読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中川龍のブログ

Tarot & Hint



国産ボードゲーム「街コロ」の公式大会「街コロ王決定戦」に参戦してきました!!!!

雑記

f:id:noabooon:20170115170419j:plain

 

渋谷のボドゲカフェ「ジェリージェリーカフェ」の

街コロ王決定戦

というイベントに参加してきました。

 

jellyjellycafe.com

 

そもそも街コロってなーに?

いちおう街コロを知らない人のために軽く解説!

街コロとは何か?

それは、日本国産のボードゲームです!

国産ゲームでは唯一、ドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされたことがあり、ボドゲ好きの間ではすげー有名なやつです!

 

f:id:noabooon:20161109153930j:plain

http://gigazine.net/news/20151216-machi-koro/

 

やることは超絶シンプル!

毎回自分の番になったらサイコロを振る。

出た目に応じて、施設が稼働し、お金を得る。

そのお金で新しい施設を買う。

それを繰り返して、最初に4つのランドマークを建設した人が勝ち!

 

施設によって「1の目がでたときに1コイン」「4の目が出たときに3コイン」など、発動条件が違います。

 

また、各施設ごとに「対象出目を自分で出したときだけ稼働する」というのもあれば、「他人が出したときでも稼働する」というのもあり、状況に応じてどの施設を買うのが一番効率的にお金を稼げるかを考えながら、一番を目指していくゲームです。

こういうと難しそうに感じるかもしれませんが、実際にやることは「サイコロ振る」「お金を得る」「施設を買う」を繰り返すだけなので、子供でもできるよ!!!! 

 

 

街コロ王決定戦レポート!

さてここからは街コロをすでに知ってる人向けに書いてくので、わからない人はごめんなさいね!!!!

実は昨日、渋谷のジェリージェリーカフェで「街コロ王決定戦」というイベントが行われていたので、おもしろそうだったので参戦してきました!

 

 

といっても参加者は全部で15人!

ぜんぜん小規模!!!!!

制作元のグランディングさんの公式大会でこの人数しか集まらないとは。。。

まだまだボドゲ界は人口が少ないんだなーと感じます。

 

街コロは最大4人でプレイできるゲームなので、15人を四卓に分け、それぞれの卓で1位とった人が決勝戦に進出、その決勝戦で勝った人がそのまま優勝という、こじんまりした大会でした。

 

第一試合はギリギリ突破!!

はい。

第一試合は突破できました!!!!!

いちおうわりと「本気で勝つ気」でいったからね!

事前にサイコロシミュレーションと確率計算とかは完璧です!!!!

 

僕の卓だけ3人卓だったんですが、スタートプレイヤの赤ダウンおじさんは、ひたすら森林と家具工場をそろえるタイプ。

二番目のお姉さんは、ひたすらカフェしか買わないタイプ。

 

二人ともプレイスタイルが一直線だったので、僕は最後手番だったのにすんなりとコンビニとパン屋を独占しました。

街コロにある程度詳しい人は知ってると思いますが、このゲームはコンビニとパン屋を買い占めての1D戦法がとても強いです。

それがすんなり決まってしまいました。

そのまま、第一試合突破!

よっしゃ!!!!

 

試合終了時の、最終的な僕の購入施設は、こんな感じでした。

 

f:id:noabooon:20161108192640j:plain

 

見事にパン屋とコンビニしか買ってません。笑

 

決勝戦、まさかの「森のカフェ戦法」に敗れる

というわけでそのまま決勝戦に進んだんですが、僕はここで敗れました。

しかもその負け方がびっくり!!!!!

 

スタートプレイヤーは、細目のお兄さん。

お兄さんはひたすらカフェと森林しか買いません。

僕は二番手プレイヤー。

今回もコンビニとパン屋を買い占めてやろうと思ったんですが、三番手と四番手が「そうはさせない」とコンビニ&パン屋を妨害購入してきます。

僕はビジネスセンターを購入し、それを奪い返してやろうとするのですが、なかなか6の目が出ないーー

三番手と四番手の人たちも、コンビニとパン屋を中途半端に購入してしまっていたので、あまり瞬発力が発揮できず、小麦や牧場でちまちま稼ぐことしかできず、3人とも動けない状況になります。

 

そんな中、スタートプレイヤーだった細目のお兄さんがいつの間にかカフェ4件、森林4件と半独占状態にしてきて、それがめちゃんこ強い。

カフェは「他人の出目」だけが対象になる施設だし、森林は「全員の出目」が対象になる施設なので、確率的に「一周する間に誰か一人は細目兄さんにコインを貢いでしまう」という嫌な展開になります。

 

これにもっと早く気付いてさっさと2Dに移行すればよかったんですが、僕はビジネスセンターを買ってしまったので、ついつい3番4番からコンビニとパン屋を奪うことに固執しすぎて、いつまでも1Dしてたらどんどんカフェに貢いでしまいました。

3番4番プレイヤーは、もともと僕の妨害のために中途半端な施設購入になってしまっていたので、どうしても2Dにいけるほどの資金がためれない。

かといって1Dのまま戦い続けていれば、その間にどんどん細目兄さんが肥える。

だから早く2Dにいきたい。

でもいける金がない。

というジリ貧状態。

 

結局、序盤だけは僕がラッキーダイスでコンビニ発動しまくってそのまま勝ちそうな流れだったんですが、いつの間にか細目兄さんがカフェと森林でちまちまためた資金をもとにランドマーク4件を完成させて、ころっと終了ーーーーーー!!!!

優勝できなかったー!

ちくそーーーーー!!!!

 

f:id:noabooon:20161108200808j:plain

 

画像は、優勝した細目兄さんの最終施設構成。

ブレててごめんなさい。

でもこれ、すごくない?

マジでこの人、森林とカフェしか買ってないよ。

これで優勝しちゃうって、マジかよ!

 

今回の戦いから学んだこと

1:コンビニパン屋1D戦法は無敵ではなかった

この戦法は強い強いと言われてたんですが、今回のように「わかってる人」が集まると、あっさり妨害購入されてしまい、そもそも構成できないですね。

そういうときは、自分のほうが手番が早い時はビジネスセンターで奪えばいいかと思ってたんですが、6がこんなに出ないことがあるなんてー

くっそー。

 

2:新戦法「森のカフェ戦法」

ネットなんかを見てると、街コロの一般的な型は「コンビニ・パン屋戦法」「森林・家具工場戦法」「牧場・チーズ工場戦法」の3択くらいしか無いものだと思ってたんですが、今回優勝した細目兄さんは、まさかの「森林・カフェ」しか買わずに優勝しています。

これは僕の中で「森のカフェ戦法」と名付けました笑

おしゃれな感じするやろ!!!!!(適当)

 

今回のように「わかってるメンツ」でやると、2Dに移行せず1Dのままの人が多めになるので、そういう場面ではこの戦法めちゃんこ強いですね。

カウンター戦術のようなものなので、また環境が変われば評価も変わるのかもしれませんが、なるほどこんな戦い方もあるんだなーと、とても勉強になりました。

街コロは思ってたより奥が深いぜ!!!!!!

 

その後、優勝者の表彰式をして記念撮影をして、あとはみんなで他のボドゲを遊んだりしてその日は解散しました。

楽しかった!

 

 

 

以上、街コロ王決定戦に参戦してきたので、そのレポートでした!!!!!

街コロ道はまだまだ奥が深いことがよくわかりました。

さらなる深淵に近くため、もっともっと精進していこうと思います。