読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中川龍のブログ

Tarot & Hint



「人を救えるようになりたいなら、まずは自分を救いなさい」


f:id:noabooon:20170504234600j:plain

 

「人を救えるようになりたいなら、まずは自分を救いなさい」

って言葉が、ふと頭に湧き上がった。

 

 

うまくいえないんだけど、これから占い師になりたい人は、いきなり他人を救おうとするんじゃなくて、まずは自分を救うところから始めると良いと思うのだ。

今の自分自身が抱える悩み、葛藤、苦悩。

それを解決する方法を考えてみよう。

今の自分の知識では判断できないというなら、勉強しよう。

そうやって自分を救った経験知識は、いつか必ず「同じようなことに悩んでいる誰か」を救う武器になる。

そうすれば自分もハッピー、みんなもハッピー、最高じゃん。

 

最近、駆け出しの占い師さんに会う機会が増えて気付いたんだけれども、駆け出しの占い師って、そもそも自分自身が不幸そうな顔をしていることが多い。

「不幸そうな顔ってどんな顔だよ」と言われると説明が難しいんだけれども、とにかく楽しそうじゃない、幸せそうじゃない、人生エンジョイしてなさそう感が溢れている。

「人生は辛いことばかりだよね」っていう思想信念が顔に滲んでいる。

 

顔が

「私は不幸です」

「誰か助けてください」

「救ってください」

と主張しているのだ。

 

全員が全員ってわけじゃないけど、10人見れば半分くらいはそういう人がいる。

そういう人が、口では「悩んでる人々を救いたいんです!」と言っている。

うーむ!

その心がけ自体は素敵なことなんだけどね!

でもね、きっとそのままじゃまだパーツが足りない。

 

やや漠然とした言い回しになってしまうんだけど、どれだけ頭で人を幸せにしたいと思っても、自分自身が不幸を感じたまま生きていると、自分の中の認識していない一面が「本当は他人のことなんかどうでもいい」と考えてしまうんだよね。

それは頭で思うわけじゃなくて、無意識レベルではそう考えてしまうってことね。

 

すると自分という人間が全体で一丸となって「人を幸せにしたい」という方向性に進もうとしなくなるので、すると人を救うための行動をとるにはとるものの、なんかうまくいかない、なんか上手にできない、どんだけ場数をこなしてもなかなか成長できないという状態になってしまうんだ。

  

だから冒頭に伝えた言葉の通りになるんだけど、

「本気で人を救いたいなら、まずは自分自身を救いなさい」

ってことなんだ。

 

自分で自分を救う: ?心も身体もつらくなったら? (SeisakuKSKブックス)

自分で自分を救う: ?心も身体もつらくなったら? (SeisakuKSKブックス)

 

 

どこかの誰かの参考になれば幸いだよーーー!!!!!!