タロット占いの歴史や背景が学べる書籍

スポンサードリンク

f:id:noabooon:20160907042112j:plain

 

  • タロット占いにも慣れてきて、さらなるスキルアップをしたい
  • タロット占いについて、より理解を深めたい。

こういう方は、今回ご紹介する2冊を読んでみてください。

 

初心者向けのタロット教材は、カードの意味は書いてあっても「その根拠」までは書いていません。

今回紹介する本には、解釈の仕方も、スプレッドも、一切載っていません。

しかし、「解釈の根拠」が書いてあります!!!!

 

タロット初心者の多くが、「いろんな本を読んだけど、どうしても自分の解釈に自信が持てない」という状態に陥りがちなのは、こういう「根拠」を知らないからです!

ぜひとも根拠を知り、ぶれないタロットリーディングができるようになってください✨

 

タロット占いの歴史や背景が学べるおすすめ書籍 

1タロット大全 

とにかく分厚く、情報量が豊富なことで有名です。

二冊合わせると総ページ数は1000ページ近くに及び、おそらく国内で買えるタロット関連書籍の中では最大ボリューム!

その分お値段はやや高いですが、それだけの価値があります。

 

著者は占い研究家の伊泉龍一さん。

この本を書くにあたり、ものすごい数の文献や書籍を読み漁ったものと思われ、とにかく情報量がすさまじいです。

タロットの歴史や背景が、ぎっしりと詰まっています!!!!!

「大全」の名にふさわしく、これまでの日本のタロット本をすべて足しても、この本の情報量にはかないません。

お値段はちょっと高めですが、何冊も他のタロットの本を買うことを考えたら、むしろ安いぐらいです!

 

 

2タロットの歴史―西洋文化史から図像を読み解く

とにかくフルカラーでわかりやすい本です!

情報の総量でいえば、一つ前の「タロット大全」にはかなわないのですが、こちらは難しい本を読み慣れていない人向けに書かれているらしく、図解中心でとにかくわかりやすいです!

学生時代の歴史の教科書のようなノリで、タロットの歴史をすいすいと学べます!

お値段もタロット大全が4000円超えなのに対して、こちらは2000円代なのでお手頃!

まずはわかりやすそうな本から読みたい人は、こちらを買ってみましょう!

巻末に「タロット歴史年表」ってのがあるんですが、それを読んでるだけでも楽しいよ!!!! 

 

 

以上、「タロット占いの歴史や背景が学べるおすすめ書籍」でしたー!