中川龍のブログ

Tarot & Hint



「つい相手に合わせてしまう」のではなく、「彼を騙してでも彼の愛を獲得してやる」という盗人のような意思を自分が持っているだけ。

スポンサードリンク

f:id:noabooon:20161115123431j:plain

 

ふと思いました。

 

もちろん、意識して嘘ついてるつもりはないんだろうけどね。

こういう人は、頭では本当に「つい合わせてしまう」と感じているんだろう。

それは知っている。

でもその認識自体が、自分に対しての嘘なんだ。

 

本当は、自分の中に「卑怯さ」がある。

でも自分が「卑怯な人間」だなんて気付きたくないから、それをごまかすために、「私はつい合わせてしまう性格なんだ」と思い込もうとしているんだよ。

人間はこんな風に、自分で自分を騙すことがある。

 

でも勘違いしないで欲しいんだけど、これは別に責めているわけじゃないんだ。

確かに今の社会は、就職面接とかでいい子ぶって騙し合いをするのが当たり前みたいな感じで構築されている。

そういう仕組みの中で生きていると、ついつい「何かを得るためには自分を偽り、人を騙すことが許される」と考えてしまうこともあるだろうさ。

 

だから別に、盗人根性があることを責めているわけじゃない。

でもその根性を持っている限り、「あなたは幸せにはなれない」というだけの話。

 

幸せそうな泥棒を見たことがあるか?

無いだろう。

何かを盗めば、一時的には満たされるかもしれないが、でもその後はいつの日か罪が露見することに怯える日々が待っている。

そして一度盗むことになれてしまったら、自分でお金を稼ぐ力は衰えていき、これからもずっと盗むことでしか生きていけない人間となっていく。

それと同じだ。

「彼を騙してでも愛を獲得したい」なんて考えているうちは、永遠に幸せは手に入らない。

 

だったらそんな生き方は捨てたほうがいい。

他人のためではなく、自分自身のために、泥棒のような生き方はやめたほうがいい。

 

試しに今日から、あなたの人生で「相手に合わせる」という行動を封印してごらん。

すると自然と、片思いを成就するためには「己を磨き」「魅力的な人間になり」「己の価値を高める」しか手段がなくなる。

それでいいんだよ。

そのほうが、本当の幸せをつかめる。

 

嫌われる勇気

嫌われる勇気

 
幸せになる勇気

幸せになる勇気