中川龍のブログ

Tarot & Hint



【いまさら】伝説の名作RPGルナティックドーン第三の書を購入しました

スポンサードリンク

f:id:noabooon:20170120212546j:plain

 

突然ですが、皆さんはルナティックドーンというRPGゲームをご存知でしょうか。

このゲームは約15年前くらいの古いゲームなんですが、

ストーリーが存在せず、ランダム生成されたワールドの中で自由に冒険を楽しむことができるRPGゲームです。

 

プレイヤーは勇者として魔物退治にいそしむも良し、犯罪者として泥棒や殺人を繰り返すもおっけー!

プレイヤー次第で本当にどんな人生も自由にプレイングできる。

そんなゲームです。

 

かなり古いゲームなので、コンシュマーではプレステ版くらいしかありません。

今回僕が買ったのはパソコン版です。

 

何日か前から、ふと急にこのゲームがやりたくなり、なぜかいまさら購入しました。

このゲーム、古いのでグラフィックなんかもすごく地味なんですが、たまに無性にやりたくなる中毒性があるんですよね。

 

ルナティックドーンのシリーズ系統

ルナティックドーンは、大きく分けて3つの系統が販売されています。

以下の名前は便宜上つけた名前で、正式名称ではないです。

 

元祖系

初代ルナティックドーンと、ルナティックドーン2のことを指します。

この二つはまだ最初の頃の作品なので、作りが荒いです。

バグも多いです。

だけど後に引き継がれるルナティックドーンのエッセンスの基本は詰まっています。

 

前途系

ルナティックドーン開かれた前途、前途への道標、第三の書の三作品のことを指します。

ルナドンシリーズの完成系と呼ばれている三作です。

開かれた前途は、今プレイしている人はほとんどいません。

前途への道標は、開かれた前途をそのままバージョンアップしたバージョンです。

一番人気が高いです。

 

第三の書は、前途への道標をさらにボリュームアップさせた進化版なのですが、COカードシステムやオートセーブでやり直しは許さない仕様など、ユーザーから不人気な仕様変更も多く、好みが別れるところです。

未だにルナドンをプレイしている人は、大抵「前途への道標」「第三の書」のどちらかをプレイしていることが多いです。

 

ルナティックドーン 第三の書 廉価版

ルナティックドーン 第三の書 廉価版

 
ルナティックドーン ~前途への道標~ 15th Anniversary

ルナティックドーン ~前途への道標~ 15th Anniversary

 

 

リンクゲート系

これはルナティックドーン3と、ルナティックドーン4のことを指します。

ここからアクションRPGに変わりました。

リンクゲートシステムでランダム生成される異世界に飛べるのは楽しいのですが、前途系までがコマンド入力式のいかにもRPGな感じだったのに対して、ここからはアクションRPGに変わってしまったので、好みが別れるところです。

 

ルナティックドーンIII 限定版 トレジャーセット

ルナティックドーンIII 限定版 トレジャーセット

 
ルナティックドーン 4 アップグレード版

ルナティックドーン 4 アップグレード版

 

 

ポンコツ系

最新作のルナティックドーンオデッセイとテンペストのことを指します。

オデッセイはプレイステーション版しか出ていないので、2017年現在プレイするのはかなり厳しいです。

テンペストは、自由度が売りだったルナドンにどういうわけかストーリーを入れやがって、ルナドンの名前がついてるだけの実質的には別ゲーです。

しかも、くっそつまらない。

テンペスト以降、新作が出ていないので、ネット上では「こいつのおかげでルナドンの歴史が終わった」とも噂されている悪しき作品です。

 

ARTDINK BEST CHOICE ルナティックドーン オデッセイ

ARTDINK BEST CHOICE ルナティックドーン オデッセイ

 
Lunatic Dawn TEMPEST

Lunatic Dawn TEMPEST

 

  

今回僕が購入したのは、ルナティックドーン第三の書

というわけで話を戻しますが、今回僕が購入したのはルナティックドーン第三の書です。

大人気だった前途系シリーズの最新作です。

僕は「前途への道標」はプレイしたことあるけど、「第三の書」はプレイしたことなかったので今回はこっちを買ってみました。

ネット上の評判を見ていると、COカードシステムなどやや不要な新機能もあるようですが、基本的には前途シリーズのシステムを踏襲しているそうです。

また、ランダムで起きるイベントなどは一番豊富で、ステータスも多様化されて、そう簡単に全ステータスMAXにならなくなったようで、そこが魅力に感じました。

前途への道標をプレイしたときは、ステータスが筋力・知性・敏捷・魅力しかなかったので、やってれば簡単に全ステータスMAXになってしまうことが多く、キャラの個性付けがしづらかったんですよね。

そこが個人的にあまり好きじゃなかった。

 

ルナティックドーン第三の書を購入した感想

楽しい!

すごい楽しい!!!!!

 

だけど、古いゲームのせいか、攻略情報がネット上にまったく無いところだけが、少し困っています。

 

最近のゲームは、行き詰まったらとりあえずネットでググるのが常識みたいになっていましたが、その手法がルナドンでは通じません。

古いゲームすぎて、ネット上に情報がないのです。

 

ですので、わからないことは全て手探りで実際に試すしかありません。

例えば冒険をしていると、「どこどこの街に炎の精霊が出たらしいよ」って噂を聞けることがあります。

そいつを倒しにいけば、英雄度が上がるそうな。

特別アイテムを落とすんだそうな。

そう言われると、倒しにいこうか迷いますね。

だけどそもそも炎の精霊がどれくらい強いのかわかりません。

今の自分の実力で倒せるのかどうか、判断がつきません。

 

ネットでググります。

情報がありません。

となると、あとはもう実際に行ってみて確認するしかありません。

だけどもし突撃して想定よりも敵が強すぎた場合、一発で死んでしまうかもしれません。

 

ちなみにこのゲームでは、もし冒険中にプレイヤーキャラクターが死んだら、本当にそのまま死亡です。

たまに仲間が復活させてくれることがありますが、そのイベントが発生しなかったらそこでゲーム終了。

新しく世界を作り直すか、その世界に存在する別の冒険者に引き継ぐことになります。

つい先日、一週間くらいかけて手塩にかけて育てそこそこ強くなった「闇の騎士ラールキシモ」さんがデスドラゴンに殺されて一発でゲーム終了しました。

彼はまだ結婚していなかったので、アイテムを引き継げる子孫もいません。

完全に、別キャラでやり直しです。

 

さらに第三の書はオートセーブ機能によって「データロードによるやり直しを許さない鬼畜仕様」になっています。

そのおかげで、全ての冒険が「生きるか死ぬか」「デッドオアアライブ」な感じになっています。

 

情報がないことの弊害がもう一つ。

「基本的なやり方がわからない」のです。

例えばこのゲームでは魔法を使うとき、COカードリストというメニューを開いて、そこからカードをカードデッキに移動させなければいけません。

そうすること初めて、その魔法が選択肢に出てくるようになります。

しかしそこらへんのことが、どこにも解説されていない。

もちろんネットでググってもそんな情報は出てこない。

だから、「どうすれば新しくゲットした魔法が使えるのかわからないまま」最初の10年くらいプレイすることになりました。

 

攻略本は紙の本しかない

ここまで情報不足だと基本的なプレイにすら支障を感じるレベルなので、アマゾンで攻略本を買おうか迷ったんですが、当然ながら10年以上前の作品なので電子版がありません。

紙の書籍しかない。

だから買う気がおきません。 

 

ルナティックドーン第三の書公式ガイドブック (Artdink official books)

ルナティックドーン第三の書公式ガイドブック (Artdink official books)

 

 

仕方ないから相変わらず手探りでプレイしています。

しかし手探りプレイだと、本当にどこに危険が潜んでいるかわからないので、まだ購入して十日くらいなんですが、すでに20人以上の冒険者が、旅の途中で死亡しました。

デッドオアアライブ!!!!!

 

というわけで、かなり面倒くさいのですが、でもこれはこれで斬新で楽しいです。

この世界の法則を全て手探りで探していくこの感じは、最新のゲームでは絶対に味わえない感覚ですね。

 

ルナティックドーン第三の書を購入して驚いたこと

ちなみに購入してから知ったんですが、このゲームでは「他のプレイヤーの世界に遊びにいける」というシステムがあります。

fixワールドシステムというそうです。

基本的に自分のプレイするワールドは、最初にランダム生成されるのですが、それだけだと全ての要素が出るわけではありません。

例えば登場国。

このゲーム内では全部で8種類の国が存在するのですが、一つのホームワールドに出現する国家は4つまで。

すると残り4つの国家は、そのホームワールドでは絶対に出会えないことになります。

 

そこで、他プレイヤーの世界に遊びに行くわけです。

こうすることで初めて、全ての国家(及びその国家限定のアイテム)に出会えるようになります。

 

でね、販売元アートディンクのホームページには、この「自分ワールドの交換所」みたいなところがあるんですが、そこが2017年現在、まだ機能しているんです。笑

驚きました。

もう15年くらい前のゲームだし、誰もいないんだろうなーと思ったら、月に数件くらいは、その公式交換所に新作ワールドが登録されているのです。

2017年になってから、今月はまだ1件しか登録されていませんが、でもまだプレイしている人がいるんですね。

いったい何者なんでしょうね。

 

ルナティックドーン 第三の書 廉価版

ルナティックドーン 第三の書 廉価版

 

 

というわけでとくにオチはないのですが、「なんとなく久々にルナドンがやりたくなったのでルナティックドーン第三の書を買いました」の記事でした。

あ、もしこの記事を読んでるかたの中にルナドンプレイヤーがいたら、アイテム交換してください。笑

おしまい!