読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中川龍のブログ

Tarot & Hint



弱いやつは幸せになれない。


f:id:noabooon:20160805181853j:plain

 

不幸な人の多くは、幸せに関する一番基本的な法則「弱いやつは幸せになれない」を理解してないことが多い。

 

彼らはこう考えている。

「こんな弱い自分のままでも幸せになりたい」

「こんな情けない自分のことを許してくれる誰かに出会いたい」

 

これは言い方を変えれば

「こんな私のままでも幸せになる権利があるはずだ」

と考えているのと同じだ。

 

こういう人にははっきり言おう。

「そんな権利はない。弱いままのあなたでは、絶対に幸せにはなれない」

 

 

時間は戻せない、物体は上から下に落下する、それと同じように「弱い奴は幸せにはなれない」という事実が、この世界にはある。

 

世界は優しくない。

そもそもこの世界は、弱いものに優しくできていない。

動物たちの世界を見てほしい。

弱いものは、喰われる。死ぬ。

そこに善も悪もない。

これがこの世界本来の姿なのだ。

この世界では、弱いということは、ただそれだけで「不幸になる理由」なのだ。

この世界本来の姿は、「弱者は死ね」なんだ。

 

もう少しわかりやすい例で例えるなら、親が子を虐待するのはなぜだ?

その親が弱いからだ。

彼らだって、好き好んで子供を虐待しているわけじゃない。

しかし彼らは弱いから、自分のストレスを解決する方法が、自分より弱いものに八つ当たりする以外、思いつかないのだ。

 

あなたが恋人を大切にできなかったのはなぜだ?

そのときのあなたが、弱かったからだ。

弱いから、自分のことで精一杯になり、相手のことまで思いやれなかったのだ。

もしあなたがもっと強ければ、今もまだ幸せな日々を過ごしていたかもしれない。

でもあなたはそうではなかった。

だから今、その恋人はあなたの隣にいない。

 

あるいはもっとストレートに、今あなたに攻撃してくる者が現れたとき、あなたがそれに逆らえないのはなぜだ?

あなたが弱いからだ。

 

こうして考えていくと、この世界のあらゆる不幸は、すべて「弱さ」に起因している。

そう、弱いということは、ただそれだけで不幸を招くことなのだ。

もう一度言おう。

この世界を動かしている法則は、「弱者は死ね」なのだ。

 

だけどそんな中、この世界に反逆した奴らが現れた。

それが人間だ。

人間は他の動物たちと違った。

人間は優しかった。

人間は愛に溢れていた。

だから、「弱い人でもそれなりに生きていける仕組み」を作ろうとした。

それが、今のこの社会だ。

だけどこれはあくまでも、人間が優しいからそうなっただけで、これ自体が「この世界の本来の姿ではない」のだ。

 

だから、「弱いままの俺でも幸せになる権利があるはずだ」という考えは、間違ってる。

それは、あなたの弱さを許してくれた人達への感謝がない。

あなたが弱かった分を、他の誰かが穴埋めしてくれていたことへの感謝がない。

それは明確にまちがっている。

 

はっきり言えば、弱いままのおまえに幸せになる方法なんてないんだ。

この世界にそんなものは用意されていない。

弱いおまえは、人間の優しさによって、生かしてもらえているだけなんだ。

 

弱いあなたでもいい、だけど弱いままではダメ。

つまり僕が言いたいことは、こういうことだ。

 

人間は優しい。

だから、あなたが今弱かったとしても、そのことを恥じることはない。

罪に感じることもない。

だけど、それを「当たり前のこと」だと思ってはいけない。

 

なぜなら、これは人間が優しいから後で作った法則であり、この世界が初めからそういう風にできているわけではないからだ。

世界はむしろ、「弱いやつは死ね」という法則によって動かされている。

 

だから人は、いつか強くならなければいけないんだ。

少なくとも、「そうなろうとする姿勢」だけは持たなければいけない。 

これらの事実から目を背け、「弱いままでも幸せになる権利があるはずだ」というファンタジー物語を信じて生きていれば、最終的に苦しい思いをするのは自分自身だ。

 

というわけで、今何かが苦しいと感じている人は、とにかく強くなってみよう。

力をつけてみよう。

具体的に何の力をつければいいか?

それは、あなたの置かれている状況によって違うので一概には言えない。

だけどとにかく「弱いままでは、絶対に幸せになれない」ということだけは覚えておいてほしい。

 

ってふと思った!!!!!!!!!