中川龍のブログ

Tarot & Hint



史上最高のアイデア連想本、「ひらめきの作法」を読みました!

スポンサードリンク

「ひらめきの作法」

という本を読みました。

 

アイデアを連想する系の本はこれまでに何度も読んだことがあるんだけど、この本で書いてあることはとてもシンプルで良かった。

シンプルだから理論がわかりやすい。

シンプルだからすぐに実践できる。

 

これは久々に良書だー!

とテンション上がったので紹介してみますね!!!!!

 

“ひらめき”の作法

“ひらめき”の作法

 

 

 

アイデアを連想するたった三つのプロセス

f:id:noabooon:20161027204438j:plain

 

この本で書いて「アイデアを閃く方法」はとてもシンプル。

たった三行でまとめることができる。

 

  1. 既存のバイアスを見つける
  2. そのバイアスを壊す。
  3. 新しく結合できるものを探す

たったこれだけ!!!!!

 

既存のバイアスとはつまり、「りんごといえば赤だよね」とかそういうもののこと。

とにかく今の自分が携わっている何かに対して、「○○といえば△△だよね」という一般的な固定観念を見つける。

見つけたら、それを壊す。

そして、新しく結合できるものを探す。

たったこれだけで、無限のアイデアが湧いてくると本書では書かれている。

 

確かに実際に試してみると、本当に湧いてくる!!!!!

たったこれだけの思考で、ぽんぽこアイデアが湧いて来る!

不思議!

 

そして気付いたのだけれども、僕はこれをわりと自然とやってるところがあったかもしれない。

「占いといえば対面でするもの」というバイアスを壊して、「メール中心の占い師」として活動してたから、今の僕がある。

「占いといえば未来を当てるもの」というバイアスを壊して、「自己内省のツールとしての活用法」という提案をしたから、今の僕がある。

 

わぁ!

自分で気付いてなかったけど、案外やってるじゃん僕これ!!!!!!

さすが私!!!!!!

賢い子!!!!!!!!

 …なんて自画自賛をしながら、今日も本書を片手にアイデア出しを楽しんでる日々であります。

 

このメソッドを応用すれば、悩み解決にも役立つ

さらに読んでて思いましたが、このメソッドは悩み解決にも役立つと思いました。

何かに悩むときって、自分の中になんか変な固定観念があるときなんですよね。

 

彼の反応が冷たい

→嫌われたかもしれない

と連想しているから、不安になる。

 

そこでこのメソッドを使う。

→嫌われていないかもしれない。

→もしそうではないとすればどんな根拠がある?

みたいな感じで、どんどん色んな連想ができる!!

 

以上、新しいアイデアが出せなくて困ってる人は、ぜひ本書を読んでみてくださいな!

シンプルだけど奥が深くて、おもしろいよ!!

 

“ひらめき”の作法

“ひらめき”の作法

 

 

おしまい(`・ω・´)