読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中川龍のブログ

Tarot & Hint



タロットカードの意味の覚え方


f:id:noabooon:20160124171123j:plain

 

「タロット」「覚え方」って検索ワードで辿りつく方がいらっしゃったようなので、なんとなく書いてみます。

タロット初心者が、タロットカードの意味を覚えるにはどうすればいいでしょうか?

  

1:そもそも、覚えなくていい

いきなり根本を覆してしまうんですが、僕は別に、カードの意味なんて覚えなくていいと思うんですよね笑

だってさ、そんなん、やってれば自然と覚えるでしょう。

 

実をいうと僕は、まだ占い屋を始めたばかりの頃、小アルカナはぜんぜん覚えてませんでした。←

あの頃の僕は、「タロットの解説書を読みながら」考えてやってましたよ。笑

それでも、早く覚えなければという焦りは全くありませんでした。

だって、「やってればそのうち慣れて覚えるだろう」と思ってたからです。

 

2:覚えようとするのではなく、慣れるようにしよう

というわけで、これからタロットカードの意味を覚えたい人は、ぜひとも覚えようとするのやめてみましょう。

代わりに、とにかく実際に何度も占いましょう。

自分占いでもけっこう。

他人を占ったほうが尚良いと思うけど、まぁそこらへんは自分に合ったやり方をチョイスしてください。

とにかく、毎日占いまくりましょう。

 

僕は占い屋を始めたばかりだった当時、ネット上で無料占いを募集して、毎日5人は占ってましたね。

週に1度占ってる人と、毎日5人占ってる人、どちらが覚えるの早いでしょう?

明白ですよね。笑

 

まぁ、占い師を目指してるとかでなければ、普通の人はそこまで極端なことしないでいいかもしれませんが、それでもとにかく数をこなすことは大事だと思います。

 

毎日1回でもいいので、占うようにする。

え?そんなに時間がない?

だったらシンプルなやつにしましょう。

ワンオラクルとか。

毎日、「明日の自分への助言」ってことでワンオラクルを引いてみる。

これだったらどんなに忙しい人でも、できるでしょう。

こういう感じで、今のあなたができる範囲でいいので、生活の中にタロット占いを組み込んでください。

 

それを繰り返していけば、自然とカードの意味は覚えられるでしょう。

ようするに結論としては、古来よりあることわざの一つに集約されます。

 

習うより、慣れろです。

覚えるより、慣れろです。

 

結局やっぱりこれが、一見遠回りに見えて一番近道だと思います!

 

こちらの記事もどうぞ!

www.dshocker.com