読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中川龍のブログ

Tarot & Hint



モチベーションを維持したいなら、「仕組み」を工夫しよう!

心のヒント 人生のヒント

f:id:noabooon:20160713085036j:plain

 

恋愛でも仕事でもダイエットでも、何かを目指すときはモチベーションが大事ですね。

モチベーションが湧き上がってるときは、何をしてても辛いとは感じない。

モチベーションが湧き上がらないときは、何をしてても辛く感じる。

同じことをしていても、自分の中のモチベーション次第で、その受け止め方はまるで変わってしまう。

では、そのモチベーションを高く維持するには、どうすればいいでしょう?

 

…その答えは、「仕組みを作ること」かもしれません。

 

 

最近読んだ本で、たまたまこんな一文がありました。

 

ようするに、本書の言いたいことは成功者はモチベーションのムラを仕事に影響させないということだ。

成功者は自分のムラッ気も理解しているから、どんな気分でも目標に向かっていくような仕組みを作っている。

 

成功者はムラッ気が少なく安定して努力を続けられる性格を有していると考えられているかもしれない。

しかし実際はそんなことはない。

by「モチベーションに影響されないから成功する」より

 

ようするに3行でまとめると

  • 成功者はモチベーションが高いから成功するのではなく、
  • むしろモチベーションにムラっ気があることを理解しているから、
  • そういう自分でも大丈夫なような仕組みを作ることをいつでも考えてる

ってことです。

 

なるほどなーって感じですね。

これ読んでて思い出しましたが、そういえば昔、知り合いのダイエットブロガーさんがこんなことつぶやいてました。

 

 

なんかこう、ダイエットにしろ事業にしろ、何事も一緒なのかもしれないですね。

 

「成功するには、確かにモチベーションが大事」

「だけどモチベーションはけして安定するものじゃない」

「だからこそ、モチベーションに左右されない仕組みを工夫することが一番大事」

ってことなんでしょう!

 

本書ではさらにこう続きます。

 

成功者ほど、ムラッ気が強い。

これには理由がある。

 

成功する人は基本的にはチャレンジャーだ。

前例のないことに挑戦する。

自分のやり方で挑む。

自分のやり方は前例のないことだから自信があっても不安はなくならない。

不安になればモチベーションは下がる。

頭も心も動かなくなる。

だから、人よりもモチベーションが下がっている時間が長いし、下がり方も深い。

あまりの不安に占いにすがったりする経営者も少なくない。

それほど、モチベーションが下がりやすいなかで成功するには、モチベーションに関係なく業務を推進していける仕組みを作るしかないのだ。

 

おお、なるほどなるほどね!

そう言われて考えてみると、「ダイエットが続かない人」ってのも、規模は違えどその瞬間は、「挑戦者」なんですよね。「チャレンジャー」なんですよね。

ってことは、やってる途中で不安になったりモチベーションが下がったりするのは、当たり前のことなんでしょう。

 

事業を起こすような人だって不安になればモチベーションは下がる。

ってことはダイエッターだって、モチベーションが安定しないのは当然だ。

それは誰でも一緒。

当たり前のこと。

だったら、そういう自分を責める必要はどこにもない。

 

もしあなたが、「モチベーションを維持できない自分」に悩んでいるなら、そんな自分のことを「根性なし!ばか!」って責めるのは、今日限りもうやめてあげてください。

そうではない。

あなたに足りないのは、けして根性ではない。

あなたはけしてダメ人間なわけじゃない。

 

あなたに足りないのは、あとほんの少しだけの工夫!

それだけ!

っていうふうに考えるようにしましょー!

そうすると、これまで見えていなかったものが何か見えるかもしれませんよー!

 

モチベーションに影響されないから成功する。 10分で読めるシリーズ

モチベーションに影響されないから成功する。 10分で読めるシリーズ

 

 

おしまい!