タロットカード18「月」の意味。 恋愛・仕事での解釈例。

スポンサードリンク

f:id:noabooon:20170906213459j:plain

 

 

月のキーワード

ポジティブな意味

実態のある障害は何もない、幻に怯えているに過ぎない、闇が深ければ深いほどに夜明けも近いことになる。

 

ネガティブな意味

不安、恐れ、迷い、躊躇、錯覚、戸惑い

 

エレメント

 

月のキーワード解説

このカードでは、夜空に輝く月と、川辺から這い出したザリガニが描かれています。

ザリガニの正面には、一本の道が示されています。

このザリガニは、この道を進むか、それともまた川に戻るか、まだ決めかねているようです。

 

このカードが出た時、相談者は「不安」「恐怖心」等に心を支配され、立ち止まってしまいます。

例えば恋愛について占っているなら、「振られるかもしれない」という不安がよぎり、告白をためらうのかもしれません。

仕事について占っているなら、「こんなことをしても意味があるのだろうか」と不安になり、行おうとしていた計画を中止してしまうかもしれません。

 

月の意味をさらに考えてみよう!

月はなぜ不安の象徴なのか?

電球が発明されてから、我々はもう長いこと、本物の闇を見たことがありません。

しかし昔は違います。

大昔は電灯など無かったので、夜になると世界は真の闇に包まれていました。

太陽が落ちてから外を出歩いていると、どこからか野犬や狼の鳴き声が聞こえてきます。

それは遠いようで近くも感じる。 

全てが闇に包まれているので、実態はどこにあるのか全くわからない。わかりようもない。

そんな中、夜空にぼんやりと輝く月は、とても恐ろしげな存在に見えたことでしょう。

だからこのカードは月で、このカードの意味は「不安」「恐れ」「迷い」なのだと言われています。

 

月と星のカードは、どちらも道程を意味している

月は、星で希望を見いだし歩み始めた者が、最終的に太陽のような明るい世界にたどり着くまでの「途中」「途上」「過程」を象徴するカードだと言われています。

何かに進んでいくとき、そこには必ず希望だけではなく、不安も生まれます。

闇夜の中を手探りで進んでいれば、どうしたって「星(希望)を信じて期待しながら進めるとき」と「月(不安)が恐ろしく見えて立ち止まりたくなる時」が交互にやってきます。

 

月(不安)とは妄想にすぎない

しかし多くの場合、不安とは妄想に過ぎません。

闇だから怖いのではありません。

闇の中に「危険が潜んでいる」と想像するから怖いのです。

夜の闇は余計な想像さえしなければ、そこには心が落ち着く静寂な時間があるだけです。

多くの人は「未来がわからないから不安に感じる」と考えていますが、そうではありません。

どうなるかわからない未来を「悪くなるに決まってる」と決めつけているから不安になるのです。

自分の中の思い込みで、勝手に自分を追い詰めているのです。

 

心を静寂にしましょう。

夜の闇には、何もいません。

疑うなら、試しにあなたの部屋の電気をつけてみてください。

そこにはゾンビもジェイソンもおらず、いつも通りの部屋があるだけです。

 

このカードのポジティブな側面は、「実敵が存在するわけではない」という点です。

全ては、ただの自分の妄想なのです。

 

およそ惨めなものは、

将来のことを不安に思って、

不幸にならない前に不幸になっている心です。

byセネカ

  

このカードが出たら、物事はすべて、必ずしも見える通りではないということを思い起こしましょう。

あなたは間違っており、あなたの判断は不合理であり、誰かがあなたを利用しているだけなのかもしれません。

もう一度いまの外的環境を洞察してみましょう。

by「タロットバイブル」より

  

その他のカード解説

0「愚者」の意味

1「魔術師」の意味

2「女教皇」の意味

3「女帝」の意味

4「皇帝」の意味

5「法皇」の意味

6「恋人たち」の意味

7「戦車」の意味

8「力」の意味

9「隠者」の意味

10「運命の輪」の意味

11「正義」の意味 

12「吊るされた男」の意味

13「死神」の意味

14「節制」の意味

15「悪魔」の意味

16「塔」の意味

17「星」の意味 

18「月」の意味

19「太陽」の意味

20「審判」の意味

21「世界」の意味

小アルカナ「ワンド」の意味

小アルカナ「ソード」の意味

小アルカナ「カップ」の意味

小アルカナ「ペンタクル」の意味