読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中川龍のブログ

Tarot & Hint



「当たる占い」なんてありえない。むしろ「占いは当たらないかもしれないからこそ価値がある」のではないか?


f:id:noabooon:20161129183350j:plain

  

僕はタロット占いをしていますが、占いが「当たる」とは思っていません。

占いとは「当たるかもしれないし、当たらないかもしれないもの」だと思っています。

でも、だからこそ価値があるのです。

 

そもそも「当たる占い」なんてありえない 

もし「絶対に当たる占い」があるとすれば、それは「状況が再現できる」ということなので、科学的な研究対象になっているはずです。

しかし実際には、占いは科学ではありません。

ということは、「絶対に当たる占いなんてありえない」ということです。

ちょっと考えれば、誰でもわかるはずの簡単な理屈です。

 

ただ勘違いしないで欲しいのは、僕は別に「占いは当たらん」と言っているわけではないのです。

そうではなくて、「占いは当たるかもしれないし、当たらないかもしれない、そういう曖昧な領域にあるからこそ価値がある」と言いたいのです。

 

「占いは当たるかどうかわからない」からこそ価値がある。 

もし占いが「絶対に当たる」のであれば、「悪い結果は絶対に回避できない」ということになります。

すると、どんなに欲しいものでも、占いで悪い結果が出たなら諦めなければいけないということになります。

そんな人生、つまんなくないですか?

 

でも、「占いは当たらないかもしれない」という前提でやれば、どんなに悪い結果が出たとしても、それ自体にとくに意味はありません。

その結果はただの警告として受け止め、「この悪い未来を回避するにはどうすればいいか」を考えればいいだけということになります。

そんなふうに占いと向き合っていれば、占いをきっかけに「どうすればいいか」を考えることができます。

すると、これまで見落としていたことに気付けたり、自分を客観視するきっかけが増えるでしょう。

総じて「視野」を広げることができるでしょう。

「当たらないかもしれない」で行われる占いは、「もしそうなるとしたら?」を仮定し、考えることができます。

「当たらないかもしれないからこそ価値がある」ってのは、そういうことです。

 

しかし現実には、「当たる占い」を探している人が多い。

しかし、どうも世の中には「当たる占い」を探している人が多いみたいで、グーグル検索のサジェストキーワードでも、「当たる占い」は人気ワードの一つです。

そんな人々の需要に応えるためか、世の中には、「的中率98%!」とか、「当たりすぎて中毒者続出!」なんて宣伝文句の占いサイトがたくさんあります。

  

なんだか、まるでダイエット産業の世界みたいです。

ダイエットの世界も「嘘」がたくさん溢れています。

 

そもそも、ちょっと冷静に考えれば、「絶対に誰でも痩せれるダイエット方法」なんて、答えは一つなんですよね。

適切な食事をして、適切な筋トレをして、基礎代謝をあげる。

しかし世の中には、この答えを拒絶したい人達がいる。

彼らはなんとかして「筋トレも食事管理もしないで痩せれる方法はないか」と探そうとする。

その結果、「着るだけで痩せるTシャツ」とか、「食べるだけで痩せるサプリ」とか、なんの意味もない商品が生まれるわけです。

 

経済は需要があるから回ります。

偽物を求める需要がある限りは、嘘の商品も無くなることはないのかもしれませんね。

 

偽物は大きなことを言う。本物は地味なことを言う。 

最後にわかりやすい例として、以下二つの文章を比べてみましょう。

 

以下は、電話占いピュアリという会社のメタキーワードです。

驚異の的中率を誇る占い師多数在籍!

初回無料で悩みを解決。

口コミでも評判の電話占い
復縁成就専門占い師多数 · 試せばわかるこの凄さ · 初回無料の電話占い

http://pure-c.jp/

 

こちらは、占星術研究家として日本で一番有名な「鏡リュウジさん」のホームページにあった一文です。

占星術というと「当たるの?」

魔法というと「効くの?」

神話というと「それ本当?」

そんな問いがいつもついてまわります。

その答えは、イエスであり、ノーでもある。

すぐには白黒つけられない領域にこそ、この世界を豊かにする秘密が隠されている。

ぼくは、そう信じています。

http://ryuji.tv/about/

 

鏡リュウジ 星のワークブック

鏡リュウジ 星のワークブック

 

 

おしまい( `・ω・´)