「変わりたいけど変われない」のではなく、「変わりたいと考える自分と絶対に変わりたくないと考える自分がいるだけ」だから、よく民主的に話し合おう

スポンサードリンク

f:id:noabooon:20170429235150j:plain

 

 

こないだとある相談者さんに、こう言われた。

自分を変えたいって思うけど、

なかなか変われないんです…

 

 

これを聞いて、僕はこう返した。

 

おお、なるほどね。

確かにそれは辛いですね。

 

…でもね、結論から言うと、それは自分に対して嘘をついているだけなんですよ。

あなたは変わりたいけど変われないのではなく、「絶対に変わりたくないと考えている自分がいる」んですよ。

でもその事実を認識してしまうと自分の中の弱い一面を受け入れなくてはいけないから、それがいやだから、「私は変わりたいけど変われないだけだ」と嘘をついて自分をごまかしている状態なんです。

ってこういうと責めてるみたいに聞こえちゃうかもしれませんが、そういうわけじゃないのでもう少し話を聞いてください!

 

人間はそもそも、「複数の自分」がいるものです。

もっと成長したい自分、成長なんかしないで今のままだらだらとしてたい自分、いろんな自分が一人の人間の中に同時に存在することは誰でもあることです。

だから、あなたは別におかしいわけじゃない。

あなたはけして堕落しているわけじゃないし、ダメ人間なわけでもない。

ただただ、みんなと同じで、「弱い自分もいる」ってだけの話です。

 

あなたのような方がこれから変わるために必要なこと、それはそういう「弱い自分」の存在を認めてしまうことです。

「変わりたいけど変われない」というごまかしの言葉で自分を偽るのはやめて、「私の中には変わりたくない自分もいるんだ」と受け入れてしまうのです。

そうすれば、「弱い自分」が存在していることを認識できるようになるので、そういう自分と対話できるようになります。

 

頭の冷静な自分と、弱い自分。

この二人でじっくりと話し合う。

人間が変化するために必要なのは、こういう自分との対話です。

 

小さい頃、大人に一方的に意見を押し付けられると、ムカつきませんでしたか?

それと同じで、頭の自分から弱い自分に対して一方的に意見を押し付けると、弱い自分が反発するので、余計に「変わりたくない」となってしまうんです。

そこで、そういう姿勢はやめて、弱い自分としっかり話し合うんです。

 

弱い自分に、

「どうしてそのままでいたいの?」

「そうすることでどういうメリットがあると感じているの?」

と聞いてあげる。

そのうえで、間違っている部分は「それは違うよ」と伝えつつも、認めるべきところは認めてあげる。

 

こういう手順を踏んでいけば、人は必ず変われます。

だからあなたも本気で自分を変えたいのであれば、まずはそのための土台として、弱い自分の存在を認めてあげてください。

 

ちなみに2年前の僕は、「占いでまだそんなに稼げてないんだから節約したほうがいいんじゃない」と考える自分と、「無駄遣いしまくりたい自分」とでよく喧嘩してましたよ。笑

だけど、ある日気付いたんです。

僕は無駄遣いしたい自分のことを、頭ごなしに否定しすぎてるんだなって。

だから、そういう自分が癒されなくて、いつまでも同じところでぐるぐるしちゃうんだなって。

 

これに気付いてからは、無駄遣いしたい自分を許すことにしました。

どうしても衝動がとまらないときは、多少自分へのご褒美で無駄遣いすることも許すし、そもそもどうしてそんなに無駄遣いしたいのか、そうすることで何が得られると判断しているのかを、よく自分に聞くようにしました。

すると、たいていしょうもない理由が浮かび上がってきます。

あるいは、あまり現実的ではない不安にとらわれている自分がいることに気付きました。

だから、そういう自分に対しても、「それはもう少しおちつこうぜ笑」「それは不安に考えすぎだよ!だいじょうぶだよ!」と言い聞かせるようにしました。

そうやって自分の中のいろんな自分と、民主的によく話し合う日々をしばらく過ごしていたら、いつのまにか自然と浪費グセはなくなっていきましたよ✨

 

いいですか、最後に要点をまとめます。

変化するために必要なプロセスは以下の通りです。

 

・変わりたいけど変われないのではなく、変わりたい自分と同時に「変わりたくない自分」もいるだけだと認める。

・自分は複数いる。

・綺麗なところばかりが自分だと思おうとするのはやめて、ちゃんと「弱い自分」もいるんだと認める

・そういう自分も自分の一部なんだと認めてあげる。

・そのうえで、そういう自分としっかり民主的に話し合う。

・冷静な自分から一方的に意見を押し付けるのではなく、まだ小さい子供を相手にするときのように、ゆっくりと、冷静に、相手の意見や立場も尊重しながらよく話し合う。

・そうすることで、「変わりたくない自分」に、「変わってもいいかもしれない」と変化してもらえるように促していく。

 

本気で変わりたい人の 行動イノベーション

本気で変わりたい人の 行動イノベーション

 

 

どこかの誰かの参考になれば幸いだよー✨

おしまい!