読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中川龍のブログ

Tarot & Hint



自分の小ささを感じた。

日記

f:id:noabooon:20141112183553j:plain

 

今日は久々に、ただの日記。

オチは何もない。

 

最近、 ひょんなことで、「大きな夢を語る人物」に出会った。

彼はとても元気だった。とてもパワフルだった。

そしてその勢いのままに、とても大きな夢を語る人物だった。

凡人なら「できるわけがない」と簡単にあきらめてしまいそうな夢を、彼は平然と語っていた。

 

そんな彼を見ていたら、僕は少しだけ自分が小さく感じられた。

なぜなら今の僕には、彼ほど大きな夢を語ることができないからだ。

 

「何か夢はないか?」と聞かれたなら、全く出てこないわけではない。

しかし、どれも個人の快楽を追求するレベルのものばかりで、スケールがどうにも小さいのだ。

彼に比べて、あまりにちっぽけなのだ。

 

例えば

・日本中の主要都道府県に家を買いたいとか

・キャンピングカーで住所不定生活してみたいなーとか

・もっとたくさん服を買ってオシャレになりたいとか

・自分のバーかカフェのお店を持ちたいとか

 

そういう個人の快楽を追求するレベルの夢なら、いくらでも語れる。

でも昔の僕は、もう少し違ったように思う。

もっと社会全体のことや、この世界全体のこと、地球規模のこと、そういうことが視野に入っていた。

 

でもいつしか大人になるにつれて、今の僕はそういうものへの興味が減ってしまった。

いや、今でもそういうことに全く興味がないわけではない。

でも以前よりは、遥かに減ってしまった。

今はそういうのよりも、個人の快楽を追求するレベルのことばかりが頭に浮かんでしまう。

そのことが、すごく寂しく感じられるのだ。

すごく悔しく感じられるのだ。

 

とはいっても、別にそのことが「悪い」と感じているのではない。

別にちっぽけな夢しか語れない自分だって、そのこと自体にはとくに罪はない。

何を願うかは、個人の自由だ。

 

また、現時点の自分を否定するわけでもない。

今の自分がその程度なのであれば、それは仕方ないことだ。

受け入れるしかない。

そういう自分を否定し、うじうじしたって始まらない。

 

また、僕は知っている。

夢が浮かばないときとは、それは本当に無いから浮かばないのではなく、自分自身が「できない」と思い込んでいるから自然と選択肢から除外してしまっていて、だから発想に出てこないだけだということを。

だから、本当は僕にも夢があるんだ。もっと大きな夢が。

今はそれに気付けないだけで。

 

というわけで、このことはいったんポジティブな意味で棚上げすることにする。

今は僕自身の無意識が、そういう人間に変化できることを拒んでいる。

こういうときはいくら考えても、発想には出てこない。

だからいつの日か自分の本質が変わるまで、待つことにする。

 

ただその代わり、

「いつかどこかで、彼のような人間になろう。

絶対になろう。

なってやろう」

というこの想いだけは、忘れずにおこうと思う。

 

理想とは、こんなふうに視界の片隅に適度に入れておけば、きっといつか実現する。

そのことを僕は経験上、知っている。

だからその日がくるまで、僕は今感じているこの悔しさと悲しさを、胸の中にしまって置こうと思う。

 

うん、とくにオチはない。

ふと心に言葉が湧き上がったので、書いてみた。

それだけの記事。

よーーーし!!!!!

もっともっと成長すんぞ!!!!!!!!

今年は成長の年じゃ!!!!!!!!!!

 

追記

書き終えてからなんか違うと思ってきた。

これは自分に言い訳をしている。

これはきっと、本気なら今すぐ変われる問題だ。

ポジティブな先延ばしではない。

ただの、やらない言い訳だ。

逃げているだけだ。

そんなことを思っていたら、はてブの有名な瞑想とお野菜の人が、

「今やらないやつは永遠にやらん」とブコメをくれたのだけれども、それが心に響く。

確かにその通りだと思った。

よし、今すぐやろう。

先伸ばすのはやめよう。