id:noabooon:20170929173824j:plain

 

 

 

「悪魔」の基本的なキーワード

ポジティブな意味

敵は自分自身以外には存在しないということ、

 

ネガティブな意味

堕落、惰性、欲望

 

エレメント

 

悪魔のキーワード解説

このカードでは、悪魔とそれに支配される男女が描かれています。

悪魔は欲望の象徴。

この悪魔は情欲の象徴である「たいまつ」を握っています。

その頭角や尻尾は野蛮な獣性を象徴しています。

人間の男女は鎖で繋がれ、悪魔の奴隷となっています。

彼らは今、尻尾すらも生え、少しずつ魔物になろうとしています。

男女は一見すると鎖で繋がれているように見えます。

しかしその拘束はよく見ると、とてもゆるいです。

本気で抜け出そうと思えば、いつでも抜け出すことができそうです。

しかし彼らはそのことに気付いていません。

「仕方ないんだ」

「頭ではわかっちゃいるけど、どうしてもやめることができないんだ」

…とでも言いたげに、その状況に甘んじています。

 

全ての「できない」は、「する気がないだけ」である。 

アドラー心理学では、

「全てのできないは、実際はする気がないだけで、そのことを自分の意志ではないとごまかすために『できない』と思い込んでいるだけである」

と断じています。

これは体験がない方には想像がつきづらいかもしれませんが、実際そういうものです。

 

人はついつい

「●●という状況があるから、できない」

「他者の誰かが●●だから、できない」

「仕方ない」

と思い込もうとしがちですが、こんなものは全て、ただの言い訳です。

もしそのテーマに対して本気でやる気があるなら、人はどんな状況であろうと、他人がどうであろうと、「ではどうすればできるようになるか?」しか考えません。

状況や他人を理由に「できない」と判断し、そこで思考停止している時点で、それは本音では「する気がないだけ」です。

 

アラビアのことわざでも、

何かをしたい者は手段を見つけ、

何もしたくない者は言い訳を見つける。

と言われています。 

 

悪魔の覚醒とは?

本によっては、悪魔のカードの逆位置などで、「覚醒」というキーワードが設定されている場合があります。

僕はこれを見るたびに、妄想代理人というアニメを思い出します。

 

このアニメの中で、「猪狩」という刑事がでてきます。

彼は昔ながらの古臭い刑事で、科学的な捜査手法や、現代的な考え方についていけません。

だから、職場の同僚からも「めんどくさいやつだ」と疎まれています。

誰からも評価されません。

誰からも必要とされません。

どんどん窓際に追いやられていく日々。

彼はそういう自分のことをいつも「俺は古い人間だから」と表現し、「だから仕方ない」と考えていました。

 

この作中では、「その人物の願望を具現化する能力」をもった少年バットという謎の存在が出てきます。

物語の後半で、猪狩は少年バットの能力で「懐かしい昭和のような街並みの世界」に誘われます。

そこは携帯電話もなく、街中では竹馬やメンコで遊ぶ学生たちがおり、個人経営の小料理屋が残っており、いかにも昭和初期といった感じの街並み。

その中でほっかむりをかぶった「いかにもコソ泥のような格好をした男」がおり、猪狩はそれを逮捕することで街中の人々から賞賛されます。

まさに猪狩が望んでいた世界。

 

しかし猪狩は、その妄想世界のなかで、「死んだはずの妻」に出会います。

そこで、過去に自分自身が、妻に放ったある言葉を思い出します。

 

「お前はただ逃げようとしているだけだ。

その場しのぎの救いなど、まやかしに過ぎん。

どんなに苦しくても、目を背けず、一緒に乗り越えて行くんだ」

 

これを機に正気を取り戻した猪狩は、自らが作り上げた世界をぶち壊すべく、バットを手にとり、妄想世界のあらゆるモニュメントに振り下ろすのでした。

 

悪魔のカードを見ると、僕はいつもこの物語を思い出します。

悪魔にとらわれている状態というのは、猪狩の言うような「まやかしに逃げている状態」なのでしょう。

そして、「まやかしをまやかしだと認める勇気」ができたとき、人は覚醒するのでしょう。

 

悪魔のリーディング例

このカードが出た時、相談者はこんな状態になります。

「楽なほうに流される」

「本当は間違っているとわかっているのに、これまで通りを続けてしまう」

「欲求を抑えられない」

  

例えば恋愛について占っているなら、不毛な肉体関係を続けてしまうかもしれません。

あるいは束縛や執着心を捨てられないのかもしれません。

仕事において占っているなら、「明日から本気出す」と言い続けたまま、いつまでも同じ地点でぐるぐるしてしまうのかもしれません。

 

決していい意味のカードではないので、これが出てしまったときは悲しい気持ちになるかもしれません。

しかし上記でも説明した通り、悪魔の拘束は明らかにゆるく、本気を出せばいくらでも抜け出すことができるものです。

これはポジティブに解釈するならば、「全ては自分次第」ということです。

今の相談者には、障害など無いのです。

あるとすれば、それは自分だけなのです。

 

その他のカード解説

0「愚者」の意味

1「魔術師」の意味

2「女教皇」の意味

3「女帝」の意味

4「皇帝」の意味

5「法皇」の意味

6「恋人たち」の意味

7「戦車」の意味

8「力」の意味

9「隠者」の意味

10「運命の輪」の意味

11「正義」の意味 

12「吊るされた男」の意味

13「死神」の意味

14「節制」の意味

15「悪魔」の意味

16「塔」の意味

17「星」の意味 

18「月」の意味

19「太陽」の意味

20「審判」の意味

21「世界」の意味

小アルカナ「ワンド」の意味

小アルカナ「ソード」の意味

小アルカナ「カップ」の意味

小アルカナ「ペンタクル」の意味