読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中川龍のブログ

Tarot & Hint



「俺は筋肉がつきずらい体質だから運動しない」と考え20年生きてたのに、ちょっと気が変わってジムに通い出したらトレーナーに「筋肉がつくの早い体質ですね」と言われた。


f:id:noabooon:20161110212126j:plain

 

最近、ジムのトレーナーにこう言われたんですよ。

「中川さん筋肉つくの早いですね」

「多分この調子だと普通の人よりも早くいい感じの体になりそう」

 

この瞬間、私の心に稲妻が!雷鳴が!電撃が!サンダーボルトが!

走りました!!!!

なぜなら…

僕は自分では、「筋肉がつきずらい体質だ」と思ってたんです。

 

その根拠は、「高校生の頃に、自力でどれだけ腕立て腹筋しても筋肉がつかなかったから」でした。

あんなに頑張ったのに、ちっともムキムキにならない。

ってことは、俺は才能ないんだ。

そう思い、そこから20年くらいあらゆる運動を拒絶して生きてきました。

どうせ俺は筋肉つかないんだもーん、向いてないんだもーん、ぷーって。

 

ところが大人になった今、ひょんな気まぐれからパーソナルジムに通うようになり「筋トレの専門家」にちゃんと指導してもらうようになったら、むしろ逆のことを言われたわけです。

「あなたは筋肉がつきやすい人だ」と。

 

つまりこれまでの僕は、

「自分が正しい筋トレの正しいやり方を知らないからうまくいかなかっただけのエピソード」を間違って分析していたのです。

その結果、「本当は筋肉がつきやすい体」なのに、「筋肉がつきづらい体」だと思い込んで生きてたわけです。

 

もうびっくり仰天。

今までの20年間はなんだったのかと。 

なんというアホの子。

なんというバカちん。

私こそ真の三國アホ無双だ。

かなり衝撃的でした。

 

「自分の才能を、自分の思い込みによってつぶしてしまうパターン」

って、まさにこういうことですね!!!!!

 

 

でね、このことを通じて思ったんですけど、きっとあらゆる「苦手意識」って、みんなこのパターンに陥ってるのではないかな?

運動が苦手、勉強が苦手、バイトが苦手、人と話すのが苦手、世の中には色んな苦手意識がある。

でもそれって本当に苦手なのかな?

もしかしたら違うんじゃないかな?

 

もしかしたら、独学でやってたから正しいやり方を知らなかっただけかもしれないよ?

あるいは、あなたの周囲にいた指導者がヘッポコだったから、あなたに適切なやり方を指導できなかっただけかもしれないよ?

あなたは本当に、それが苦手なのかな?

それが下手なのかな?

それが才能ないのかな?

 

もし違うとしたら?

本当はあなたは才能があるのだとしたら?

もしそうだったら、これまでずっと「もったいない生き方」をしていたのかもしれないよ?

今、なんらかの苦手意識から抜け出せずに困っている人は、よかったらちょっと考えてみてください!!!!!!

 

限界の正体 自分の見えない檻から抜け出す法

限界の正体 自分の見えない檻から抜け出す法

 

 

おしまい( `・ω・´)