困難があることは、不幸の理由にはならない。

スポンサードリンク

f:id:noabooon:20170419224758j:plain

 

何かに悩んでる人の多くは、

「こういう困難があるから、私は悩んでいる」

と認識しています。

 

…でもこれって、本当にそうなのかな?

ふとそんなことを考えていたら、最終的にこういう答えにたどりつきました。

 

 

そう、実は困難があることそのものは、不幸の理由にはならんのです。

ただそれに対して、立ち向かわない自分でいるから、不幸になっているだけなのです。

つまり今の苦しい状況を招いている本当の原因は、自分自身の向き合い方にあるのです。

  

…ってこういう書き方をしちゃうと、今不幸に苦しんでいる誰かのことを責めているみたいに聞こえてしまうかもしれませんが、そういうわけじゃありません。

ようするに僕が言いたいことは、以下の三つです。

 

・嘆いても何も変わらないということ。

・本気で救われたいのであれば、結局は自分が戦うしかないということ。

・そして、戦うというのは実はそれほど難しいことではない、ということ。

 

そう、本当は誰だって、簡単に戦えるのです。

ただ、今はそのことに気付いていないだけで。

もしそのことに気付くことができれば、全ての困難に対する見え方は変わります。

「苦しい日々」を終わらせることができます。

 

自分のための人生―――一日一日「自分を大事にして生きる」生活術 三笠書房 電子書籍

自分のための人生―――一日一日「自分を大事にして生きる」生活術 三笠書房 電子書籍

 

 

ってふと思ったー!