読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中川龍のブログ

Tarot & Hint



本物の神は「自分の中」にいる。偽物の神は「あなたの目の前」であなたに微笑む。

占いコラム

f:id:noabooon:20160929173123j:plain

 

世の中には、占い依存症になったり、霊感商法にひっかかったり、怪しい宗教にはまっちゃう人がいます。

なぜこの人達は、そうなっちゃうのでしょう?

その答えは、彼らが「神とは自分のこと」ってのを理解していないからです。

 

あ、待ってください。

いま「神」というワードを見て、「うあああ!怪しいスピリチュアル系のブログだぁぁぁぁ」と思ったそこのあなた!待って!

もうちょい全部読んでみて!笑

それから判断して!笑

 

さて、「神とは自分」です。

もう少し正確にいうと、「自分の内側」にあるものです。

けして「自分の外側」にはいません。

 

どういうことかというと…

 

そもそも神とは何か?

f:id:noabooon:20160929175421j:plain

 

以下は別の方のブログで書いてあった内容ですが、いい感じにまとまってたので紹介しますね。

 

神様って自分とは違う誰かなのでもなく、人間とは違う偉い人なんかじゃなく、神様とはもう1人の自分なんだと最近思うようになった。

 

1人の自分の中にいろんな自分がいて、時に心の中で悩みや迷いや葛藤が生じたりする。

例えば、今日はポテチを食べようか、いや体に悪そうだからやめておこうかみたいな。

1人の自分は「食べたいなら食べるべきだ!」と言い、もう1人の自分は「今日はやめておきなさい」と言う。

これが神様だと私は思う。

 

神はどうして生まれたか?

f:id:noabooon:20160929175752j:plain

 

人ってややもするとラクな方やズルい方に流されがちだ。

ポテチを食うかどうかぐらいたいした問題ではないけれど、例えば、道端に財布が落ちていて、10万円ぐらい入っていたとして、「警察に届けるべきだ」という模範的な自分と、「今、超金欠でお金ほしいからネコババしちゃおうか」というもう1人の自分がいて、後者の気持ちが前者の気持ちを上回れば犯罪を犯すことになってしまう。

そこで宗教を作り出し、神様を作り出した。

 

自分ともう1人の自分との対立構造では弱い自分に負けてしまう人が増え、犯罪だらけの社会になってしまう。

そこでもう1人の自分ではなく、別の誰かであったり、別の物であったり、人間とは違う偉い神様を作り上げ、「神様が見てるから悪いことすんじゃねえぞ」と、様々な儀式やら礼拝やら何やらをさせて、行儀よく生きるための作法=指針とするわけだ。

 

本物の神は「自分の中」にいる。偽物の神は「あなたの目の前」であなたに微笑む。 

f:id:noabooon:20160929175534j:plain

 

ただここであやういうのが教祖みたいなのがいて、教祖自身が神様になっちゃったり、神の使いと称して神のお告げを聞けるみたいなもの。

教祖がこの権威を悪用すれば、金をせしめたり、信者にとんでもないことをさせたりすることができる。

でもこんな風に宗教がねじまがってしまうのは、もう1人の自分に負けてしまう弱い人間が、何かにすがろうと神頼みをしてしまうからだ。

 

神といった途端、疑問なくすべてを受け入れてしまう。

まともな宗教ならいいが、いいように操られてしまう恐れもある。

 

祈りとは神頼みをすることではなく、自分に約束すること

f:id:noabooon:20160929175843j:plain

 

ほんとは神様も教祖もいない。

弱い自分に打ち勝つもう1人の自分を持てるかどうか。

神様は一人一人の心の中にいて、それは他ならぬ自分自身。

自分自身が神様であり、自分の人生をいかようにでも変えることができる。

自分自身の神様=心をどう持っていくかで日常や人生が変わるのだ。

そこでどんな宗教にも祈りが必要になる。

祈りとは神頼みすることじゃない。

自分自身への暗示効果だ。

 

本当の救いは「他人」からはもらえない。自分自身で創造することで初めて得られる

f:id:noabooon:20160929180029j:plain

 

世界を旅して思う。

すべては自分の心の捉え方次第。

自分自身の心こそが果てしない世界であり宇宙。

自分の心次第で楽しくもなりつまらなくもなり、

同じ景色を見ても、まったく違った風に見えるのだ。

 

神頼みではなく誰が頼みではなく、自分自身に自分で頼む。

それがまがいものやイヤなことに依存せず、自立し楽しく生きる道のスタートラインだと思う。

 

引用元

神とはもう一人の自分であり、祈りとは自分への暗示効果 : 好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

 

ようするに簡単にまとめると

  • 占い・霊感商法・カルト宗教にはまる人達は、「問題」に対して自力で解決しようとする姿勢がない。
  • 超能力とか、霊感とか、なんかすごい神様とか、とにかく「自分以外の誰か」に救ってもらおうとしてる。
  • だから、「神のふりをした偽物」に騙され、依存する。
  • だから、占い・霊感商法・カルト宗教にはまる。

ってことです。

 

この世界には「二つのスピリチュアル」があります。

 

一つは本来のスピリチュアル。

こちらは人間の自力を解放し、成長を促し、前を向くためのヒントをくれます。

 

もう一つは偽物のスピリチュアル。

こちらはあなたの無力感を受け入れてくれます。

あなたは無力なままでいいんだよ、大丈夫だよ、安心していいよ、なんとかなるよ、という偽りの希望をくれます。

でもこちらは現実には何も変わっていないので、基本的にはお金を消費するだけで、何の意味もありません。

 

ようするに僕が言いたいことを1行でまとめると 

「偽りの神に、騙されるな!!!!」

ってことです。

 

神さまとのおしゃべり ?あなたの常識は、誰かの非常識?

神さまとのおしゃべり ?あなたの常識は、誰かの非常識?

 

 

おしまい( `・ω・´)