中川龍のブログ

Tarot & Hint



正解はいつも「楽」なほう。苦しいほうに固執するから、うまくいかない。

スポンサードリンク

f:id:noabooon:20170115182946j:plain

 

最近やたらと「ダイエット中」のお客様によくお会いする。

でも、こう言ってしまうと失礼なのかもしれないのですが、そうおっしゃられる方のほとんどが、正直「成果が出ているとはいえない」と感じられる体型の方が多い。

 

そういう方に、「ダイエットって具体的に何をされているんですか?」と聞いてみる。

大抵、こう返ってくる。

「マラソンや、簡単なエクササイズ等をしています」

「食べる量を減らしています」

 

この回答を聞いて、僕はいつもこう思います。

「あぁこの人たちは昔の僕だ」

 

昔の僕も、同じ過ちをしていた。

ダイエットというと、みんなすぐに「有酸素運動」や「食事制限」を考えがちなのですが、実はこれ、ものすごく効率が悪いやり方です。

なぜなら有酸素運動は、今その場のカロリーを消費することにしか役立たないし、食事制限は筋肉量が減るので、それはつまり基礎代謝(何もしてなくても勝手に消費するカロリー量)が減ることにつながり、むしろダイエット的に逆効果になることもあります。

 

結局、ダイエットの王道は、筋トレをすることです。

それによって、筋肉を増やすこと。

そうすることで、基礎代謝を上げること。

そうすれば、何もしなくても勝手に消費されるカロリー量が増えるので、無駄な贅肉なんてどんどん減っていく。

 

ちなみに僕の場合は、ひょんなことからパーソナルジムに通い始めたら、7kg落ちました。

もともと62kgだった体重が、今55kgまで落ちました。

 

といっても、鬼のような猛特訓をしたわけじゃないですよ。

パーソナルジムに週1で通って60分の指導を受けているだけです。

 

もともと痩せやすい体質だったわけでもないです。

むしろ、食べるとすぐに太るほうでした。

もともとインドアな性格だったので、運動なんて20年ぶりでした。

 

鬼のような食事制限をしたわけでもないです。

むしろ最近は、以前より食べる量が増えています。

筋トレしてると体が肉を欲するようになるんですよね。

だから最近お肉ばっかり食べてます。

 

それで、この結果です。

7kg減です。

パーソナルジムで「筋肉の専門家に」「正しい筋トレのやり方の指導を受けながら」「筋トレをしただけ」で、こんなに劇的な効果が出るのです。

びっくりぽんです。

 

正解はいつも、楽な道

この体験を通して気付いたことがあります。

それは、「正解はいつも楽なほうだ」です。

 

ダイエットに限らず何事も、正解はたいてい、楽なほうなんんですよ。

僕なんか週1で筋トレしただけで、あとは食事制限なんてしてないし、苦しいマラソンもしてない。

ほぼ、何もしていないに近い。

それで、これだけの成果が出ています。

 

でも冒頭に紹介した相談者の方々は、毎日60分ランニングをして、食べたいものを我慢して、そこまで苦労して、まったく成果が出ていない。

むしろまだ中太り、ぽっちゃり体型、少なくともけして細身ではない。

 

楽な道を進んでる人のほうが成果が出ていて、苦しい道で頑張ってる人のほうが成果が出ない。

人生って不思議ですね。

 

でもこのことって、ダイエットに限らず、何事もそうなんじゃないかなと思います。

 

仕事や商売がうまくいかない人は、だいたい苦しいやり方に固執していることが多い。

社会の常識とか、世間体とか、そういうどうでもいいことに影響を受け、本当はどちらでもいいような何かに対して「これを頑張らなければいけない」と思い込んでいる。

だから、うまくいかない。

その逆に、仕事や商売がうまくいく人は、合理的に考えて必要なことを、ただちょろっとやるだけ。

それだけで十分に成果は出る。

 

正解は、楽なほう。

不正解は、苦しいほう。

これは、人生の全てにおいて言える万能の法則なのかもしれません。

 

あなたもブサイク思考に陥っていませんか?

最後に少し話は変わりますが、「ますますキレイになる人、どんどんブサイクになる人」という書籍の中で、こんな一文があります。

 

モデルスクールで生徒を見ていて実感するのは、「真面目な子ほど伸びにくい」ということです。

断言します。

その真面目さが、キレイになれない根本的な原因です。

 

真面目で頑張る人は、「努力しないとキレイになれない」と思い込んでいます。

もともと日本人は、努力を美徳として尊重してきた歴史がありますから、無理もないことかもしれませんね。

そもそも努力という言葉には、どういう意味が込められているのでしょうか。

辞書には「目標実現のため、心身を労してつとめること。骨を折ること」などと説明されています。

つまり、「努力=自分自身にとって苦しいことをやること」というイメージです。

しかし、苦しいことは当然長続きしません。

すると、結果が出ず、自分を責めるようになります。

「どうせ自分はダメなんだ……」と投げやりになり、結局ダイエットも成功せず、キレイにもなれず、自信喪失した自分が取り残されたまま。

別の方法にチャレンジしても、同じことの繰り返しです。

やはり努力しようとし、挫折してしまう。

こうして延々と続く〝ブサイクスパイラル〟に陥ってしまうのです。

 

反対に、キレイになる人は実に軽々とキレイになっていきます。

まわりからは「頑張っているね!」「すごいね!」などと言われますが、当の本人は、楽しいから続けているだけのこと。

努力をしているという意識はほとんどないのです。

実際にキレイになると自信がつき、さらに高いレベルを目指すようになります。

そして、人から「キレイになったね!」と褒められることによって、より一層美しくなっていくという〝美人スパイラル〟にも乗ることができます。

 

また、努力をやめると、もう一ついいことがあります。

精神的にゆとりが出るので、人の失敗も許せるようになり、人間関係も好転します。

キレイになりたいなら、「苦しいことをしないとキレイになれない」という思い込みを今すぐ捨てましょう。

挫折することが目に見えているのに、苦しい方法にしがみついているなんて、それこそ思考停止状態といえるのではないでしょうか。

そうではなく、あなたが心地いいと思う方法を探すべきです。

心地いいということは、あなたの体と心に合っているということ。だから続けられるし、効果も出ます。

「自分はズボラで怠け者なのに、ラクな方法で本当に大丈夫なの?」と思ったあなた! またブサイクさんの思考回路にハマっていますよ。

ブサイクさんは根が真面目なのだから、羽目を外しすぎてだらしなくなるリスクは低いのです。

美しくなるには、努力や頑張りはむしろ邪魔。

そう意識改革をすることが、美人への第一歩です。

  

ますますキレイになる人 どんどんブサイクになる人

ますますキレイになる人 どんどんブサイクになる人

 

 

っというわけでなにごとも…

・苦しいやり方に固執しない。

・成果が出ないときは、さっさと他のやり方にきり変える。

このことを、いつでも忘れないようにしましょー!

 

おしまい!