読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中川龍のブログ

Tarot & Hint



【初心者向け】手相占いの独学・勉強に役立った書籍

占いコラム

f:id:noabooon:20160810121220j:plain

 

 

こんちあ!

中川龍です!

 

僕はタロット屋なんですが、最近タロット以外の占いにも、とても興味がわいています。

手相、占星術、四柱推命、算命学、姓名判断…

 

その中でもとくに最近はまってるのは、手相です。

手のしわから、その人の人生や運命、運気を見るやつ!

 

僕はもともとタロットやオラクルカードなどの朴術系の占い(ランダム要素によって吉凶を見るタイプの占い)にしか興味がない人だったんですが、相術系の占いも学んでみると、これはこれでおもしろいですね!

もしかしたらそのうち、セッションにこういうのも組み込むかもしれません。

 

というわけで今回は、僕がこれまで読んだなかで、「役立った」と感じたおすすめの本を何冊か紹介してみます。

これから手相を学んでみたい人は、よかったら参考にしてみてくださいな!

 

手相占いの独学・勉強に役立つ書籍

1基礎からわかる手相の完全独習

この本はもう、タイトルからしてまさに「独学のため」に作られてる本ですね笑。

 

手相の本を何冊か読んでいると、どの本でも「丘」という言葉が出てきます。

しかしこの丘ってのがどういうことなのか、いまいちわかりづらい。。。

しかしこの「手相の完全独習」では、丘の持つ具体的な意味が、丁寧にわかりやすく書かれています。

これらの丘の意味と、手のひらの線の意味とが合わさって、「あなたはこういう人」と鑑定されていたのかと納得。

自分の手相を見たときにも、線が表す意味をイメージしやすくなりました。

 

手相の歴史とか著者自身のエピソードみたいな、余計な要素が一切無いところもいいです。

本当に手相の見方のみに特化した内容。

どれにしようか迷ったら、まず、これを読んでみましょう!

 

 

2西洋手相術の世界ー「手」に宿された星々の言葉 

占い研究家で、タロット大全の著者でもある「伊泉龍一」氏が共同執筆している本!

この人の本は、「情報量がものすごい」ことで有名ですが、本書でも期待を裏切りません。

実践的な細かい解釈例も掲載されているし、手相占いの歴史なんかも解説してくれているので、一般的な解説書ではまず読むことができない「知識」が詰め込まれています。

 

何よりも良かったのは、「恋愛、仕事それぞれについて占うときの項目別チェックシート」が巻末に記載されていること!!!!

そう、手相初心者が最初にぶちあたる壁って、「何から見ていけばいいかわからないこと」なんですよね。

でもこのチェックシートに従って見ていけば、初心者でもいきなりしっかり手相占いできちゃいます!!

「なるほど、手相ってこういうことだったんだ」 と、うなること間違い無し!

おすすめです!

 

 

3手相の教科書

この本は、情報量そのものはそこまで多くないのですが、解釈の仕方がものっっすごい前向きで、「そうかそうかそういう風に解釈すればいいのか」と、勉強になります!

例え一般的には悪い意味に捉えられがちな線でも、それをいかにしてポジティブに解釈し、人生を前向きなものにしていくか、そういう視点を多く学ぶことができました。

このメソッドは、タロット占いなんかにも応用できることだなーと思って、とても楽しかったです。

僕もタロットからのメッセージをもっともっと前向きわっしょいな解釈ができるようになろーっと!

 

手相の教科書

手相の教科書

 

 

 4:飲み屋でウケる手相占い

タイトルだけ読むと、とても不純な感じがする書籍なのですが、意外にもしっかり基本が学べました笑

前述の「基礎からわかる手相の完全独習」や「西洋手相術の世界」なんかに比べると、さすがに情報量はしょぼいです。

本当に基本中の基本、一般的なことしか書いていません。

 

…でも、だからこそ逆にわかりやすい笑笑

とりあえず最低限の基本的なことだけを理解するには、とても役立ちました。

 

また、タイトルの通り「飲み屋でみんなできゃーきゃーすること」を目的に作られているので、「手相のよくあるパターン集」みたいなのがまとめられており、完全素人でもひとまず最低限は手相占いを楽しむことができます笑

基礎中の基礎を、まずはざっくり学びたいという方におすすめ!

 

飲み屋でウケる手相占い

飲み屋でウケる手相占い

 

 

以上、「手相占いの独学・勉強に役立つ書籍」でしたー!